挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
放課後TwilightZone 作者:水夜ちはる

アフターブレイク(番外編)

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

59/59

アフターブレイク

後日談。
本編のシリアスでハードな展開とはまったく別なノリのゆるふわ温泉女子会です。
 高台に置かれた露天風呂は、辺りを遮るものもなく、高原の遠景と眼下に広がる湖で彩られている。山の日陰になる部分にはまだ雪が残っており、それも見る者の目を楽しませた。
 檜と岩をうまく組み合わせた湯船は、惜しみなく乳白色の湯をかけ流しにされており、外気温のためか湯煙をもうもうと上げている。風が穏やかなため、湯船の端から端まで見渡すのは難しい。

「たまにはこういうところ、こないとダメだよねえー」

 思い切り手足を伸ばし、しなやかな筋肉をほぐすのは沢渡陽子だ。

「ホントいいところ。しかも森川先輩のおかげで貸し切りだし」

 となりで頭にタオルを巻いた千明が上機嫌で言った。

「卒業旅行になんで千明がさらっと混じっているかが問題よね」

 沢渡は意地悪く言った。
 ここは東北の山奥にあるひなびた温泉旅館である。森川家の息がかかっており、その閑散とした土地柄に合わず、その施設は整備が行き届いている。森川らの卒業旅行として彼女たちはこの旅館に宿泊していた。

「いいでしょ、最終回また出られなかったんだし」

 千明は口を尖らせて文句を言う。本当に不機嫌そうな顔だ。

「まだ根に持ってんの。第一部の最終回に出られなかったこと」
「もちろん! 第二部は出番なし。最終シリーズの最終回も名前だけとかってあんまりだわ!」

 半べそをかく振りをして千明は訴える。
 沢渡もこれ以上いじるのも不憫に思えて、身体を湯に浮かべて違う方向を見た。

「まあ、千明はともかくとして、どさくさにまぎれて、当然かのようにそこで寛いでるあいつらの方が問題っちゃ問題なんだが」

 沢渡の視線の方向には、赤い目をした二人が景色を見ながら、やんややんやと話している。もちろん彼女らは卒業生でもなければ、人間ですらない。

「いいじゃない。日本を離れる前にさ、温泉ってやつを味わってみたかったのよ」

 セスはへらへら笑いながらタオルを頭に乗せたり外したりしている。

「自腹でここまで来たんだからさ……良いじゃないお風呂と泊まる部屋くらい……どうせ貸切で部屋余りまくってるんでしょ」

 草薙は切なそうな目で訴えかけてくる。

「真奈美……自腹って、けっこうかかったんじゃない? ここまで」
「うん……今月どう暮らそう……」

 吸血鬼もそれはそれで生活が大変らしい。

「それにしても疑問に思ってたんだけど、セスって何でそんなに日本語がうまいの?」
「ん、長生きするといろんな言葉も覚えちゃうわけよ。日本に来るのも初めてってワケじゃないし」

 セスはしれっとした顔で言った。簡単言うが、それは頭の回転や才能にもよるだろう。

「へえ……今度何か外国語教えてもらおうかなあ」
「吸血鬼が講師の駅前留学ですか……」

 千明が呆れたように言う。
 と、内湯の方から何人かの声が聞こえてくる。貸切だから、勿論彼女たちの仲間だ。
 麻衣と夏希、そして森川恵理だった。恵理はともかく、ここまで来ると卒業生よりその他が多い。

「うわあ、すごいいい景色!」

 麻衣は素直に感嘆の声を上げた。

「ねえ恵理、あの二人どうするの? いいの?」

 沢渡がセスと草薙を指差して言った。

「まあしょうがないじゃない、旅は道連れと言うじゃない。部屋も芹香に手配させたから、ゆっくりしていって」
「こりゃまた、丸くなったもんで」

 恵理の回答に沢渡は呆れたようにつぶやき、セスと草薙は湯船でハイタッチをしている。
 恵理と夏希は露天風呂の湯船に入っていく。千明が恵理に近づき、その身体を眺めて感嘆の息をついた。

