挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
シーナくんのつくりかた! 作者:すみやき(明日から休講です。)
6/6

第六話 シーナくんのつくりかた

 第六話 シーナくんのつくりかた

     1

「どーはどーなっつのどー。れーはれれれれれー♪」
「最後までちゃんと歌えよ。歌詞知らないわけじゃなかろうに」
「いいんだよーだ」
 いつものようにべーっと下を出して塙さんは笑う。それだけならいつもと同じ放課後の保健室なのだか、今日は何故か三十路がいない。おかしい。三十路が好きなゲームの発売日はまだ当分先だしな……。
 そんなことを思っていたら保健室の扉が開いて三十路が入ってきた。
「あたしが仕事をさぼってゲーム買いに行くような女に見える?」
 三十路は僕が思ってたことをずばりと当ててみせる。さてはエスパーか何かだな。
「「見える」」
 僕と塙さんは同時に答えた。そして僕と塙さんはお互いの顔を見合わせて笑った。塙さんと息が合うことが嬉しくもあり、そしてなんだか恥ずかしかった。
「はいはい。お暑いお暑い。いよっ憎いね。このアベック!」
 今時『アベック』なんて誰も言わねえよ。つーかその言葉使ってる人初めて見たよ。
「んで、何かあったのかよ。サボってないんだとしたらさ」
「うっせえな。仕事だよ。労働者なめんなよ?」
 ちゃんと働いてる人に失礼だろ。三十路が労働者だったら日本国民のほとんどが労働者になるぞ。
「うるせえな。脱税はしてねえから文句いうな」
 それえばることじゃないし! というか人として当たり前だ!
「ちょっと塙ちゃんに話があるんだ」
「私に?」
「そう、だからシーナ氏は出てけ」
 なんで僕だけ? しかももうちょっと言葉選べよ。養護教諭のくせに生意気だ。
「うるさーい。いまから私と塙ちゃんは女同士の大事な話があるから男子は外でサッカーしてこい!」
 ああ、そっち系の話か。
 なんかそんな言い方で外出されるの小学生の時以来だぞ? あったね。小学生の時の男子と女子の体育の時間の謎の別行動。忘れ物取りに行ったら女子に死ぬほど怒られた記憶がある。いやあ懐かしい。
「思い出に浸ってないでさっさと出てけー」
 わかりますよ。出て行きますよ。家出してやる。こんな家二度と戻るか!
「おめえの家ここじゃねえからァァァァ」
 と、怒られたところで僕は保健室を後にする。
 しかしそれにしても保健室を出ても何もすることが何もない。本当にサッカーをやるには敵チーム含めて二十一人足りない。まあサッカーをするつもりは全くないんだが。
 僕は廊下をぼーっと歩きながら、いままでは一体僕は何をしていたんだろうってことを考えていた。
 ……そうか。よく考えてみたら僕はずっと塙さんと一緒にいたんだ。昼休みも放課後も、授業を受けているとき以外はほとんど彼女が近くにいたんだ。
 どうやら僕は塙さんがいないと何もできないらしい。まるで猫型ロボットがいない時の昼寝が得意な眼鏡っ子のように。

***

 結局、僕はやることもないので家に帰って一人テレビを見ていた。
 なんだか寂しかった。
 一人暮らしを初めてすぐの時でさえこんな気持ちになることはなかったのに。今にも軽く泣いてしまいそうだ。
 そういえば塙さんをおいて一人で帰ってしまったけど大丈夫だろうか。今になってそんなことを思ってしまう。
 三十路が送ってくれるだろうか。もし、三十路の都合が悪かったらどうしよう。
 僕はテレビの電源を落として立ち上がる。迎えに行かなきゃ……。というか迎えに行きたい。そして塙さんに会いたい。
 僕は塙さんに会いたくてたまらなくなっていた。
 今すぐ塙さんに会いたい。塙さんに会いたくてたまらない。僕には塙さんが足りない!
 僕は着の身着のまま飛びだそうとしたその時玄関のドアをノックする音が聞こえた。
「どうもー塙ちゃんの隣の晩ごは……ん!」
 ドアを開けるとそこには見慣れた女の子が立っていた。走ってきたのか息が切れて呼吸が荒い。 
 玄関で塙さんの姿を見たとたん僕は彼女を思いっきり抱きしめていた。いつもの彼女の匂いが鼻孔をくすぐる。そして僕は安心感に満ちあふれた。
「塙さ……ん。」
「どっどうしたの……。シーナくん」
「塙さ……ん。君がいなくなって、この部屋はずいぶん広くなっちゃったよう」
「わ、私にはいつもの五畳の部屋にしか見えないよ。シーナくん」
「うわーん。うれしくなーい。僕は二度と塙さんといっしょに暮らさなーい」
「わかった、わかった。シーナくん大丈夫大丈夫」
 塙さんはそういって僕の背中をぽんぽんと優しく叩いた。
「……なんかいつもと立場違うよね」
「うん。僕もそう思う」

