挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

Bar pomegranateシリーズ

あの日から…

作者:裕澄
Bar pomegranateを演じていた、
劇団青二才の美月のお話です。
「克也さんの方がマシだったかも…」
劇団青二才出身の脚本家兼俳優の
あたし 臼倉美月は自宅のパソコンとにらめっこしながら、
ため息ばっかりついている。
あたしがにらめっこしてるパソコンのモニターには、
【脚本の進行状況の確認】
ってタイトルの確認メールが表示されてる。
差出人は、伊達凱(だてがい)さん。
所属してた劇団の先輩 明智克也(あけちかつや)さんの昔から仲がいい、俳優さんで、今回克也さんと伊達さんの2人芝居の脚本を頼まれてる。
まぁ、メールの内容を簡単にいうと、
「早く脚本を納品しろ。」ってかいてある。

「…最近、芝居してないなぁ…。」
3年前、Bar(バー) pomegranate(パーマグラネット)が上演された後、
高評価を受けてから有り難いことに、脚本の依頼が増えたり色々忙しくしてるけど…
そんな独り言を呟いた瞬間
LINEの着信音がタイミングよく鳴り響いた。
あたしは、通話を取りスピーカーモードに切り替えた。

『お疲れ様です。』
「お疲れ~。笹木くーん、助けてよ~。」
『また、伊達さんからメール来たんですか!?』
「そーなの。ってかさ、あたし最近、芝居してなくない??」
『そういえば、パーマグラネットが注目されてから、美月さん…芝居してないですねぇ。』
「でしょ??笹木くん、芝居の仕事来て無い??」
今あたしが話しているのは、
笹木敬音(ささきたかね)くん あたしのマネージャーをしてくれてる。

『…残念ながら、今のところ無いですね。』
話し声に混じって、キーボードの音が聞こえるから、仕事しながら連絡してるらしい。
『本題ですが、美月さん』
「はいはい。」
『明日締め切りのコラムが、2件。
今月中に締め切りは
脚本が、舞台1本 ドラマ脚本のチェックが3話分ですが、大丈夫ですよね??』

えっ…そんなにあったけ。

『まさか、全然終わってないなんてこと無いですよね??』
「…コラムって、明日何時までに出せば大丈夫??」
『その感じと、全然書けてないんですね…。』

笹木くんそこまで、までお見通しか…

『とりあえず、この電話終わったら、必ずコラム書いて下さいね。』
「笹木くん、克也さんに似てきたんじゃない??」

克也さんは、めちゃくちゃスパルタだったけど、
本人は俳優の仕事が忙しくなったから、
劇団メンバーのマネージメントは、劇団の若手スタッフに任せてる。

『まぁ、明智さんに憧れて劇団に入ったんで、似てきたのか、明智さんのアドバイスもありまして…』
ちょ…克也さんのアドバイスって、なんか怖いんだけど。
「怖いから、克也さんからどんなこと聞いたかは、聞かないでおく。」
『その方がいいと思いますよ。』
「だよね…。さてと、早いこと締め切り片付けちゃうかー」
『よろしくお願いします…伊達さんと明智さんのも早急にお願いしますね。』
「わかってるって!!やるから。」
『じゃあ、よろしくお願いします。』
「はいはーい。」
電話が終わるとあたしは、スマホを机の隅において
作業に入ることにした。

…そのあと徹夜して必死に締め切りを終わらせた。
3年経っても美月は相変わらず
締め切りを守ってませんね。
作者である私はちゃんと守りますよ。締め切り。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