「森川先輩、やっぱり綺麗だなー。肌もすっごいきれい」

 白磁のように白く滑らかな肌を見て、千明はつぶやいた。同性でも、いや同性だからこそ憧れをもつ玉の肌なのかもしれない。

「え、そうかな……千明ちゃんも綺麗だと思うよ」
「いえいえ、私なんかちっとも!」

 そんな会話を広げる二人の背後から沢渡が忍び寄った。森川でさえ、温泉のリラックスムードからか、それに気付かなかった。
 手の届く範囲まで近づくと、沢渡は持ち前の瞬発力を生かして、恵理を背後から抱きしめて胸を揉む。

「きゃああああああ!」

 甲高い悲鳴が自然豊かな高原に響き渡る。

「何するのよっ!」

 顔を真っ赤にして怒鳴る恵理。普段見慣れぬ彼女の狼狽に、夏希や麻衣も目を丸くし、間近でそれを聞いた千明は湯船にひっくり返った。

「何よう、大げさな。減るもんじゃあるまいし」
「これ以上減ったら困るわよ!」

 胸の小ささに多少コンプレックスのある恵理はむきになって叫んだ。
 沢渡はそれを聞いてにやりと笑い、どこに持っていたのか、メジャーを取り出した。

「さて、皆さんお集まりのところだし、玉の肌だか知らないけど、女の魅力は胸よ、胸。と言うわけでバストコンテスト開催!」

 ノリノリである。

「ななな、なにを……それになんでそんなものもっているのよ!」

 森川は明らかに狼狽して沢渡がもつメジャーを指差した。

「お約束ってやつよ、オヤクソク……さあて、誰から行こうかぁ?」

 沢渡はにやにや笑って、皆の胸を順番に見定めて行く。その表情はまるでスケベオヤジだと千明は思った。

「一番手は、あきらかに別格だと思われる人から行くか」

 沢渡の視線の先はセスだった。西洋人の体つき、それもこの上ないナイスボディを持っている。さすがの沢渡もセスとは勝負にならないと見て、『参考記録』扱いにしようとの魂胆だ。

「……ほっほーう。うーん、さすがね。圧倒的な数字!」

 セスは沢渡を不思議そうに見た。

「たのしいの? 胸がどうとかって」
「そりゃね。ある人には分からないことかもしれないけど」
「ふーん……」

 セスには理解できないようだった。

「さて、お次は!」

 沢渡の視線がまた獣になる。セスを除く風呂場の全員の顔が引きつった。

「このおっぱいのあとなら怖くはないぞ!」
「あ、じゃあ私が」

 手を上げたのは草薙真奈美だった。

「吸血鬼シリーズね。じゃあ真奈美こっちきなさい」

 裸の湯船でバストサイズを計られにいく吸血鬼と言うのも不思議な光景である。

「……まあまあ、ちょっと小ぶりなくらい? 何か普通ね、と言うか中途半端? 存在が中途半端だと、ここも中途半端なのかもね」
「陽子……そんな言い方ないと思う。でも数字は公表しないのね」