***

「うっそ……」
「嘘じゃないもん」
 僕はカレンダーを確認する。
 うん、どうやら今日はエイプリルフールではないらしい。
「なんで信じてくれないかなー」
 塙さんはほっぺをぷっくり膨らませている。膨らんだほっぺたを指で突っつけばどうなるだろうなんて考えたけど。ほっぺを膨らませている塙さんがなんだか無性に可愛かったのでそのままにしておいた。
「だって……」
「だって?」
 塙さんが僕の顔をのぞき込む。ああ、そんな顔で僕を見ないで。また抱きついちゃうじゃないか。
「ん……とよしっ。まず一回整理しよう」
 ここは気持ちを一旦落ち着かせよう。
「うんうん。整理してごらん」
「まず、僕は先にこのアパートに戻りました」
「そう、勝手に戻りやがりました。私をおいて」
「はい、塙さんをおいて……」
 本当にそれは申し訳ないと思っています。なんて謝罪の言葉を述べて良いやら……。
「反省ができているならよろしい」
「それで僕は一人この部屋にいたのです」
「ふむふむ」
「するといきなり寂しくて寂しくてたまらなかったのです」
「なるほどー。シーナくんうさぎだもんね。うさうさシーナくん3号だもんね」
 確かにうさぎだったかもしれない。本当に寂しくて死にかけたんだもん僕。
「そう、その時はうさうさシーナくん3号だった」
 まあ一号と二号の行方はこのさいどうでもいいということにしょう。
「そして僕は塙さんを迎えに行こうとしたわけです」
「得意なウサギ跳びでね」
「そう得意なウサギ跳びで。僕はウサギよりもウサギ跳びが早いからね」
 もちろん嘘。そもそもウサギがどのくらいの早さで飛ぶか僕知らないし。小学校の時の飼育小屋のウサギを思い出す限りそんなに早いイメージはないんだけど。
「すごいじゃん。ヒーローじゃん。いっそ州知事とかになっちゃえよ。シーナくん」
「まあ州知事になるのは米国国籍もってないからとりあえず後回しにするとして……。僕がドアを開けようとした瞬間に塙さんがいた」
「私に抱きついちゃったんだね。あのときのシーナくんけっこう可愛かったよ」
「ありがとう」
 僕は塙さんの頭をご褒美になでてあげる。にゃうーんと猫化した塙さんを見て何故か癒されている僕がいる。
「それで僕はてっきり三十路に送ってきてもらったんだと思ったんだけど」
「うーんとね。教員の健康診断がないとかあるとかで、私を送っていくのが無理らしかったんだ。それでシーナくんに迎えに来てもらおうとしたんだけど……携帯に電話して」
 ……あっ。別に飛び出して行かなくても塙さんからの電話を待ってればよかったんだ。そんなこともわからなかったのか僕は。
「でもね。一人で来たの。ここまで……」
 そう、僕が信じられないといった理由がこれだ。
「えっと……一人で」「うん! 一人で!」
「電車にのって?」「うん。電車に乗って!」
「泣いた? 具合悪くならなかった? 僕が恋しくなかった?」
「全然そんなことなかったよシーナくん!」
 最後の質問はしなければよかったな。思ったよりも精神的なダメージが大きいぞ? どうした? 僕?
「それで今ここにいるってことは」
「うん。無事についたんだよ! やったあ!」
 塙さんはそう言って僕に抱きついてきた。よっぽど嬉しいんだろう。
 それにしても塙さんから抱きついてきてもらって助かった。また意味もなく僕から抱きついてるところだった。
「……おめでと。塙さん」
「うん。えっとね。シーナくんそうしたらね。……お腹空いた!」
「わかったわかった。じゃあ夕ご飯にしようか」
「うん」

