挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

비락식혜

作者:どんどん
キムボソンは話した。 義理!! 義理!! 義理!!
宝城は友達を守るためけんかの現場に駆けつけた。
あまりに急に出たので今買ったビラク甘酒を持って言葉だ。
'振って召し上がってください'と書かれている文句を読んでいなくても
現場に駆けつけている中自動的に揺れていた。
現場に到着した宝城(ポソン)はすでに不良に迎え、倒れている
友達を見た。

宝城:"おいニードル、何やってる!!"
、ポソンの話した。

不良たちは汗を流している宝城を見て、にっこり笑って、、
不良:"君があの有名なキムボソンか?"
ならず者たちが叫んだ。

友達(キム・ソンミン):"...堰。。(チュンチョンナムド・ヨサングン)宝城(ポソン)よ。。。気をつけてね!! あいつら銃を持っていて....."
友達のキム・ソンミンが倒れて血を流しながら言った。

宝城はニッコリと笑って
宝城:"ヌグドゥルはビラクの一つに無くすことができる!!!!"
宝城は自信満々だった。

宝城はビラク甘酒を飲みながら甘酒と一緒に入っているコメの卵たちを立案に入れた。
不良たちは拳銃を取り出し、発射する準備をしていた。

不良:"お前・・お前死にたい"
ビラク甘酒を飲んでいる余裕のあるボソンを見て、ならず者たちは困惑した話し方をした。

ごろつきどもを拳銃を一斉に発砲開始し、ボソンはマトリックス身振りを取った。
そしては、口の中に含んでいる米粒を不良に飛ばし始めた。
米粒らは光速より速い速度として、不良らに向かった。
"プシュッ"
"プシュッ"

ならず者の首には米粒が刺さったまま、あの世へ行ったという。

義理!! 義理!! 義理!! ビラク甘酒

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