挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

涼やかな夏風

作者:夢魔誘う
眠る前に一つ。
夏休みの中で涼しい風が吹いている日ほど、貴重な日はない。

プライム効果というのか、このような価値のある日には、何か一つでも変化が起こればワクワクしてしまう。

このような日は、これから訪れるであろう暑く眠れぬ夜のため、寝溜めしたほうがいい。人間としての本能なのか、今にも寝てしまいそうだ。

眠る前に、一つプライム効果を最近メディアミックスで話題となっている「異世界」で当てはめてみよう。

現在ブームとなっている「異世界」だが、なかでも現代の日本学生、社会人が転生や召喚し渡されたチートや現代知識を駆使して活躍するというものだ。

上記の「異世界」の主人公たちが、このように活躍するのは、神である著者がこのようにした方が面白い、自分ならこうするだろう、これらの思考や感情の影響が大きい。

批判するわけではない。

週刊漫画雑誌で10年続けた方や、伝説となっている人、もちろん新人漫画家も自分が面白いと考えて書いているし、時には自分を投影させることだってある。

当たり前なことを書き述べることで再認識しているのだ。誰が詰まらないと思うストーリーに時間をかけるものか。

話を戻そう。

転生、召喚。なんでもいい。この「異世界」のプライム効果は、「異世界」を前提にしていることが大きい。

仮に、現代知識を「異世界」で再生する場合、主人公となる人物は現代知識を詳細まで知らなくてはならない。浅はかな知識では形成どころか、常識や倫理観を歪めかねない爆弾となる。

そして、この危険性を若者が理解しているかというと、難しい。彼らは精神的にもわかもので、成熟するには多くの人間、失敗や無理解を感じなければならない。

しかし、「異世界」には理想の体現を補助、もしくは解決させる「異世界」特有の技術がある。

魔法、錬金術、スキル。

名前はバラバラだが、どれも強力で、使用者の生活の基盤でもある。

浅い現代知識と「異世界」特有の技術を掛け合わせれば、その効果は大きく、多額のお金を得るのも無理ではないかもしれない。

「異世界」に足を踏み入れ、このような可能性を目の当たりにした場合、この貴重な機会を逃してはいけないと、自分を鼓舞し叱咤する。これが私が述べる「異世界」においてのプライム効果だ。

もちろん、偏見だらけの、一個人としての私の見解であり、最初に述べたプライム効果とは方向性が違う。

なぜなのか?

プライム効果、つまり訪れる機会に対して、向上と休む二種類の人間がいるからだ。

全てをやり遂げることが出来ないと無自覚した人間は機会(チャンス)を本能的に二種類に分別する。

これは娯楽物だけでなく、私たちにも当てはめてまるだろう。

最も、「異世界」から呼ばれた人間がのんきに休むことが出来るとは思わない。

彼は自分のリゾートライフを復活させるという酷く個人的な欲で、必死に問題解決に取り組み、あろうことか、次なる事件を呼び寄せる結果になるかもしれないが、読者である私には分からない。

アリ地獄の始まりように、どんどん泥沼化が進行し、問題と事件が連鎖するのは現実も変わらないだろう。

ただ、どんな形であれ、得るものが大きいことは保証する。

ならば、束の間の休息。どっぷりと身体を休めようとするのは、何も間違っていない。
……zzz

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