挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
三界大戦記―好色皇子と三界の姫たち― 作者:安里優

第四部:人界侵攻・征西編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

125/125

第26回:案内(下)――次回は2017年4月以降です。

更新を休止しております。詳しくは活動報告をご覧下さい。
 空に浮かぶ三つの月は、それぞれの輝き方から、その名をつけられている。
 闇月あんげつはぼんやりと色の無い光を落とし、炎月えんげつは夕焼けの如く空を染め、蒼月そうげつは世界を青白く沈める。
 時に、空に一つの月しかない、あるいは一つの月が中天に上り、あとは地平線のあたりにあるような夜が来る。

 この大地に生きる人々は、そうした夜にはそれぞれの月の特性が宿ると信じていた。
 炎月が空を赤く染める夜は活動の特性を活かして夜更かしにもってこいの日とされるし、光が弱くぼんやりとした未来を暗示する闇月の夜は思索に適しているといった具合に。
 唯一、蒼月の夜――静寂の特性が宿るとされた晩だけは、忌避される傾向にあった。

 蒼月そのものは闇月のように不吉だと思われることもないというのに、蒼月の夜となると誰もが窓を閉め、早々に寝床に潜り込むのだ。
 青白い世界が不気味に感じるのか、あるいは静寂の特性から沈黙を強制されるようで息苦しいのか。
 いずれにしても、蒼月の夜に出歩くのは、よほどの用事が無ければ避けるのが普通だったし、その夜にわざわざ散策しようとするような者はかなりの変人と思われていた。

 スオウたちカラク=イオ先遣部隊が『西の大天幕』に留まっている間にも、その蒼月の夜があった。
 ここでも、人々は大天幕や自ら持参した天幕に籠もりきり、うす青い空間は静寂に包まれる。時折聞こえるのは虫の音か、夜行性の獣かなにかの鳴き声くらいのものだ。

 だが、そんな寒々しいほど寂しい夜の中を、歩く者がいた。

 周囲に満ちる青を圧するような金緋の髪が目立つ女性、ローザロスビータ・ミュラー=ピュトゥ。
 旭姫とも呼ばれる彼女は、常の如くきびきびとした動きでは無く、どこか迷いがちに歩を進めているように見えた。

 ゆっくりと歩いては、時折足を止め、周囲を見回す。
 その表情は、悲しむような懐かしむような、奇妙なものだ。
 頭を振り、彼女は再び歩き出す。そして、しばらく行った小さな丘の斜面に座り込んだ。

 ぼうとした表情でどこを見つめるともなく座すローザ。
 そんな彼女に近づく影があった。

「どうしたね、ローザ」
「どうもしてはいませんよ、侯爵」

 背後からかかった声に、ローザは振り向きもせずに応じた。
 声を聞くまでも無く、自身に近寄ってくる者が誰であるか把握していることを窺わせる態度であった。
 そのことに、話しかけたクラウスフレート=ゲデック侯爵は安堵の息を吐く。

「珍しいですな、蒼月の夜に」
「お互い様ではないかね? ローザ」

 からかうようにローザが言うのに、クラウスもまた明るい声で応じる。その後、彼は彼女の背後に立ったまま、真剣な声で続けた。

「また呆けたのではないかと心配したよ」
「そのように見えましたか」
「見えたな」

 その言葉に、ローザは小さく笑いを漏らした。照れたような、あるいは嗚咽を隠すような笑いだった。

「そうですか」

 しばらく経ってから、ローザはぽつりとそんな言葉を漏らす。クラウスはそれにはなにも答えず、ただ、小さく首を振るばかりだった。

「とはいえ」

 さらに間を置いて、ローザは侯爵のほうを見ぬままに口を開く。

「私を心配して出てきたというわけではありますまい。なにか用事がおありでは?」
「いや、ただの散策だよ。蒼月の夜は静かだからな」
「まあ、そうですな。魔族ですら今宵は静かにしている。面白い話です」

