挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

掌編小説

インソムニア~不眠症~

作者:風富来人
 夜など来なければいいのに……。



 昼間の喧騒(けんそう)は、夜が近づくに連れて静かになっていき、深夜には時折車の走る音と、虫の鳴き声だけが聞こえてくる。
 人々が寝静まる深夜、不眠症の僕の相手は誰もしてくれない。



 すやすやと寝息を立てて眠る妻の幸せそうな顔。妻はどんな夢を見ているのだろう。



 薬を飲まずには僕は眠れない。僕はいつから眠る事が下手になったのだろう……。



 自室でパソコンに向かい、ネットサーフィンをする。SNS(ソーシャルネットワークサービス)を覗いても、僕の友人や知人はログインしていない。ログインしている友人や知人を見つけても、こちらからは声をかけない。不眠症の僕に付き合っていたら、相手に迷惑がかかる。



 オンラインゲームはやらない。顔も本名も知らない人達と、仮想空間でモンスターを相手に戦っている暇は僕には無い。僕は毎晩、不眠症というモンスターと戦っている。



 眠くなるまでの間、渡す事の無い手紙を、パソコンのワープロソフトを使ってしたためる。
 夜の静寂の中、自室でパソコンのキーボードを叩く音と、マウスのクリック音だけが耳に入ってくる。



 だんだん眠くなってきた。どうやら薬が効き始めたようだ。ようやく不眠症というモンスターとの戦いから解放される。
 しばしの間の休戦、今夜もまた戦わなくてはならない。
 誰にも理解されない孤独な戦いは続く。
 空が白んできた頃、僕はひと時の眠りについた。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