挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

ソラの明球

作者:空色りりん
遠い未来、とある科学者は地球を離れ、ひとつの惑星に辿り着く。
科学者は神となり、地球そっくりな惑星「明球」を創り上げた。
地球と異なる点は、この惑星には精霊が存在する事、言語は一つのみ。
そして、「師」という特殊な血筋が四家存在している事。
地球から偶然連れてこられた女子高生と、「師」の血を継ぐ見習い天文学者の二人が紡ぐ物語。
※カクヨムにも同じ作品を載せています
はじまりの神話
2017/03/21 14:21
1話『嵐の結び目』
2017/03/21 14:31
2話『点の欠片』
2017/03/21 20:41
3話『葉の紬織り』
2017/03/23 08:47
4話『桜大樹の書庫と猫』
2017/03/24 18:29
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