挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

私の為に死んで

作者:喜來 ゆめ
 僕の自殺を止めたのは、余命一年の女の子だった──



 『僕』は廃墟で偶然、入院休学中だったクラスメイト・時野恵美に自殺を止められる。そこで『僕』は、彼女が抱える大きな秘密を知ってしまう。
 それは、彼女の抱える持病によって、最大一年の余命宣告を受けたということだった。

 そんな偶然の出会いから『僕』と彼女の交流は始まり、次第に彼女の生き方が『僕』の生き方や考え方を変えていく──



 ※初投稿作品になります。意見、感想など頂けましたら励みになります。
 Twitterアカウントも開設しました→@kirai_yume
1 9.8の自由
01
2017/08/13 15:00
2 僕と彼女の距離感
01
2017/08/13 18:00
02
2017/08/13 21:00
03
2017/08/13 22:31
04
2017/08/14 08:00
05
2017/08/14 14:00
3 僕と彼女の違い
01
2017/08/15 08:50
02
2017/08/15 19:59
03
2017/08/16 22:49
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