***

 全く夕飯の支度に全然身が入らなかった。
 塙さんが一人でここのアパートに来ることができた。一人で歩き、一人で電車に乗ってここまでたどりついたのだ。僕の手を借りずに……だ。
 もちろん塙さんが一人でここまでくるようになったのはものすごく嬉しい。嬉しいはずなんだが……。なんだろう。だんだん僕は塙さんにとって……必要のない人間になってしまっているのではないかと思ってしまったのだ。
 そんなことを考えてると料理なんて出来たもんじゃなかった。そんな心境で料理をしていたから当然のように僕は作っていたハンバーグを焦がしてしまっていた。
 なんだか怖かった。
 塙さんが僕から離れてしまっているように感じた。確かに僕は彼女にどこにもいかないと約束した。しかしそれは塙さんが僕にどこにも行かないと言っているわけではない。それはただ僕が一緒にいるという約束をしただけであって、塙さんはいつでも僕から離れていっていいということになる。
 僕は塙さんのなんなんだろう。ハンバーグの焦げたところをなんとか修復しながら僕はそんなことを考えていた。
 確かに塙さんは僕を好きと言ってくれた。そして僕は彼女にキスをした。
 僕と塙さんは恋人同士だ。じゃあ……塙さんは僕のものなのか。その答えが未だにわからない。
 僕は彼女を拘束してはならない。それは絶対しちゃいけないことだって思っている。
 ただ僕と出会ってから塙さんは活発的になっている気がする。今日なんて僕がいなくても一人でうちまで帰ってくることができたのだ。それは本当に喜ぶべきことなんだろうけど……なんでだろう。喜びよりなんだか不安の方が大きくなっていっている気がする。そしてなんだかいやな予感がする。何でといわれても困るけど……とにかくいやな予感がするのだ。

 思うとこの時点で僕は何かを感づいてしまったんだと思う。後にこのよくわからない嫌な予感が的中してしまうのである。



 放課後、ホームルームが終わった僕は保健室へと向かう。
 塙さんはたまに一緒に授業を受けることができるようになったのだが、ここ最近は教室に来なくなっていた。
 それでもいつもはお昼を一緒に食べるから彼女の顔は毎日見ることが出来るのだが、今日の昼休みに限ってめったにない委員会活動なんかがあった関係で今日はまだ塙さんの顔を見ていないのだ。
 僕は保健室の扉を開けて彼女の指定席であるソファーを見る。
 ……いない。そもそも保健室には誰もいなかった。三十路もどうやら留守らしい。
「あれ……シーナ氏」
 僕が一人ソファーに座っていると三十路が保健室に入ってくる。
「誰もいない状態でかぎを開けとくとか不用心にもほどがあるんじゃないの?」
「……確かに、あたしのPCがとられたらどうしよう」
 心配の矛先が違う気がするけどまあいいか。
「今日だれもいなんだね」
「そうだね……塙ちゃんもお休みだし……」
「休み?」
 初耳だった。というより朝はちゃんと僕が学校まで送っていったのだ。なのに……休み?
「そう休み。準備とかあるんじゃない。いろいろと」
 準備? 思ってもいない単語が次から次へと三十路の口から飛び出してくる。
「……準備? 準備って何」
 その言葉を聞いて三十路は目を丸くした。どうやら本当に驚いている様子だ。
「もしかして聞いてない……?」
 彼女にしては珍しく声が裏返っている。
「聞いてないって……何が」
 三十路はあちゃーといった顔をした。声には出していないものの顔を見ればわかる。
「いやっ何でもない何でもない」
「……いや何のこと? 準備って何さ」
「いやー今日は良い天気だねえ」
「とぼけるな!」
 そもそも今日は朝から曇っている。夜は雨がぱらつくって天気予報士が言ってたぐらいだ。
「……とぼけてなんかないさ。今日のあたしはおかしいんだ。シーナ氏。わかってよ」
 三十路がおかしいのはいつものことだ。逆に今日の三十路はおかしくなんかない。そのおかしくないことがおかしいのだ。
「三十路頼むよ……。本当のこと言ってよ。お願いだよ。この通り」
 僕は三十路に頭を下げた。三十路に頭を下げたのはこれが初めてかも知れない。
「……今日のあたしは変だ。変だから普段言わない一人ごとをこれから言うよ? 恥ずかしいから聞かないでよ。シーナ氏」
 そういうと三十路は外を向いて独り言を言い始めた。僕は黙って三十路の独り言を聞く。三十路がすべての独り言を聞いた。僕は聞いたことを後悔した。そしてひとつのことを学んだ。知らないほうが良いことも世の中にはあるんだってことを――。

