挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
浮き船ガーランド・第一部 作者:セオ

第9章「飛翔」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

388/388

第9章「飛翔」65 飛翔

そのキリアンはテラスでピードと話し込んでいた。タラ高地に点在する湖畔の灯りを眺めながら二人は勝手に自分の想いを並べていた。
キリアンはカレナードを想い、ピードはフロリヤを想った。
「俺はシェナンディ嬢に手紙を出したんだ。すぐに返事が来てさぁ…一年前の御礼に蜂蜜飴を俺に贈るってさぁ…。おい、キリアン、聞いてるか」
「…マヤルカの姉君ですか。俺は知りませんよ…」
「紋章人はフロリヤ嬢と手紙を遣り取りしてたんだろ、どんな人か聞いてないか」
キリアンは返事の代わりにホワイエを振り返り、奥の広間まで目を向けた。
「あいつ、手が届かないところにいるけど…望みは捨てない」
ピードは少々酔っていた。
「その意気さ、キリアン。いい女は手に入れなきゃ。マダム・カレナードか…。どんな女になるかねぇ…。
で、キリアン、お前は彼女と見詰めあうのと彼女が見ている先を一緒に見るのと、どっちだ」
「何です、唐突に」
「カレナードはさぁ…マリラさまばかり見てないぞ。そりゃあ今は蜜月の熱々だからな、傍目には二人は見詰めあってると映るさ。けど、彼女はもうマリラさまと同じものを見てるぞ。ああなるとお前が入る隙はない」
「しばらくは入りませんよ。彼は死ぬ覚悟で飛んだのだから…」
「そうだな、男の体と引き換えに女王の心を掴んだんだ。あちこち傷だらけなのさ…目立たないが、右の顎の付け根にもキャノピーで切った傷があるんだ。第二コクピットが血だらけになるかと思ったさ。正直…よく助けたな、俺…。さすが…俺…」
「あー、はい、さすがです、ピード・パスリはいい男です」
「そーだろ!そーだろ!あははははっ」
「そーです!そーです!あひゃひゃひゃひゃっ」
二人はしばらくタガが外れたように笑った。それからキリアンはカレナードにダンスを申込み、夜更けまで冬至祭の賑わいは続いた。
女王と紋章人の蜜月は、ガーランドが玄街との戦闘を開始するまでの数年間、続いた。その間に二人はオルシニバレ鉱山近くの谷間で十年前の出会いを再現した。マリラに十年前の記憶は戻らなかったが、代わりに誕生呪が発見される前の記憶が呼び戻された。それはマリラが三度母親になり、そのたびに子を失くした哀しみの記憶だった。
女王は静かに泣いた。彼女はカレナードに支えられ、自分の感情に素直だった。その光景が女官長に影響したのか、ジーナ・ロロブリダは艦長エーリフと結婚した。
カレナードを彼と呼ぶ者はやがてマリラとキリアンだけになった。マリラは彼が恋人であることを示すために彼と呼び、キリアンは彼が親友であることを示すためにそう呼んだ。
キリアンは決めていた。カレナードを彼女と呼ぶのは想いを遂げてからにしよう。それまでは俺たちは今までと変わらず親友だ。友愛を育てることと男女の愛を育てることにそう違いはないはずだ。
キリアンの苦悩の青年時代が始まり、カレナードはマリラとキリアンの間に挟まれ、さらに玄街の影がゆっくりと彼らに落ちていく数年間。
やがて訪れる火とナノマシンの激震に向かって時は流れた。
第一部が完結しました。長期間に渡り、ブックマークや評価をいただき、ありがとうございました。

第二部はしばらくお休みしてから始めたいと思います。またお付き合いいただければ光栄です。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
やる気なし英雄譚

【MFブックスより書籍化し、1〜6巻発売中】 大陸西方の小国であるクラリス王国に、「王都のごくつぶし」と呼ばれる青年士官がいた。彼は魔法全盛の時代にほとんどの//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全241部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/06/24 21:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
マヌケなFPSプレイヤーが異世界へ落ちた場合

FPSというゲームジャンルをこよなく愛する青年がいた。数々のゲームタイトルをプレイし、いつしか世界大会にまで出場するほどのプレイヤーに成長した彼が今プレイしてい//

  • アクション〔文芸〕
  • 完結済(全307部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/06/17 21:00
骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中

 オンラインゲームのプレイ中に寝落ちした主人公。  しかし、気付いた時には見知らぬ異世界にゲームキャラの恰好で放り出されていた。装備していた最強クラスの武器防具//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全173部分)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 23:00
僕と彼女と実弾兵器(アンティーク)

 ***書籍版タイトル「銀河戦記の実弾兵器(アンティーク)」***  オーバーラップ文庫様より書籍化となりました。マールのあれが凄い。何がとは言いませんが。  //

  • 宇宙〔SF〕
  • 連載(全255部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2017/05/22 18:43
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全131部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 20:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