 魔族といえど、夜は眠る。ことに魔軍を中心とするカラク=イオでは、効率的な活動のため、就寝もまた義務とされていた。
 それでも自由時間となれば騒ぐ者も出てくる。規律正しい親衛隊であるため、それほど羽目を外す者は多くなかったが、今夜ほど静かなのはやはり珍しいことであった。
 なんらかの形で蒼月の夜について知っているが故のことであろう。

「いかに交流がなかったとはいえ、同じ大陸に住んでいるのだ。我々と似た習慣を持っていても、不思議はあるまい。それに、あの方々は案外と様々な習俗に囚われておいでだよ。迷信とまでは言わないがね」

「想像していたのとは違う……とは思いますよ。段々とそう思えてきました」

 そこではじめてローザは振り返り、クラウスの顔を見上げた。

「ああ。そういえば、侯爵もなられたのでしたか。魔族に」
「ああ……。うむ」

 言われて、クラウスは戸惑うような照れたような複雑な笑みを浮かべる。

「そう言われても、実感はないのだがな」
「なにか強制されたりは?」
「なにもないな。魔界本土であれば、あるいは何事か儀礼でもあったのかもしれんが」
「なるほど」

 そこでローザは侯爵の顔から視線を外し、前に向き直った。

「では、神々への信仰は無くされましたか」

 その問いかけに、クラウスはわずかにひるんだような顔つきになった。いずれは答えることになったであろう問いに、彼は一つ息を吸ってから臨んだ。

「無い」

 きっぱりと言い切ってから、彼はぐっと顎を引く。

「私は元々信心深いほうではなかった。神殿へ通うのもあくまで領主の立場上必要な程度だったし、日々の祈りも習慣でしか無かった。崇拝という意味では、私の信仰はごく薄いものだったと言えよう」

 だがね、と彼は続けた。

「神々……というよりは神界を敬う心は持っていた。かつて人類そのものが苦境に陥っていた時代に、我々の前に現れ救いを示して下されたとね。思うに私は、祖先たちに力を貸してくれた彼らの親切に恩義を感じ、救う義理もない相手を救おうとするその心根に感謝と尊敬を覚えていたのだろうな」
「その口ぶりでは、いまはそれも無いと仰りたいようですね?」
「無いな。彼らに向ける感情があるとすれば、それは軽蔑に近い怒りだけだ」

 ふんと鼻をならして、クラウスは腕を組む。

「彼らに力があるのは事実なのだろう。人類を救うだけの力が。そして、おそらくは、滅ぼすだけの力もな。そのことは認めざるを得ない。だが、いかなる力を持とうと、それを気まぐれに振るう相手に、敬意など持てるはずがない」
「気まぐれですか」

 ローザは彼の言葉を繰り返す。

「滅びそうになった人々に生きていく術を授け、都市を再建し、国を築いたのも、その築き上げたものを好きなように焼き尽くすのも、気まぐれでしかないと」
「自分たちを焼いたのを恩寵と思うほど、君も愚かしくはあるまい?」

 言ってから、クラウスは己の言葉の選び方に顔を歪めずにはいられなかった。
 いかに事実であろうと、民を焼かれ、友を失い、父を亡くし、自分自身もとてつもない打撃を受けたローザに、こんな風に言う必要は無かっただろうと。

 だが、ローザのほうは特に大きく傷ついたような風情も無く、何事か考え込んでから、ぽつぽつと言葉を口にした。

「自分に都合のいい天恵のみを喜ぶのは、信仰とは呼べぬのではありませんか」
「では、私には信仰など元々なかったのだろう。なにも抵抗できぬ者をこの世から消滅させ、大地をも殺す者たちに、試練を下さると感謝することなど私にはとても出きんからな。奴らは、私にとって敵だ」
「そう……そうですね。そう割り切れるからこそ、閣下は魔族になることが出来た」

 ローザの言葉の中になにを聞きつけたか。クラウスは驚いたように眉をはねあげる。
 一方、ローザは両手を握ったり開いたり何度か繰り返し、その様子をじっと見つめていた。