***

「シーナくん。ただいまー」
 塙さんが僕のアパートに入ってくる。今日もどうやら独りで僕のアパートまで来ることが出来たらしい。
「おーい。シーナくーん。やってきたよー。私が」
 僕は何も言わない。そして彼女の顔も見ない。いや、見ちゃいけない。
「ねえねえねえねえ。シーナくん聞いてー」
 見ざる聞かざる言わざる。僕は日光の猿だ。猿になるんだ。
「ねーねーねーにゃあ!」
 猿になれ猿になれ猿になれ。
「私ねー。また一人でここにこれたんだよ。電車にのって。ひとりで」
 塙さんは嬉しそうに僕の顔を見る。
「ねーねーシーナくん?」
「……う」
「う? 何シーナくん? う?」
 口をすぼめてみる塙さん。いや見るな見るな。
「うううううきいいいいいいいいいいいい」
 僕は……猿になった。
「どっどうしたのシーナくん」
「う……きー」
 我慢ができなかった。僕は塙さんに抱きついてしまっていたのだ。
 本当は彼女を無視するつもりだった。そして僕が怒っているところを塙さんに見せつけるつもりだったのだ。
 しかしできなかった。僕は塙さんを無視することができなかった。怒るところを見せつけることもできなかった。
 彼女を無視してそして彼女を怒るつもりだった僕は何故か塙さんの胸で泣いている。
 自分でも情けないと思う。男はめったに泣くもんじゃない。そして人前で泣くもんじゃない。ましてや愛する女性の前で泣くなんてもってのほかだ。
 だけどもう限界だった。
「シーナくんどうしたの」
 よしよしと塙さんは僕の頭をなでてくれる。その手の感触がとても優しくて、さらに涙が止まらなくなった。
 どうしても泣かずにはいられなかったのだ。そして信じることが出来なかった。塙さんが僕の前からいなくなってしまうなんて――。

     3

「……ごめんね。シーナくん」
「……うん」
 塙さんの手はすごく気持ちよかった。そして彼女の手が暖かくなってることに驚く。出会ったばかりのころはあんなに冷たい手をしていたのに――。
「言い出せなかったんだ……。私が引っ越すってこと」
「知ってた」
「まあちゃんから聞いて?」
「……違う。違うけど知ってた」
 自分でも支離滅裂なことを言ってるのはわかっていた。ただ三十路から聞いたことはただの彼女の独り言だ。勝手に僕が彼女の独り言を盗み聞きしただけの話なんだ。だから三十路からこの話を聞いた訳じゃないってことはあながち嘘ではない。
 三十路から塙さんの転校の話を聞いたときにはわけがわからなくなった。嘘だと思いたかった。三十路もこれは独り言だと言っていたし……。
 しかし三十路の顔が悲しそうだった。それを見ただけで三十路が話していることが嘘じゃないってことは明らかだった。
「……しょうがないよ。お婆ちゃんが大変なんだろ」
「……うん」
 塙さんの両親が亡くなってから今通っている学校に通うまでの間、塙さんと一緒に暮らし、面倒を見てくれたお婆ちゃんが入院した。だから塙さんは引っ越すと――。そして彼女がお婆ちゃんの看病をすると……。そう三十路は言っていたのだ。
「ごめんね」
 塙さんは何度も何度も僕に謝る。
 そうか……。つらいのは……一番つらいのは塙さんなのかもしれない。今日の今まで引っ越すことを言えずにいつものように僕に接してくれていたのだ。そう思うとよけい僕の胸は苦しくなった。
「引っ越しはいつなの?」
「……一週間後」
 ずいぶん急な話だった。一週間なんて言ったらあっという間だ。
「……ごめんね」
 もう僕は泣くのをやめた。
「それまで一緒にいよう。ね。どっか行こうよ。どこがいい?」
 あと一週間しか――ではない。あと一週間も一緒に居られるのだ。その間楽しくすごせばいいじゃないか。塙さんも一人で僕のところにこれるようになったんだ、残された時間は二人でいろんなところに行けるはずだ。
「……私ここがいい」
「ここって」
「うん、ここ」
 それは僕のアパートを意味することを僕はわかっていた。彼女がそう言い出すことは僕もなんとなくは予想できていた。
「私とシーナくんてこの部屋にずっといたでしょ。だからお別れの日までずっとここにいいたいんだ」
「……それでいいの塙さん」
「うん。それでいい」
 塙さんは大きく頷いた。

