挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

花と恋

作者:癸 那音
どうも。
すとむみずみです。
よろしくお願い致します。
 キミは、いつも私のことを見ていた。どのくらい前からかな。きっと、思い出せないくらいずっとずっと前からだよね。
 最初はね、こわかったんだ。じっと見つめられるのが。私、なにかヘンなことしたかなって。怒らせるようなことしたかなって。
 原っぱで遊んでたら、キミはいきなり私の方に来たよね。びっくりしたんだ。こわかったんだ。私、なにしちゃったんだろうって。なにされるんだろうって。
 キミは、黙って右手をさしだすと、その中に握っているモノを渡してくれた。今でもおぼえてるよ。小さくて可愛い、真っ白な花。震える手の中で、輝いていた。
 それから毎日毎日、キミは私に花をくれた。部屋が花瓶だらけになるほど、いっぱい、いっぱい。
 だから、この花は、私がキミに恋をした日からの日記みたいなモノ。キミから私への愛の証。

 キミが知ってたか知らなかったか、私にはわからないけど、あの時の花言葉はね。私、調べたんだ。

 花言葉はね。

 ――『貴女が好きです』。
読んでいただきありがとうございました。
感想、アドバイス等々よろしくお願いします。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