挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
虫から始める魔王道 作者:稲生景
115/115

114話 ドラン火山Ⅰ

ブックマークが500件を超えました。

これからも虫から始める魔王道をよろしくお願いします。
―私達がアルトランド王国を出て早八日。

私達は魔海王のしもべ、巨大クラゲのクーちゃんの上でゆったりとくつろぎながら、ドラン火山へと向かっていた。

「今回の旅はくーちゃんのおかげで移動が楽だね、ミミズさん」
「そうじゃのう、……面倒な奴が一体増えたがのう」

ミミズさんが後ろを振り向いた。

「蝶、もっと風強くして、蠍、尻尾の角度もうちょい上ね」
(わかったー)
(わ、分かりました……)

パピリオはスティンガーの尻尾に止まっていて、翅を動かして、椅子に座っている魔海王に風を送っていた。

そしてスティンガーは尻尾を動かしてパピリオの位置を動かし、風の向きを調整していた。

「ふぅー、快適だわ~♪ ちょっとそこのドワーフ」
「お、俺か?」
「アンタ以外に誰がいるのよ、肩揉んでちょうだい」
「え!? 何で俺がそんな事を……」
「何? 文句あるの?」

魔海王が殺気を出しながらバノンを睨んだ。

「い、いえ、やります! やらせていただきます!」
「そう、それじゃあ頼むわね♪ あと変なところ触ったら殺すからね♪」

魔海王の言葉を聞いたバノンは、冷や汗をかきながら慎重に魔海王の肩を揉み始めた。

……魔海王、私のしもべとバノンをこき使ってるなー……それにしてもあの椅子どこから出したんだろう……

「全く、あ奴は本当昔から変わらんのう……」
「……ミミズさん、嬉しそうだね」
「はぁ? 今の言葉を聞いてどうしてそう思うんじゃ」
「いや、魔海王と千年ぶりに会ったわけでしょ? 魔獣王の時みたいに表には出していないけど、歌姫になっていたこと以外は魔海王が何も変わって無い事を喜んでいるんじゃないかなって思ってさ」

そう、例えば昔の友達と再会したら、何も変わっていない昔から自分が知っている友達で嬉しかったみたいな感じかな?

私がそう思っていると。

「馬鹿かお主は! 儂はただ……あ奴が前と同じ変な奴のままじゃと思って呆れただけじゃ! 別に嬉しくなど思っとらんわ!」

ミミズさんは怒ってそっぽを向いてしまった。

「ごめんごめん……そう言えばミミズさん、これから会いに行く魔竜王ってどんな奴なの?」

私はミミズさんに魔竜王について聞いてみた。

「ん? そうじゃのう……魔竜王は一言で言うと……怠惰な奴じゃな」
「怠惰?」
「うむ、あ奴はいつもぐうたらとしていてな……特に寝ることが好きで暇があればいっつも寝ているのじゃ」
「今度の魔王もまた随分と個性的だね……」

魔獣王は酒好きで子煩悩、魔海王は歌姫で自己中心的、魔竜王は怠惰で寝るのが大好き、そして寂しがり屋で大事な事を言い忘れる元魔王(笑)のミミズさん。

……六大魔王って本当に変なのが多いな……

「……おいこら、お主また儂の事馬鹿にしたじゃろ」
「……気のせいだよ、しかし魔海王が付いてきたのは魔竜王に会うためって言ってたけど……ミミズさん、魔海王と魔竜王って凄く仲が良いの?」
「ん? いや仲が良いも何も魔海王と魔竜王は……」

ミミズさんと話していると、レギオンが私に話しかけてきた

(魔王様! 大きな山が見えてきたであります!)

レギオンの言葉を聞いて私とミミズさんは前を向いた。

まだ遠いみたいだが、それでもはっきりと分かるほど巨大な山が前方に見えた。

なんて大きな山なんだ……

「バノン、あれがそうなの?」

私は魔海王の肩を揉んでいるバノンに質問した。

「ああ、あれがジェラルド大陸最大の火山、ドラン火山だ」
Ⅱに続く。
バナー画像

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

奪う者 奪われる者

佐藤 優(サトウ ユウ)12歳  義父に日々、虐待される毎日、ある日 借金返済の為に保険金を掛けられ殺される。 死んだはずなのに気付くとそこは異世界。 これは異//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全221部)
  • 216 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 18:00
望まぬ不死の冒険者

辺境で万年銅級冒険者をしていた主人公、レント。彼は運悪く、迷宮の奥で強大な魔物に出会い、敗北し、そして気づくと骨人《スケルトン》になっていた。このままで街にすら//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全367部)
  • 230 user
  • 最終掲載日:2017/05/02 18:00
最強呪族転生~チート魔術師のスローライフ~

 車に撥ねられて死んだはずの俺は、異世界にて再び生を受ける。  だが転生先はマーレン族という、魔術を扱い木偶人形を操る胡散臭い少数民族だった。  生前から魔術に//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全226部)
  • 194 user
  • 最終掲載日:2017/06/22 22:07
必勝ダンジョン運営方法 相手に合わせる理由がない

ダンジョンを使って魔力枯渇という世界規模の問題をどう解決するのか。 それがこの物語の目的です。 とりあえず目標としてお約束をぶった切る姿勢で臨みたいと思います。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全659部)
  • 194 user
  • 最終掲載日:2017/06/22 16:00
転生したら剣でした