***

 僕と塙さんは一週間学校を休んだ。そして何をするわけでもなくずっと部屋に二人きりでいた。
 二人とも涙をこらえきれずに泣くこともあった。二人で泣いたら、そのたびにお互い頭をなであった。
 幸せだった。この幸せがいつまでも続けばいいのにと思った。
 しかし、時の流れというものは残酷なものだ。一週間という時間はあっという間に過ぎた。僕が今まで生きてきた中でもっとも早い一週間だった。そしてとうとう塙さんの引っ越しの日が来てしまったのだ。
 僕は彼女の荷物を引っ越し業者のトラックに運ぶのを手伝った。彼女の部屋の荷物は家具自体は少ないものの、本の数が半端な数ではなかったので運ぶのが大変だった。
 それでもどうにかして、すべての荷物をトラックに運び終えるとトラックは僕らをおいて行ってしまった。
「行っちゃったね」
「……うん」
「あの……シーナくん」
「うん」
「最後にさ。シーナくんの部屋に行きたい」
「わかった」
 僕らはもぬけの殻となった塙さんの部屋を後にした。

***

「やっぱりシーナくんの部屋だー」
 塙さんはソファーにとびつく。僕は彼女の横に座る。
 何も話さなかった。 
 最初に彼女と会ったときの保健室を僕は思い出していた。だけどそのことは彼女には話さなかった。
 最後の時間なんだから話すことはいっぱいあるはずなのに。僕達二人は黙ったままだった。
 ずっと僕らは座ったままで二人だけの時間を楽しんでいた。そしてどれくらい時間がたっただろうか。
「さてと」
 塙さんがゆっくりと立ち上がった。
「私そろそろ行くね」
 塙さんの「行くね」という言葉の中にはものすごい悲しさとそして大きな強さを感じた。
「うん」
 僕は頷くだけだった。
 本当は他に言いたいことがあった。元気でねとか忘れないでとか。
 あと「行くな」とか――。
 けど僕は何も言えなかった。そんな自分がなんか情けなくって僕は涙があふれた。
 すると塙さんは黙って僕を抱きしめてくれた。そして背中を優しくさすってくれた。
 いつも僕が泣いている塙さんを抱きしめてあげていたのに。
 いつも僕が泣いている塙さんの背中をさすってあげてたのに。
 今は泣いている僕を彼女が抱きしめてくれている。こんな状態になることを今までの僕は予想できただろうか。
「シーナくん」
 塙さんは僕の口に唇を当ててきた。彼女の息があらくなるぐらい僕は唇を押しつけた。
 塙さんとのキスの味はなんだか甘くって。そして少ししょっぱかった。

     4

 彼女がいなくなった後の高校生活はいたって普通でそして平凡なものになっていた。
 授業は普通に聞き、授業が終わったら普通に家に帰る。家に帰ったら普通にテレビを見る。そんないたって普通の生活。
 いつのまにか保健室にも行かなくなっていた。あの三十路が学校をやめたのだ。
 どこへいくのか、そしてこれから何をするのか。何も言わずに三十路は僕の前から去っていった。
 そして僕は普通に勉強し、卒業し、大学へ進学した。
 受験勉強がめんどくさかったのでうちの学校の付属の大学に推薦で進学した。キャンパスが通っていた学校の近くにある関係でアパートを離れずに済んだことも決め手の一つだった。
 そして入学初日、入学式が終わった後、僕は指定された教室へと向かった。どうやら大学でもクラスがあるようで、クラスメイトとの初顔合わせが行われたのである。
 僕のクラス担当であろう初老の教授が学生の点呼をとる。名前が呼ばれたので僕は適当に返事をした。
「えーとこのかたはいらっしゃいませんね。入学初日から風邪でしょうか」
 白髪交じりでいかにも大学教授といった風貌の男はそう言ってからある生徒の名前を点呼する。