◆カドカワBOOKSより、書籍版11巻、コミカライズ版5巻発売中! アニメ放送は2018年1月予定です。 ※書籍版とWEB版は順番や内容が異なる箇所があります。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全550部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 18:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 24 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
大陸英雄戦記

現代日本に住む「俺」は気づいたら中近世欧州風世界に転生し……いや、これまんま欧州ですよねお父さん。 ともかく俺はファンタジーな欧州に転生した。これは、そんな俺、//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全465部分)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2017/10/19 07:29
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全284部分)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/10/21 19:00
マギクラフト・マイスター

 世界でただ一人のマギクラフト・マイスター。その後継者に選ばれた主人公。現代地球から異世界に召喚された主人公が趣味の工作工芸に明け暮れる話、の筈なのですがやはり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1686部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/10/23 12:00
ネクストライフ

*ヒーロー文庫より書籍化決まりました。 *月刊少年エースよりコミカライズ決まりました。 山田隆司は雪山で命を落とした──と思ったら、見知らぬ場所にいた。 どうも//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全185部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/05/26 07:52
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全131部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 23:32
勇者召喚に巻き込まれたけど、異世界は平和でした

ある日突然異世界へ、どうやら勇者召喚に巻き込まれたらしい。当然勇者は俺ではなく別の人……正に王道ともいえる展開に疑心暗鬼を募らせながら、俺は戦乱に身を投じていく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全508部分)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 21:32
LV999の村人

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全327部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/10/21 00:18
エルフ転生からのチート建国記

天才魔術師は、魔術を極めないまま死にゆく運命に抗うため、記憶を残して輪廻転生する魔術を作り上げた。輪廻転生を繰り返し、三十一周目の世界で魔術師はエルフの村に住む//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全105部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/05/26 15:17
その無限の先へ

いつ、どんな形で死んだのかは分からない。 前世の記憶を抱えたまま転生した先で待っていたのは、ゲーム的なシステムを持ちながらも現実的で過酷な日常だった。 現代知識//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全111部分)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2017/07/30 08:28
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1527部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 18:00
百魔の主

青年は病室でその生をまっとうしたあと、異界の英霊に誘われて世界を渡った。 青年、メレア=メアの二度目の生は、英霊が未練と共にさまよう霊山の一角から始まる。 英霊//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全203部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/10/15 12:33
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全846部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/10/17 10:00
神殺しの英雄と七つの誓約(旧題:彼は英雄ではないと言い張るようです)

※タイトルを変更しました。内容に変更はありません。 ※この度、拙作が書籍化される事となりました。  偏に、この作品を読んでくださる皆様の御蔭でございます。  こ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全174部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/04/25 00:31
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全386部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/10/10 23:44
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、次回更新は9月23日、その次は10月14日とさせていただきます。 ※作者都合により後日談は隔週更新とさせていただきます。 ※2016年2月27//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全223部分)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/10/14 07:00
呼び出された殺戮者

幼少から様々な武道を修練してきた遠野一二三(とおのひふみ)は、ある朝、稽古中異世界へ強制的に旅立つことになった。 現代日本で人を殺したいという欲求を溜め込んでい//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全184部分)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2015/10/17 22:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
セブンス

ライエル・ウォルトは伯爵家であるウォルト家の嫡子であった。 だが、完璧である妹のセレス・ウォルトとの勝負に負けて廃嫡。完膚なきまでに打ちのめされ、心を折られた状//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全345部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2015/12/06 00:00
異世界転移したのでチートを生かして魔法剣士やることにする

ネトゲーマーの大学生、楓は徹夜でネトゲをプレイし続けた結果、異世界に転移する。チートじみた魔力とスキル群を持って。楓はこの世界で何を思い。何を為すのか。 テン//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全114部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/08/04 20:17
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部分)
  • 23 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:38
黒の召喚士 ~戦闘狂の成り上がり~

 記憶を無くした主人公が召喚術を駆使し、成り上がっていく異世界転生物語。主人公は名前をケルヴィンと変えて転生し、コツコツとレベルを上げ、スキルを会得し配下を増や//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全467部分)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2017/10/21 07:01
黒の魔王

黒乃真央は悪い目つきを気にする男子高校生。彼女はいないがそれなりに友人にも恵まれ平和な高校生活を謳歌していた。しかしある日突然、何の前触れも無く黒乃は所属する文//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全632部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 17:00
異世界迷宮の最深部を目指そう 《一章~七章》

「異世界に迷い込んだ少年は見覚えのない暗い回廊で目を覚まし、魔物にも人間にも殺されかけてしまう。その後、彼は元の世界へ帰還するために、迷宮の最深部を目指すことに//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全373部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/06/02 17:46
↑ページトップへ