「私も、もう神殿には行っていません。祈りを捧げることもありません。ただ、ヴァイシュラヴァナ様とマハーシュリー様に心の中で問いかけることがあるのみです」
「問いかけか」
「はい」

 その内容を口にすることはあるまい、とクラウスは察する。
 だから、その内容に触れるより、その行為そのものについて、彼は触れた。

「あるいはこの軍にいれば、直接問い詰めることも出来るかもしれないな」

 ローザの体がびくりと震える。
 彼女はすぐにからからと陽気な笑い声を上げた。

「神界に共に乗り込んでですか? さすがにそれは壮語が過ぎましょう」
「いやいや、本気だよ。スオウ殿下も、そのつもりでいらっしゃるだろう。それに」

 そこで、クラウスはローザの横に腰を落とした。彼女と同じ視線の高さで、その横顔に笑みを向ける。

「君が今回案内を引き受けた理由はそのあたりでないかと思ったのだがね」
「そこまでは望んでおりませんよ」
「では、なにを?」
「さて」

 ローザははぐらかすように言ってから、思い直したようにクラウスを見た。
 そして、彼が築いた大天幕を見上げた後で、周囲を見回し、南の方を向いた。

「セラートもずいぶん浅くなった様子」

 わずかに月明かりを反射する川の流れは、以前と比べればずいぶんと細い。流れは速いようだが、かといって深く大地を削っているようにも見えなかった。

「ああ、そうだな。人が渡ろうと思えば渡れなくもないくらいの場所もある」
「大橋はもう必要ありませんか」
「そうなるな」

 ローザは目をつぶり、ふるふると首を振る。

「大河は消え、人は消え、街は消えた。本当になにもかもが」

 細い指が持ち上がる。中天を指すかに見えたそれは、クラウスが心血を注いだ大天幕の頂に向かっていた。

「それがわずかの間にあのようなものが建つ。そのことは、歓迎してもよいかと思います。たとえ、それが魔族の手によるものであったとしても」

 ローザの声がそこで詰まる。
 胸の奥につかえたものを、彼女が舌に乗せるまで、どれほどかかったろうか。
 クラウスはなにも言わず、ずっと待っていた。

「……なにもかも消し去るよりは、ずっといい」

 そうして、その口から漏れた感慨は、険しく、そして実に重いものであった。


                    †


「奴隷かあ」

 商人たちから解放した六組目の()奴隷たちからの聞き取りを終えたところで、ドミニクはなんとはなしに呟いた。

「どうしたにゃ?」

 ぴくぴくと尖った耳をかわいらしく動かして応じるのは獣人の大頭目『解放者』シャマラ。
 本来はドミニクとその教育係件監視役のウツギに命じられた聞き取りの任に、シャマラが同席しているのには理由がある。

 解放された獣人たちが、ろくに会話をしようとしなかったためだ。
 ネウストリアの英雄であるシャマラが同席して、ようやく彼らは口を開いた。
 その成果を、ウツギはひとまず報告に向かっている。奴隷商から解放した者たちはまだいるが、今日はこのあたりで終わりにする予定であった。

「いや、奇妙な制度が継続しているものだな、と」
「そうかにゃ?」
「少なくとも私はそう思いますね」

 同盟勢力の長であるシャマラに対しては、ドミニクもそれなりに丁寧な態度を取るようにしていた。それが出来るとウツギが判断したからこそ、こうして同席できている面もある。

「どういうことか、説明してくれるかにゃ?」

 そのくりくりした目を細め、シャマラは慎重な調子で尋ねる。
 相手が魔族ではないことは彼女も知っている。
 おそらくはネウストリア人ではない人間に、獣人を奴隷にすることが奇妙と言われて、興味を惹かれる部分もあったし、いぶかしむ面もあった。
 ひとまず、話を聞くにしても、構えてしまうのは仕方の無いところであろう。

「もちろん様々な考えがあるのでしょうが、非効率ですよ。奴隷制度というのは」
「非効率」
「ええ。……そうですね。では、まず私が納得しうる奴隷制度を挙げてみましょう。私が考えるに、奴隷を用いることに意味があるのはおおよそ二つの理由だけです」