***

 僕はその名前を聞いたとたん教室を飛び出していた。自分でも何をしているかわからない。初めての授業中に何をしてるんだって思う。もしかしたら怒られるどころでは済まないかも知れない。でも僕はどうしても行かなければならなかった。
 僕は走る。通り慣れた道を行き、使い慣れた駅に到着する。
 そして僕は回りを見渡した。
 するとホームの近くにうずくまっている人がいた。それは女の人だった。彼女は長い小川の流れのようにさらさらな髪の毛をヘアバンドでひとつにまとめていた。そしてレディースーツを着ていなければ高校生にも中学生にも見える小さな体でうずくまっている。
「大丈夫ですか」
 僕は声をかける。
 すると彼女は顔を上げた。相変わらず小さな鼻を赤くして――。
「うぅ……えっぐっ。しっし……しぃなく」
「大丈夫? …………塙さん」
「……だいっだ」
 変わっていなかった。
 あの時、僕のアパートに始めてきたときに駅で泣きじゃくっていたあの塙秋穂のままだった。
「ほら」
 僕はしゃがんで腕を背中の後ろに回した。
「……おんぶ?」
 そう正解。
「そうおんぶ。入学早々遅刻だよ。塙さん」
「だって……だっ」
「いいから」
 僕は塙さんをおぶる。あいかわらず軽い。
「よし、じゃあ行くよ」
「……うん」

***

 そして僕らは歩き出した。そして僕らが駅を出ようとすると一台の車が止まった。なんだか見覚えがある気がした。そしてドアを開けて降りてくる人物にはもっと見覚えがあった。
「シーナ氏。塙ちゃん」
「み、三十路……」「まー……ちゃん?」
 見間違えようがなかった。僕らを結ばせた張本人、三十路こと福田先生が僕らの前に立っていたのである。それもあのときと同じ白衣のまま……。
「早く乗って! どうせ大学まででしょう?」
「……いや、あの三十路?」
「良いから早く!」
 僕らは三十路に言われるままに車に飛び乗った。
「三十路……何でここに……っていうかいままで何してたんだよ」
「……これ」
 三十路が見せたのは一枚のカードだった。そしてそこに書いてあったのが――。
「教員証明書?」
「その通りだよ。塙ちゃん」
 そのカードに記載されていたのが『教授 福田麻冬』の文字。そしてそこに書いてある大学が――。
「大学へようこそ! シーナ氏! 塙ちゃん!」
 そう、僕がこれから通う大学の名前が書いてあったのだ。
「……まーちゃんが」「大学教授?」
 塙さんも初耳だったようで驚きを隠しきれない様子だった。
「いやあ……塙ちゃんは引っ越しちゃうし、シーナ氏は保健室に遊びに来なくなったしであたしつまらなくなっちゃってさ。だから本職に戻ったんだ。ちょうど研究期間も終わりそうだったしね」
 ってことは三十路はただの養護教諭じゃなかったのか……。
「そしたらさ、入学者名簿にあなた達二人の名前があるじゃない。びっくりしちゃって! だからあたしのクラスに二人を入れといたってわけ!」
 ん? 今なんて言った? あたしのクラス?
「だから、あたしがあなた達の指導教授なの!」
「「ええええええええええ!」」
 僕と塙さんの驚く声が重なりあう。っていうか担当教授はあの白髪の人じゃ。
「あのおっさんは私の代理。聞いてなかった?」
 そういえば誰かの代理とかいってたような。どうでもいいから聞いてなかったけど。
「理由はあたしの寝坊」
 相変わらずだなこの人も。……寝坊ってことは?
「そう今からあたしはあの教室に向かいます。休講にすると私の給料が減るからそんなことはさせない!」
 本当に……相変わらずだな。まあこれがなかったら三十路じゃないんだが。
「というわけでこれからよろしくね。シーナ氏。塙ちゃん」
 三十路はにこっと懐かしい笑顔を浮かべた。
「……私もよろしくね。シーナくん」
 塙さんも笑って僕を見つめている。口元に八重歯をのぞかせて――。本当にあのころと何も変わっていない。
「よし、じゃあぶっ飛ばして教室に向かうからね。二人ともちゃんとつかまっててよ!」
 三十路はアクセル全快にして文字通り国道をぶっ飛ばした。その時に飛んでいきそうになる塙さんを僕は必死に支えた。
「……痛いよお。シーナくん」
 どうやら頭が車の天井にぶつかっってしまったらしい。
 僕は彼女の頭をなでた。ものすごく懐かしい感覚だった。
 ああ、また始まるんだなと思った。そう思うと僕は何だかうれしくて泣きそうになる。
 僕と彼女の普通なようで普通じゃない生活が明日から、そしてこれからもずっと続いていくのだ。
(了)
cont_access.php?citi_cont_id=108022677&s

