挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
浮き船ガーランド・第一部 作者:セオ

第4章「春の嵐」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

115/388

第4章「春の嵐」4 会議の前座に軽口を

その頃、作戦参謀室ではエーリフ艦長が揃った面子を前にしていた。玄街対策会議である。
参謀長のカナム・ヨデラハン、警備隊長ヤッカ・ジャルダン、情報部長ケぺル・アンドラ、そして情報部副長ジルー・トペンプーラの5人が用意された椅子に座らないまま、立っていた。女王を待っているのだ。
すぐにマリラは1人でやって来た。いつものオレンジ色の戦闘服ではなく、グレーの男物のスーツを着て、大きな三つ編みにした髪を後ろでまとめてあった。
彼女は自分の椅子を少し後方へ引いて座った。
「私は今日は聞き役に徹する。始めてくれ、ヨデラハン」
腕組みして半眼になったマリラはその部屋の置物となった。
男たちは一斉に女王不在モードに入り、ヨデラハンが肘掛けをコンと叩いた。
「では、始めるぞ。エーリフ、茶にブランデーを入れるのはもっと後にしてくれ」
「おっと、目敏いですな。その調子で新参訓練生から有望株を見つけてくれませんか」
「参謀長職と新参生に軍事学の講義するのは、分けているのだ。君のように訓練生にまで男の眼を向ける趣味はないのだよ」
「私は結婚しない主義ですよ、ヨデラハン殿。もっとも気になる何人かはいます。たとえば、カレナード・レブラント」
エーリフは素早くマリラの反応をうかがったが、彼女は置物のままだった。ケぺル・アンドラが横幅のある眼鏡の奥の丸い目を艦長に向けた。
「彼は本当に玄街の手先じゃないんだろうな」
答えたのはヤッカだった。
「最初に彼に会ったのは私です。今までの彼の様子からではスパイの可能性はほぼゼロですね。
スパイならあんな目立つ乗船はしないし、春分の夜にわざわざ女王区画へ上がってきません。万が一、そうだとしたら間抜けすぎます」
「可愛いスパイでもあるな。なぁ、トペンプーラ君もそう思わんか」
「艦長、そういう冗談はおやめになってくださいネ。アンドラ部長、いきますよー。スクリーン、展開しまぁす」
ジルー・トペンプーラはなだらかな頬にある黒子をつつきながら、アナザーアメリカ地図を壁のスクリーンに投影した。エーリフは、そのトペンプーラのつるんと白い顔はさながら剥きたてのゆで卵、黒子はブラックベリーのシロップ煮をくっつけたようだと思いついて1人でにやにやしていたが、地図に重ねられた100以上の赤い点を見るや、眉間にしわを寄せた。
他のメンバーも静かにスクリーンを見つめた。
アンドラ部長が咳払いした。
「ブルネスカ領国の調停にあたり、ここ24ヶ月の玄街の動きを赤い点で示したものだ。特に黒い縁どりをした数件は今までにない彼らの活動があった所だ。トペンプーラ副長、詳細を頼む」
副長は身軽に立った。
「あー、ではでは。不肖ながらこのワタクシ、かいつまんで説明つかまつりマス。」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