 ぺらぺらと喋るドミニクをうさんくさげに見ながら、シャマラは視線だけで先を促す。

「一つは感情が大いに絡む場合。たとえば、二つの集団があり、それらが憎しみあっていたとしましょう。当初はなにかをめぐって争っていた集団同士が、段々と感情的なしがらみを持ち、ついには憎悪にまで至ったとしたら」

 ドミニクは両拳を持ち上げ、なんどかそれをぶつけ合った後、ごちんと音を立てて打ち合わせた。
 シャマラは、自分でやっておきながら涙目になっていることについては、あえてふれないでおく。

「こ、こうした集団が戦い、どちらかが敗れた場合、勝利者が敗者を奴隷とするのは、効率など無視したところでの行いです。彼らは、憎い相手に苦役を与えるために奴隷とするのであり、その効率性など考える意味が無い」
「痛めつけるために……ってことかにゃ?」
「そうですね。尊厳を奪うとか、他にも色々と屈辱を与えるためというのもあるでしょう」
「ふむにゃ……」

 ドミニクが言葉を切って、自分の理解を待っているのを見て、シャマラはひらひらと手を振った。
 ドミニクは一つ頷いて続ける。

「もう一つは戦場における戦闘奴隷です。兵士たちにおいやられて、敵の突撃を防ぐ肉の盾とされるか、戦場を攪乱するために走り回らされるか。いずれにしても、その場にいてくれれば、後は逃げだそうと構わないものであり、長い間抱え込む必要のあるものではない。しかも、管理する側も武器を携行するのが当然の立場です」
「……消耗品ってことだにゃ」

 シャマラがいまいましげに唸るのに、ドミニクはこくりと頷く。
 獣人がそんな態度をとれば、牙はむき出しになり、頬は恐ろしげに歪むというのに、ドミニクはそれに一切頓着しようとしなかった。

「ええ。しかし、労働奴隷を消耗品とするのは、あまりよろしくない。すぐに覚えられるような単純作業であっても、こつもあれば慣れもある。せっかく覚えさせるのだから、長く働いてくれるほうがいいとは思いませんか」
「それはそうだろうけどにゃ……。実際には……」

 獣人もまた労働奴隷として酷使され、消耗品のように扱われている。戦闘奴隷ほど短期間で死んだりするものではないにしても……。

「ですから奇妙な制度だと考えるのです。だいたい、強制された労働となれば、いやいややることになるわけでしょう。それだけで効率は落ちます」
「……まあ、もともと望んでやる奴が滅多にいないようなことをやらされるわけだけどにゃ」
「本来なら、そうした労働は、賃金などの動機付けがあってこそ回るものです。それを、奴隷という形で強制している」
「その賃金を払いたくないから奴隷を使うんだろうにゃ」

 ドミニクはシャマラに同意するように頷いた。

「使うほうはそう考えていると、私も思います。ですが」
「が?」
「奴隷は売買される。使うためには買わなければならない。そうでしょう?」

 シャマラにはドミニクの言いたいことがわかった。雇うのではなく買うのであっても、結局は金を払っているのではないかということだ。
 シャマラはそれに対し、静かに否定の仕草を返す。

「ネウストリアでは、奴隷同士の子も奴隷だにゃ」
「妊娠期間と生育期間を考えれば、買うよりも高いのでは?」
「それは……ど、どうなのかにゃ」

 たしかに、妊娠するとなれば働けない期間も出てくるし、子を育てる間もそうだ。もちろん、育つ子もある程度の年までは仕事を手伝わせようにもやらせようがない。
 だが、シャマラは奴隷たちが自分たちの子を奴隷とし、幼い頃から働かせるのを見てきた。
 果たしてそれが奴隷を買ってきたり、あるいは普通に賃金を払うのより安いのか高いのか、考えてみたこともなかった。

