挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

だて男にーさんの鬼推理

作者:花シュウ
●ロジカル推理な井戸端会議ミステリー
●やる気のなさを前面に押し出して生きる金欠大学生、伊達秋人。
●そんな彼の周りで起こる不可解な騒動に、だて男にーさんの鬼のような推理が吹き荒れる。
●この作品はゲーム制作サークルFBI・PIXIV・カクヨムさまにも掲載しています。
#1「8%の悪意」
「8%の悪意」第一章 始業の鐘01
2017/03/21 14:21
「8%の悪意」第一章 始業の鐘02
2017/03/21 14:45
「8%の悪意」第一章 始業の鐘03
2017/03/21 14:55
「8%の悪意」第二章 問題提示01
2017/03/21 15:00
「8%の悪意」第二章 問題提示02
2017/03/21 15:01
「8%の悪意」第二章 問題提示03
2017/03/21 15:02
「8%の悪意」第二章 問題提示04
2017/03/21 15:03
「8%の悪意」第三章 内容考察01
2017/03/21 23:29
「8%の悪意」第三章 内容考察02
2017/03/22 18:36
「8%の悪意」第三章 内容考察03
2017/03/22 20:04
「8%の悪意」第三章 内容考察04
2017/03/22 22:06
「8%の悪意」第三章 内容考察05
2017/03/23 18:37
「8%の悪意」第四章 答案提出01
2017/03/23 19:24
「8%の悪意」第四章 答案提出02
2017/03/23 21:31
「8%の悪意」第四章 答案提出03
2017/03/24 18:09
「8%の悪意」第四章 答案提出04
2017/03/24 20:12
「8%の悪意」第五章 終業の鐘
2017/03/24 22:30
「8%の悪意」居残り授業01
2017/03/25 00:57
「8%の悪意」居残り授業02
2017/03/25 14:21
「8%の悪意」居残り授業03
2017/03/25 16:22
「8%の悪意」居残り授業04
2017/03/25 16:32
「8%の悪意」居残り授業05 終
2017/03/25 16:49
#2「カフカの証書」
「カフカの証書」第一章 開式の辞
2017/03/25 18:39
「カフカの証書」第二章 祝辞01
2017/03/25 23:38
「カフカの証書」第二章 祝辞02
2017/03/26 12:16
「カフカの証書」第二章 祝辞03
2017/03/26 15:44
「カフカの証書」第三章 卒業証書授与01
2017/03/26 18:12
「カフカの証書」第三章 卒業証書授与02
2017/03/26 23:20
「カフカの証書」第三章 卒業証書授与03
2017/03/27 19:12
「カフカの証書」第三章 卒業証書授与04
2017/03/28 18:09
「カフカの証書」第三章 卒業証書授与05
2017/03/29 18:27
「カフカの証書」第三章 卒業証書授与06
2017/03/29 19:47
「カフカの証書」第四章 校歌斉唱01
2017/03/30 18:15
「カフカの証書」第四章 校歌斉唱02
2017/03/31 21:35
「カフカの証書」第四章 校歌斉唱03
2017/03/31 23:38
「カフカの証書」第四章 校歌斉唱04
2017/04/01 11:13
「カフカの証書」一言の幕間
2017/04/01 11:22
「カフカの証書」第五章 閉式の辞01
2017/04/02 19:33
「カフカの証書」第五章 閉式の辞02
2017/04/02 20:31
「カフカの証書」第五章 閉式の辞03
2017/04/02 21:50
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

探偵青野優紀の事件簿

高校生探偵・青野優紀。北次学園の小説部に所属する彼は、ずば抜けた推理力を持つ探偵だ。 そんな彼は、時折、何やら後ろめたい表情を此方へと見せてくる。どうやら北次学//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全42部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 23:19
無気力探偵

高校生の霧島智鶴は、どんな問題も解決できる天才。そんな彼の最大の欠点は、究極に無気力なこと。 「労力を使わず、頭脳を働かすだけで稼げる仕事」を欲する智鶴。 そん//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全51部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/01/31 18:20
王子様は一級死亡フラグ建築士 ~城からパクってきた銀のスプーンが黒く変色した件~

銀のスプーンが黒くなった。 何を言ってるかわからねえかもしれないが、つまりだ……俺は今、高い確率で毒を盛られている。 王国の第一王子である俺には人には言っていな//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全74部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/06/19 21:46
獅子とアンティーク

平穏な生活をこよなく愛する高校一年生・新屋暁彦(にいやあきひこ)は、ある日、知り合いの骨董屋で起きた厄介そうな騒動にまんまと巻き込まれてしまう。そんな彼らの窮地//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全37部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/01/22 01:31
天才・新井場縁の災難

都心から少し外れたところにある百合根町……。 そこに一人の天才高校生がいた。 新井場縁(あらいばえにし)彼は、ごく普通の高校生活に憧れていたが……。 桃子さんに//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全71部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/08/04 15:14
いざなぎ流陰陽師山葉の事件簿

いざなぎ流とは四国の山中でひっそりと受け継がれてきた神道の一流派だ。古代神道の影響を色濃く残しているといわれるが、その実態は謎に包まれている。そのいざなぎ流の陰//

  • ホラー〔文芸〕
  • 連載(全77部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/04/22 23:07
神森未守もわからない。

自称普通の高校生である僕、或江米太(あるえこめた)は姉の紹介で金髪碧眼の女性、神森未守(かみもりみもり)と出会う。なんでもわかってしまう彼女は相談屋という探偵の//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全114部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 00:00
↑ページトップへ