気付いたら異世界でした。そして剣になっていました……って、なんでだよ! 目覚めた場所は、魔獣ひしめく大平原。装備してくれる相手(女性限定)を求めて俺が飛ぶ。魔石//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全332部)
  • 262 user
  • 最終掲載日:2017/06/22 08:00
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全156部)
  • 220 user
  • 最終掲載日:2017/06/20 00:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全367部)
  • 283 user
  • 最終掲載日:2017/06/18 22:11
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全120部)
  • 223 user
  • 最終掲載日:2017/05/16 04:45
成長チートでなんでもできるようになったが、無職だけは辞められないようです

 俺、一之丞は就職100連敗、さらに記録更新中の無職だった。  面接に向かう途中、トラック事故に巻き込まれ、あえなく死亡。  そして、女神から常人よりも400倍//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全178部)
  • 207 user
  • 最終掲載日:2017/06/23 22:33
異世界支配のスキルテイカー ~ ゼロから始める奴隷ハーレム ~

 スキルを奪って成り上がれ!!  武術の天才――近衛悠斗が召喚されたのは、奴隷たちが売買される異世界であった。  悠斗はそこで倒した魔物のスキルを奪い取る《能力//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全215部)
  • 198 user
  • 最終掲載日:2017/06/21 05:00
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望ではなく希望を糧に得ようと決め、悪意の迷宮ではなく幸せな街を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全156部)
  • 246 user
  • 最終掲載日:2017/06/23 21:50
お魚から人外転生の出世魚物語 ブラックバスからいつかブラックドラゴンへ!

気が付いたら僕はブラックバスだった。 で、神様に言われた。 『ブラックドラゴンを目指してほしいんだ!』 え? ブラックドラゴンになるのに、ブラックバス? 鯉が龍//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全163部)
  • 215 user
  • 最終掲載日:2017/04/29 12:31
毛玉転生 ~ユニークモンスターには敵ばかり~ Reboot

教室に突っ込んできたトラックが爆発して、主人公は命を落とす。気がつくと異世界で、ケサランパサ○ンみたいな毛玉となって生まれ変わっていた。おまけにどうやら使い魔と//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全185部)
  • 208 user
  • 最終掲載日:2017/02/07 17:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全270部)
  • 234 user
  • 最終掲載日:2017/06/17 18:00
転生したらドラゴンの卵だった~最強以外目指さねぇ~

 目が覚めたとき、そこは見知らぬ森だった。  どうやらここは異形の魔獣が蔓延るファンタジー世界らしく、どころかゲームのように敵や自分の能力値を調べることができる//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全336部)
  • 311 user
  • 最終掲載日:2017/06/22 23:34
骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中

 オンラインゲームのプレイ中に寝落ちした主人公。  しかし、気付いた時には見知らぬ異世界にゲームキャラの恰好で放り出されていた。装備していた最強クラスの武器防具//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全149部)
  • 219 user
  • 最終掲載日:2017/04/25 21:00
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1406部)
  • 226 user
  • 最終掲載日:2017/06/23 18:00
黒の召喚士 ~戦闘狂の成り上がり~(旧:古今東西召喚士)

 記憶を無くした主人公が召喚術を駆使し、成り上がっていく異世界転生物語。主人公は名前をケルヴィンと変えて転生し、コツコツとレベルを上げ、スキルを会得し配下を増や//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全426部)
  • 244 user
  • 最終掲載日:2017/06/22 12:00
アリの巣ダンジョンへようこそ!

目が覚めるとそこは知らない部屋、どうやらダンジョンマスターになったらしい。 さっそくダンジョンを作りたいが、ポイントが足りない…そうだ、ポイントがないならモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全126部)
  • 222 user
  • 最終掲載日:2017/01/17 23:04
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全499部)
  • 309 user
  • 最終掲載日:2017/06/22 23:05
ダンジョンを造ろう

 気が付くと彼はダンジョンの玉座の間にいた。そして彼は一冊の本を見つけ、導かれるままダンジョンを増築、人間の駆逐、世界征服――――をせず、安全に生きる方法を模索//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全163部)
  • 214 user
  • 最終掲載日:2017/06/22 12:00
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全100部)
  • 234 user
  • 最終掲載日:2017/06/04 06:38
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部)
  • 267 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全117部)
  • 208 user
  • 最終掲載日:2017/06/19 08:31
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全359部)
  • 226 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 20:00
地龍のダンジョン奮闘記!

 目が覚めると地龍に転生していた主人公。  まあ、成ってしまったものは仕方が無いと地龍生活を謳歌するが、ある時主人公は自分が人間たちにとって極上の素材であること//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全257部)
  • 271 user
  • 最終掲載日:2017/06/17 19:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部)
  • 226 user
  • 最終掲載日:2017/06/11 18:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部)
  • 200 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全413部)
  • 219 user
  • 最終掲載日:2017/06/23 11:24
灰色の勇者は人外道を歩み続ける

灰色の勇者として異世界に勇者召喚された日本人、灰羽秋。 だが彼は召喚された12人の勇者たちのなかで唯一1人だけ、スキルの選択に時間をかけすぎてしまい別の大陸へ誤//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全67部)
  • 205 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 00:47
絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで

「働きたくない」  異世界召喚される中、神様が一つだけ条件を聞いてくれるということで、増田桂馬はそう答えた。  ……だが、さすがにそううまい話はないらしい。呆れ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全270部)
  • 267 user
  • 最終掲載日:2017/06/21 00:00
↑ページトップへ