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

ヘヴンズ・コンストラクター

西暦2133年。政府は人類長寿命化による人口増加問題を解決するため、希望者の記憶をヴァーチャルユートピアに移住させる行政サービスを開始。厚生労働省の死後世界作成//

  • 空想科学〔SF〕
  • 連載(全110部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/06/20 13:41
辺境の老騎士

大陸東部辺境のテルシア家に長年仕えた一人の騎士。老いて衰え、この世を去る日も遠くないと悟った彼は、主家に引退を願い出、財産を返上して旅に出た。珍しい風景と食べ物//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全184部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/01 00:00
恋する狼と夢みる羊飼い

【第9回MF文庫Jライトノベル新人賞にて、第二次選考通過】 高校一年、夏の終わり。 狼少年な主人公、板垣準一は、「偏差値70の城王大学に、俺合格してみせます//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全32部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/12/07 07:23
名前のない怪物

僕はその怪物に恐怖し、魅了され、そして捕らえられた――。 深夜。部屋に響く物音で目を覚ました僕は恐ろしい〝脚〟に遭遇する。以来、姿を見せずに部屋で存在だけを主張//

  • ホラー〔文芸〕
  • 連載(全193部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/24 22:25
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
勇者イサギの魔王譚

「これからも、俺についてきてくれないか」  ――共に歩んだ愛する少女へと告白した瞬間、少年は未来へと飛ばされた。彼を喚んだのは魔族の姫。彼が討ち取った魔王の末裔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全176部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/10/09 23:00
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全126部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/04/16 21:09
デビルバスター日記

【デビルバスター】とは人々の生命を脅かす異界の者――“魔”を退治する力を持つと認定された者たちの称号である。この物語は中世に似た異世界を舞台に『女性アレルギー』//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全132部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2014/01/13 16:02
Babel

★ 電撃文庫より2巻まで発売中。 大学1年生の水瀬 雫(ミナセ シズク)は大学からの帰り道、ある日おかしな穴に遭う。 穴に吸い込まれ放り出された先は、見たことも//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全92部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/11/10 21:50
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全413部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/23 11:24
それは甘くて、それでいて塩っ辛い。

彼女たちの恋は、甘くて優しい、だけど苦くてそして寂しく、悲しい。そんな短編連作小説です。MF文庫Jライトノベル新人賞二次通過、富士見ラノベ文芸大賞一次通過作品。//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全21部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2014/09/20 17:00
家賃1万円風呂共用幽霊付き駅まで縮地2回

アパートで幽霊の少女と同居を始めるところから始まるラブコメディです。 平凡(仮)な主人公が変人要素高めな少女達に囲まれるギャグ成分濃い目なハーレムものでもありま//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全43部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/05 15:28
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全499部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/22 23:05
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全359部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 20:00
ブルージャスティスここにあり!

悪の組織の戦闘員として働いていた男、青井正義。彼は仕事の帰り道で不安に苛まれる。このままで良いのだろうか、と。駅前で出会った車椅子の少女に手渡される一枚のチラシ//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全137部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/03/30 14:56
魔王の器

剣と魔法の世界。 大国の名門貴族家に生まれながら、ろくに魔法が使えない少年は不遇の日々を送っていた。そんな少年の運命は、ある魔族との出会いによって大きく動き出す//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全208部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/17 00:00
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
骨の王の物語

大罪を犯し、電脳空間に拘置されることとなった一人の男の物語。※残酷な描写が繰り返しありますので、苦手な方はご遠慮ください。

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全10部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2011/04/25 00:00
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全677部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 12:18
灰と王国

長く続いた帝国の衰退期、治安の崩壊した北部辺境では闇の獣が人々の生活を脅かしていた。粉屋の少年フィニアスは家族と共に風車小屋を離れ、山賊化した軍団兵が支配する町//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全206部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/09/04 21:32
無職転生 - 蛇足編 -