 ヒロインになりきれず、かといってライバルでもない不幸な影の薄い存在である彼女はここでも不幸な存在となった。

「じゃー、次は私ね。真奈美お願い」

 ショックから抜けきれない真奈美は半べそで沢渡のバストを計る。

「おお、意外と言うか……言いだしっぺのことだけはあるね……」

 沢渡は満面の笑みを浮かべて真奈美の報告を聞いた。

「さて、次は……」

 じろりと残る面子を眺める。沢渡のテンションもかなり上がっているようだ。

「意外にいい体してる夏希ちゃん、来なさい」
「わ、私ですか?」

 動揺しながら夏希は沢渡を見る。沢渡の顔はノリノリだ。
 ため息をついて彼女の元に行く。

「む、これは……」

 沢渡の表情が強張る。
「むむ、私よりちょっと大きいぞ! 実は夏希ちゃん巨乳!」

 歓声を上げる。他のギャラリーからも思わず感嘆の声が上がった。

「あ、いや、私は胸が大きいと言うより、全体に太いから。皆さんと違って」
「いやいやいや、太くない太くない。十分いい身体だと思うよ。自信を持って!」

 照れ笑いを浮かべる夏希に対して、意味不明の激励を送る沢渡。そしてなぜか拍手を送ってしまうギャラリー。

「さて、そろそろ真打に登場……って恵理! なんで逃げるの!」

 沢渡が恵理を指名しようとすると、こそこそと露天風呂から逃げようとする恵理の姿が目に入った。

「セス、真奈美、恵理を抑えて!」

 沢渡が叫ぶ。
 セスは好奇心満々に、真奈美はやれやれといった表情で恵理を取り押さえる。流石の恵理もこの二人に抑えられては抵抗ができなかった。

「ふふん、無駄な抵抗を」

 沢渡は意地悪い笑みを浮かべ、恵理はがっくりと肩を落とした。

「さて……ふむ……他は文句なしのスタイリッシュなんだけどねえ。ここだけ残念」
「残念言うな!」

 半ばやけくそで叫ぶ恵理。

「じゃあ、貧乳対決として千明!」
「はっ……」

 恵理のサイズ測定に笑っていた千明の表情が固まる。

「っと、あら、僅差で千明の勝ち! その差僅か一センチ!」

 意外な表情を浮かべる沢渡。千明もまさかと言う顔で沢渡と顔を見合わせた。
 一方両手を床に付き、これ以上ないショックを受ける恵理。

「うそよ……うそよ、妹キャラにも負けるなんて……」

 放心したようにぶつぶつとつぶやく。普段自信に溢れている態度を取るだけ、今の彼女の姿は滑稽だった。
 その恵理は突然立ち上がり、真剣な表情で麻衣を見つめた。

「えっ?」

 引きつった笑顔で麻衣は視線を感じる。

「まだよ! まだ終わっていないわ! 私と同じ遺伝子なわけだし、一年成長が遅い麻衣さんなら、まだ勝負は分からない!」

 ここは風呂場である。
 素っ裸、仁王立ちで挑戦状を叩きつける恵理。それも低レベルな争い。

「傷を深める結果にならなきゃ良いけど……」

 沢渡はぼそりとつぶやき、麻衣のバストを計った。
 どこかで鹿威しの音がする。
 高原に静寂が包まれて、そのあとに森川恵理の悲鳴がこだました。
なんだこれ。。。
という所で放課後TwilightZone完結です。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

酔狂領主様の怪奇譚

 辺境伯アクネロ・ブラドヒートは物腰は柔らかで、一見すればその眉目秀麗さからいかにも自己抑制に長けた貴公子だったが――奇怪な精神構造は謎に包まれ、悪天候に似たそ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全31部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/10/01 21:00
ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける

いじめられっ子だった無力な少年が、落とし穴を掘っていた。 いじめの主犯を穴に落とすために。 殺すための武器も用意していた。 だが、落とし穴に落ちたのは、醜悪な豚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全250部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/07/11 19:00
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:38
無双騎士の≪欠陥品ライフ≫~欠陥品でも返品はできません~

 時は西暦2067年。  異世界と地球が繋がってから半世紀――。  異世界の武器である魔導器(ギア)。  そのギアを操る魔導師を育成する翡翠学園に、今年も高校//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全42部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/11 00:00
ダンジョン+ハーレム+マスター

天下の美女を抱くのは男子の本懐。 異世界ロムレスに召喚された大学生、志門蔵人(しもんくらんど)が、女と冒険とお宝を目指して迷宮を荒野を街を駆け巡る。 王女、姫騎//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全301部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/11/08 21:00
願わくばこの手に幸福を

救世の旅に同行を続けるルーギス。 その中で彼の役割は、雑用や夜番。 女達からは疎まれ、冷たい視線を与えられる日々。 だが幼馴染のアリュエノの存在だけが、彼をパ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全169部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/01/17 23:06
食い詰め傭兵の幻想奇譚

世話になっていた傭兵団が壊滅し、生き残ったロレンは命からがら逃げ出した先で生計を立てるために冒険者になるという道を選択する。 だが知り合いもなく、懐具合も寂しい//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全348部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/01/12 12:00
精霊幻想記(Web版)