 考えとしてあったのは、そうして子々孫々を奴隷とし、獣人たちを隷属させようとするネウストリアの人間たちへの怒りだったから。

「粗末なりといえども食事をさせ、衣服を用意し、ある程度は清潔な寝る場所を与え、逃亡しないよう監視をつける。労働を強制するため、恐怖を示す必要もある」

 シャマラが示された新しい視点に驚愕している間にも、ドミニクの論は続いている。

「その上で、やる気のない働きぶり。果たして、これで得られるものが、継続的な賃金の支払いで得られる労働の成果と比べ、より安価、あるいは効率的と言えるのか、私は疑問なのです」

 いずれは事例を収集して、試算してみなければならないな、などとぶつぶつ呟くドミニク。その様子にも、シャマラは驚愕の視線を向けていた。

「さらに言うなら、あなたがたのような敵対者をも生み出してしまう。いまの戦争状態など、まさに浪費ですよ。やらなくてよかったはずの戦闘だ。そこに注ぎ込まれる金銭も、奴隷制度なんかにこだわらなければ費やす必要はなかったんです」

 なるほど、とシャマラは思う。
 この人物に対して、スオウが仕官を許した理由がなんとなくわかったのだ。
 たしかに、この人物は、面白い考え方をする、と。

「たぶん、だにゃ」

 考え考え、シャマラは言う。

「いまのネウストリアの状況は、さっき言った二つの集団に近いんだにゃ」
「え?」

 ドミニクが納得できる二つの理由として挙げた最初のほうが、現況にふさわしいのだとシャマラは言った。

「もう、獣人を奴隷にするかどうかってのは感情の問題になっているってことにゃ」

 興味深そうに身を乗り出すドミニクに、シャマラはゆっくりと言葉を紡ぐ。

「効率とかじゃないんだにゃ。これは、もう『獣人とは奴隷にしていいもの』『奴隷はなくてはならないもの』としてあっちの考えが凝り固まっちゃってるんだと思うにゃ」
「なんと」

 ドミニクは目を見張った。
 それから腕を組み、額に指を押しつけて考え込む。

「感情の問題だと……。それでは……」
「そうだにゃ。なかなか解きほぐすことは難しいにゃ」
「そうなります。けれどネウストリア全土がそうも凝り固まっているとは限りますまい」

 なにを言っているのだろう、とシャマラは思った。
 ネウストリアに生き、ネウストリアで暮らしてきたシャマラにとって、ドミニクの発想は理解しがたかった。
 だから、思ったままを口にした。

「なにを言ってるにゃ?」
「あちらの実力者の中に、効率を重視する者がいれば、ひっくり返すことも可能ではないでしょうか」

 今度はシャマラが目を見張る。
 こぼれんばかりに大きく目を開き、そして、深くため息を吐く。

「……万が一。万が一、そんなのがいればにゃ」
「ええ。もし、いれば」

 可能性があると思っているのかいないのか。ドミニクは平静な声でそう続け、にっこりと笑って、こう言うのだった。

「しかし、最初から諦めるよりは面白いではありませんか」

 と。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

異世界建国記

異世界に転生した主人公。 どうやら捨てられた子供に転生してしまったらしい。 目の前には自分と同じように捨てられた子供たち。 主人公は生きるために彼らを率いて農作//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全266部分)
  • 162 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 12:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全292部分)
  • 178 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 18:00
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全384部分)
  • 166 user
  • 最終掲載日:2017/12/06 12:00
勇者様のお師匠様

 両親を失いながらも騎士に憧れ、自らを鍛錬する貧しい少年ウィン・バード。しかし、騎士になるには絶望的なまでに魔力が少ない彼は、騎士試験を突破できず『万年騎士候補//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全152部分)
  • 155 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 00:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 161 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 18:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 186 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた

 ◆書籍⑧巻まで、漫画版連載中です◆ ニートの山野マサル(23)は、ハロワに行って面白そうな求人を見つける。【剣と魔法のファンタジー世界でテストプレイ。長期間、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 162 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 21:00
蘇りの魔王

勇者に討たれ、その命を失ったはずの魔王ルルスリア=ノルド。 彼にはやり残したこと、解決できなかった問題がいくつもあったが、悪は滅びると言うお題目に従い、消滅した//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全272部分)
  • 165 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 18:00
大陸英雄戦記