 『無職転生-異世界行ったら本気出す-』の番外編。  ビヘイリル王国での戦いに勝利したルーデウス・グレイラット。  彼はこの先なにを思い、なにを為すのか……。 //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全26部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/03/04 19:00
ジンニスタン 砂漠と海の物語

古代ギリシアに似た人族の文明と、中世オリエント世界に似たジン(砂漠エルフ)族の文明が戦争を続けている世界。小国の王子ペレウスは人質としてジン族の帝国にとどめられ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全90部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/03/19 20:20
お茶の間ダンジョン

農業を継がせようとする家族を押しのけて高校へ進学、ゲームプログラマーという夢を求めて一人暮らしを始めたゲーム大好き少年、久住陽一の日常は唐突に終わりを告げる。掘//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全8部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/06/04 21:45
サーザンエンド辺境伯戦記

 遥か南の辺境からやってきた異民族の娘は、破産した帝国騎士の青年に告げた。 「私は貴方にお仕えする為に参りました」  これに彼が応えたとき、彼らは帝国南部に燃え//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全197部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/20 00:10
傭兵団の料理番

 僕は料理が好きだ。でも、買い物の帰りにどこかの国に迷いこんで傭兵部隊の料理番をすることになりました。何故こうなったのか分かりませんが、生き残るために美味しい料//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全49部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/07 18:00
無欲の聖女(旧題:無欲の聖女は金にときめく)

【7/30 ヒーロー文庫様より書籍化しました】お金が何より大好きな守銭奴少年・レオは、ひょんなことから、訳ありの美少女・レーナと体が入れ替わってしまう。 なんで//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全147部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/25 20:00
地龍のダンジョン奮闘記!

 目が覚めると地龍に転生していた主人公。  まあ、成ってしまったものは仕方が無いと地龍生活を謳歌するが、ある時主人公は自分が人間たちにとって極上の素材であること//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全258部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/25 19:00
彼はヒーローですか?

魔法がある現代世界の物語、災害という危機にさらされた人類は、それに対抗する為に一つの希望を作り上げた。 それを纏い闘う者たちをヒーローと呼び、彼らは命をふるって//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全24部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/12/13 00:00
これが異世界のお約束です!

剣と魔法のファンタジー世界、そこには必ず守らなければいけない『お約束』があった! "殺す覚悟" "KATANA" "賊の襲撃" "ハーレム要員魔王"そして"チー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全55部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/07/30 20:00
死神を食べた少女

死神を食べたらどうなるんだろう。 私には良く分からない。分かるのはたった一つ。 お腹がすいた。 だから、こいつらの首を持って偉い人に届けよう。 きっと美味しい物//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全37部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2012/12/23 22:58
悪役令嬢後宮物語

エルグランド王国には、とある有名な伯爵令嬢がいた。 その麗しい美貌で老若男女を虜にし、意のままに動かす。逆らう者には容赦せず、完膚なきまでに叩き潰し、己が楽しみ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全128部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 09:00
剣と魔法と怪物の物語

 剣と魔法と怪物のハイファンタジー。  広大な大陸に住まう人類はその西部において文明圏の確立を果たしたが、その栄華は絶え間なき流血と闘争によって支えられる砂上の//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全17部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/12/05 21:36
耀紅のヴァイキャリアス

今からそう遠くない未来。人々は、人型ロボット同士が戦うスポーツ「ヴァイキャリアス・フレーム・バトル」……通称『VFB』に夢中になっていた。  VFBでは全長10//

  • 空想科学〔SF〕
  • 完結済(全51部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/06/07 22:05
ゲーさく! ──それは素晴らしきゲーム製作──

「私、エッチなゲームが作りたいんです」  元フリーライターである青年の元に訪れたのは、エロゲー製作を希望する一人の少女だった。少女は(強引に)青年の弟子となり//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全18部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2011/10/10 00:00
絶望高校帰宅部

今日は特別な日だ、と言いたいけれど。 別にこんなの特別でもなんでもない、ただの毎日。ただの日常である。 ――僕はそんなの望んでないけどね! という、普通の少年//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全202部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/10/07 12:18
リングリング

三年前、大学生の詩織は、異世界トリップして日本に来てしまった騎士の男をかくまった。彼は無事に元の世界に戻れたのだが、なぜか今度は詩織が彼の世界へトリップ。頼れる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全36部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/08/20 00:00
↑ページトップへ