主人公のリオは異世界のスラム街で最底辺の孤児として暮らしていた。だが、日本で暮らしていたとある青年の記憶と人格が、七歳のリオの身に宿る。その後、王女誘拐事件に巻//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全194部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/26 21:00
その無限の先へ

いつ、どんな形で死んだのかは分からない。 前世の記憶を抱えたまま転生した先で待っていたのは、ゲーム的なシステムを持ちながらも現実的で過酷な日常だった。 現代知識//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全111部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/30 08:28
ムゲンループのカシコイ生き方

やる気もなく自堕落に毎日を生きていた相川拓二は、高校生活二年目の新学期を迎えたはずだった。が、そこは何故か、一年前に遡った二週目の世界だった。一年毎にリセットさ//

  • パニック〔SF〕
  • 連載(全141部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/07/19 22:00
近ごろの魔法使い

二一世紀の《魔法使い》とは? ミサイルを指先も動かさずに吹っ飛ばす連中。 ドロップキックで戦闘ヘリを吹っ飛ばす連中。 理屈の上では《魔法》一発で都市を吹っ飛ば//

  • 空想科学〔SF〕
  • 連載(全396部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/01/09 07:00
賢者の剣

事故により、彼は異世界へと転生した――が、そこは転生前にプレイしていたゲームの世界で、さらにシナリオ序盤で死んでしまうネタキャラに生まれ変わってしまった。よって//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全597部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/01/18 19:46
異世界のスカーレット

 剣と魔法のファンタジーそのままな世界、ルスティニアにて魔王によって育てられた出生不明な男リドウ。日本から事故で来訪した少女たちと出会うことで彼の旅が始まり、や//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全135部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/11/06 18:43
平和の守護者(書籍版タイトル:創世のエブリオット・シード)

 時は2010年。  第二次世界大戦末期に現れた『ES能力者』により、“本来”の歴史から大きく道を外れた世界。“本来”の世界から、異なる世界に変わってしまった世//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全327部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/01 00:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
スライムなダンジョンで天下をとろうと思う(再掲載)

おちこぼれの魔法使いが、研究の果てにつくりだした妖艶な人型スライムの「スラ子」。 能力も性格もはちゃめちゃなスラ子の存在がきっかけになって、行き倒れの妖精を仲間//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全210部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/04/15 00:00
英雄《しゅやく》になれない槍使い

西暦二〇三一年、謎の結晶体「CE」の襲撃により、人類は緩やかに滅亡への坂を転がり落ちていた。 これは、聖剣の輝きによって地球を救った、偉大な英雄の物語――ではな//

  • アクション〔文芸〕
  • 完結済(全125部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/09/15 20:36
眼鏡とあまのじゃく ~真逆の君に恋するなんて、絶対あり得ない(はずだった。)〜

宝島社文庫より加筆修正版が「君に恋をするなんて、ありえないはずだった」というタイトルで書籍化されました。 主人公・飯島靖貴。地方の県立高校に通う三年の受験生。//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 完結済(全110部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/06 01:29
漆黒の葬討者

【お知らせ】 『一途な少年は最愛の少女を嫌い続ける』を投稿開始しました。  (https://ncode.syosetu.com/n0335em/) 【番外//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全244部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/06/16 14:00
異世界ダンジョンのボーナスポイント――魔王になって地球と異世界で悠々自適のダブルチーレムライフ――

 ある日、俺が自宅でギャルゲーをやっていたら、突然クローゼットから飛び出してきたサキュバスとエンカウントした。そいつの話によれば、どうやら俺は、異世界でダンジョ//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全79部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/09 08:00
新訳 その人の名は狂気

※これは前作「その人の名は狂気――prototype」を基に編集、リメイクしたものですが、リメイクした結果、ほぼ別作品となっているので、前作をお読みの方もそうで//

  • パニック〔SF〕
  • 完結済(全44部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/01 18:01
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1356部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/01/18 00:00
明かせぬ正体 〜乞食に堕とされた最強の糸使い〜

