挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

俺と平井

100のお題:愛

作者:と〜や
「だからさぁ、言ってやったわけよ」
 悪友の平井が隣で管を巻いている。まだ生ビール二杯目のはずなのだが、ずいぶんできあがっている。
 こんなに絡み酒をする奴だったかな、と俺は冷酒を手酌する。
「愛なんて目に見えないモノ、どーやって信じるんだって」
 ああ、そうだった。こいつはこの間、婚約者にぶん殴られたところだったな。
 婚約者の芽衣子嬢に同情する。
 こいつはそんなに悪い男じゃない。顔も悪くないし、スマートでスポーツマン。でもってそれなりの高給取りだ。まあ、肝臓はそろそろ緑色になってるかもしれないが、浮気・博打・タバコには縁がない。
 そんなお得物件のくせに、たまにこういうことをやらかす。
「おまえが悪い」
 俺はそう断ずる。
 嫉妬深い。愛すればこそ、なんだろうと思うが、デート中に男から電話がかかったりメールが入ったりすると、不快になって彼女に食って掛かる。
「おまえまでそんなこと言うのかよぉ」
「だっておまえ、俺が彼女に電話しても怒ったろ」
「それはだってさぁ……」
「おまえの携帯が壊れて、新しいのを買うまでに会社から連絡があったら電話してくれって彼女の電話番号を伝えてきたのはおまえだぞ」
 しかも、折悪しく会社から呼び出しの電話がかかり――平井は三連休だというのに出社する羽目になった。
「それは……」
「それで彼女に八つ当たりしたのはおまえだろうが。今回も同じなんだろ? おまえが悪い。ちゃんと頭下げて謝ってこい」
「でも、グーで殴るとか、ないだろ? だろ?」
「おまえ、まさか殴り返してないだろうな」
「殴ってないよ。俺は女には手を上げたことがないんだっ」
「はいはい。――で、おまえは彼女のこと、愛してないわけだな?」
「だから、愛なんて目に――」
「あー、もういいから」
 酔っぱらいの繰り言を断ち切る。何回聞かされたことか。
「じゃあ、婚約解消するのか」
「いや、しない」
「なんでだよ。愛が信じられないんだろ?」
「目に見えないものは信じない。でも、彼女の鼻は好きなんだ」
 ――は?
「それとたぷんたぷんの乳。もうこれが……」
 それ以上の言葉はとりあえず唐揚げを詰め込んで封じる。
「で、彼女はそれでいいって言ったのか?」
「ああ、彼女は俺の耳が好きなんだそうだ」
 頭を抱え込む。
 割れ鍋に綴じ蓋、という言葉が蘇った。
cont_access.php?citi_cont_id=473037461&s

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