現代日本に住む「俺」は気づいたら中近世欧州風世界に転生し……いや、これまんま欧州ですよねお父さん。 ともかく俺はファンタジーな欧州に転生した。これは、そんな俺、//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全467部分)
  • 171 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 04:36
神殺しの英雄と七つの誓約(旧題:彼は英雄ではないと言い張るようです)

※タイトルを変更しました。内容に変更はありません。 ※この度、拙作が書籍化される事となりました。  偏に、この作品を読んでくださる皆様の御蔭でございます。  こ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全174部分)
  • 162 user
  • 最終掲載日:2017/04/25 00:31
セブンス

ライエル・ウォルトは伯爵家であるウォルト家の嫡子であった。 だが、完璧である妹のセレス・ウォルトとの勝負に負けて廃嫡。完膚なきまでに打ちのめされ、心を折られた状//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全345部分)
  • 157 user
  • 最終掲載日:2015/12/06 00:00
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全133部分)
  • 181 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 20:09
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部分)
  • 167 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:38
クロの戦記

ケフェウス帝国の貴族であるクロノ・クロフォードには秘密があった。それは異世界……現代日本……から、この世界にやって来たことだった。ほぼチートなし、現代日本の価値//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全120部分)
  • 202 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 01:19
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1318部分)
  • 190 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 00:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 208 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 206 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける

いじめられっ子だった無力な少年が、落とし穴を掘っていた。 いじめの主犯を穴に落とすために。 殺すための武器も用意していた。 だが、落とし穴に落ちたのは、醜悪な豚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全250部分)
  • 157 user
  • 最終掲載日:2016/07/11 19:00
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全177部分)
  • 164 user
  • 最終掲載日:2017/11/29 00:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全221部分)
  • 187 user
  • 最終掲載日:2017/11/30 20:07
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 185 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1577部分)
  • 163 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 18:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

◆カドカワBOOKSより、書籍版11巻、コミカライズ版5巻発売中! アニメ放送は2018年1月予定です。 ※書籍版とWEB版は順番や内容が異なる箇所があります。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全557部分)
  • 200 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 18:00
黒の召喚士 ~戦闘狂の成り上がり~

 記憶を無くした主人公が召喚術を駆使し、成り上がっていく異世界転生物語。主人公は名前をケルヴィンと変えて転生し、コツコツとレベルを上げ、スキルを会得し配下を増や//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全484部分)
  • 165 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 18:00
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、当面は三週ごとの更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全225部分)
  • 166 user
  • 最終掲載日:2017/11/25 07:00
その無限の先へ

いつ、どんな形で死んだのかは分からない。 前世の記憶を抱えたまま転生した先で待っていたのは、ゲーム的なシステムを持ちながらも現実的で過酷な日常だった。 現代知識//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全111部分)
  • 156 user
  • 最終掲載日:2017/07/30 08:28
やる気なし英雄譚

【MFブックスより書籍化し、1〜6巻発売中】 大陸西方の小国であるクラリス王国に、「王都のごくつぶし」と呼ばれる青年士官がいた。彼は魔法全盛の時代にほとんどの//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全245部分)
  • 156 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 21:00
理想のヒモ生活

月平均残業時間150時間オーバーの半ブラック企業に勤める山井善治郎は、気がつくと異世界に召喚されていた。善治郎を召喚したのは、善治郎の好みストライクど真ん中な、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全94部分)
  • 167 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 00:10
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 167 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
甘く優しい世界で生きるには

 勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全253部分)
  • 158 user
  • 最終掲載日:2017/12/08 12:00
異世界迷宮の最深部を目指そう 《一章~七章》

「異世界に迷い込んだ少年は見覚えのない暗い回廊で目を覚まし、魔物にも人間にも殺されかけてしまう。その後、彼は元の世界へ帰還するために、迷宮の最深部を目指すことに//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全373部分)
  • 159 user
  • 最終掲載日:2017/06/02 17:46
↑ページトップへ