おかげさまで第4回ネット小説大賞受賞作品となりました。 一二三書房様より書籍化、第一巻、第二巻発売中です。 ストーリー加筆およびWeb未公開ストーリー収録もござ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全223部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/11/25 22:00
インスタント・メサイア

※第一章の前に『イメージイラスト』『ファンアート』を追加いたしました。 ※本作はシリーズ第1部となります。第2部は連載中です。   第2部:http://nc//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全199部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 21:39
月と雫のあいだ

 幼なじみの上月麻友は横暴で意地悪で本当に可愛くないやつだが、見た目だけなら学年トップクラスになれてしまうような、非常に面倒くさいやつだ。しかも一人暮らしの俺に//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全211部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/19 00:58
火刑戦旗を掲げよ!

勇者は戦死し、1人の男が火刑に処された。窮地の王国を救い大陸に平和をもたらしたのはその男だったというのに。時が流れ辺境に1人の不思議な子が生まれる。名をマルコ。//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全148部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/06/27 10:33
フレイムレンジ・イクセプション

 記憶を失った少年、東城大輝。それ以外に何の特徴もないと平凡な生活を送っていた東城だったが、彼の正体は超能力者、それも九千人の能力者の頂点、レベルSの燼滅ノ王だ//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全291部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/01/18 17:48
魔法先生なんてガラじゃねえ!

魔法が当たり前に存在する時代。日本の諜報機関に所属する優秀な工作員、灰尾八雲(はいおやくも)はとある事情から突然クビを宣告される。途方に暮れる彼の前に現れた女は//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全31部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 18:00
ブルージャスティスここにあり!

悪の組織の戦闘員として働いていた男、青井正義。彼は仕事の帰り道で不安に苛まれる。このままで良いのだろうか、と。駅前で出会った車椅子の少女に手渡される一枚のチラシ//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全137部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/03/30 14:56
パラレルワールド周回で最強へ七つの学園で恋をしよう

――全ては自身の願いと女神の願いを果たすために。 白桜市で開催されるホーリーフェスタ――それは七つの高校に所属する少年少女が、誰もが持つ生命エネルギー、命力(//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全431部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/01/15 23:45
僕と彼女と実弾兵器(アンティーク)

 ***書籍版タイトル「銀河戦記の実弾兵器(アンティーク)」***  オーバーラップ文庫様より書籍化となりました。マールのあれが凄い。何がとは言いませんが。  //

  • 宇宙〔SF〕
  • 連載(全256部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/03 16:43
異世界迷宮の最深部を目指そう 《一章~七章》

「異世界に迷い込んだ少年は見覚えのない暗い回廊で目を覚まし、魔物にも人間にも殺されかけてしまう。その後、彼は元の世界へ帰還するために、迷宮の最深部を目指すことに//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全373部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/06/02 17:46
ヴァンパイア/ジェネシス(勘違い)

いつからだったか忘れてしまったけれど、彼は気がつけば異世界で吸血鬼ハンターとして生きていた。呪いによって内面の感情と外面の仕草に隔絶した壁がある彼は、ひょうきん//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全67部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 17:00
帰ってきてもファンタジー!?

偶然次元の穴に落ちた少年は所謂剣と魔法の世界に流れ落ちた。その世界で悲劇や戦争、陰謀策謀を経験しながら2年の旅路の末なんとか自力で元の世界に帰還するが故郷の世界//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全186部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/21 17:52
最弱無敵のコンダクター 〜導く者は吸血姫と踊る〜

 武神蒼耀は魔術士一族の嫡男に産まれながらも、魔術士の才能を一切持たずに落ちこぼれの烙印を押されていた。だが、自分の可能性に気がついた彼は人知れずに努力し、遂に//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全37部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/01/01 22:39
ナニもできないボクと、それでもヘイキなカノジョ

宇宙くじらの侵略を受けている地球。 人類は、初潮を迎える前の少女達を兵器に改造して対抗していた。 しかし少女達には欠陥があり、戦闘後には必ず【性行為】を行わなけ//

  • パニック〔SF〕
  • 完結済(全32部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/07/25 10:31
↑ページトップへ