挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

短編?

女神と彼女の棲まう湖畔

作者:稲荷竜
「へんなの、ひろった!」


 ダイニングキッチン。
 小さな女の子が嬉しそうになにかを抱えて持ってくる。
 料理をしていた金髪の女性は手を止め、エプロンで手をふいてから女の子の持っている物を見る。


「あらあら、また『漂着物』ですか?」
「そう!」


 女の子は持っていた物を嬉しそうに掲げた。
 その無邪気な動作に、女性は目を細めた。

 かわいいものだ。
 こんなにかわいい種族だから、乱獲されて、ニンゲンは絶滅したのだろう。
 最後に生き残ったこの笑顔をいつまでも保護しなければ――神の端くれとして、彼女は改めて使命感に震える。


「えーっと、今回の漂着物は……『本』でしょうかね?」
「ほん?」
「ええ。『めくって』、『読む』ものですよ。中には知識や知恵が詰まっている、ニンゲンの――あなたと同じ種族の発明した、優れた記憶媒体の一つですね」
「?」


 女性の腰ぐらいまでしか身長のない女の子は、首をかしげた。
 そうだ、この『伝説の湖畔』で暮らしていると、とにかくニンゲンの文化に触れる機会がない。

 ここは世界と世界の狭間にある空間だった。
 あらゆる現実的な苦難から切り離された土地である。

 ここでは、異世界のものが湖から湧いてくるという現象がたまにある。
 彼女は――ニンゲンを保護する女神は、そうしたものを『漂着物』と呼んでいるのだった。

 女神は白くすらりとした手で、ニンゲンから『本』を受け取った。
 それは表紙に異世界文字とかわいい少女の絵が描かれた、やけに薄い本であった。

 女神の抱く『本』という物体のイメージにそぐわない薄さだ。
 内容はどんなのだろう?
 パラパラめくって――
 女神は慌てて『本』を閉じた。


「……」
「おー、すごい! ひらく! さかなみたい!」
「……」
「かみさまー、かみさまー、わたしも『読む』したい! したいー!」


 ニンゲンが小さな体を一生懸命に伸ばして、本をとろうとしてくる。
 女神は慌てて本を頭上へ遠ざけた。
 とたん、ニンゲンが悲しそうな顔をする。


「なんでー!? なんでー!? かみさま、いじわる、やだー! 『読む』するー! ニンゲンだって『本』を『読む』するのー!」
「ええっと……」


 女神は美しい眉根を寄せた。
 緑色の瞳でちらりと掲げた『本』を見る。

 その内容は――
 ――エロトラップダンジョン――
 ――子供にはまだ早い。


「ニンゲンさん、聞いてください」


 女神はしゃがみこんで、視線をニンゲンに合わせる。
 ニンゲンは真っ黒い大きな目で、女神を見ている。


「なにさ?」
「この本を読むには、資格が必要なんです」
「じゃあ、とる」
「その資格は、あなたがうんとうんと長生きしなければとれないものなんですよ」
「なんでそーゆーことかなあ……いきるの、はやくなんないのに!」
「そうですね。ですから、この『本』はどこかにしまっておいて、あなたがもっと大きくなった時、読みましょうね」
「じゃあー、じゃあー、ちょっとだけでも?」
「ちょっとだけでも、ダメです」
「ほんのちょっと?」
「それでも、ダメです」
「むー」


 ニンゲンは真っ黒い髪をがしゃがしゃとかき混ぜた。
 せっかく綺麗な髪が痛んでしまいそうで、女神はハラハラする。


「きびしめなのね……」
「そうですね」
「ニンゲン、いつおっきくなる? あした? あさって?」
「えーっと……十年以上はかかるでしょうか……」
「じゅーねん!? じゅーねん……じゅーねん、とは……あさってのつぎぐらい?」
「たくさんの『あさって』を並べて、まだまだずっと向こうですね」
「『ケーキの日』よりむこう?」
「ケーキを十回以上食べた、そのあとですね」
「あ、じゃあー、まいにち、ケーキ、しよ? かんげいします!」
「ケーキは一年に一回だけです」
「なぜ、ごはんはケーキにならないの?」
「栄養バランスの問題でしょうか……」
「『えいよばらんす』! かみさま、むつかしいこと、いうのね」
「神ですからね」
「そっかー……わたしも、かみさま、なりたいなー」
「あらあら……でも、神様になったら、たいへんですよ? あなたがお外で遊んでいるあいだに、おうちのお掃除をして、あなたがお腹ぺこぺこで帰ってくるまでに、お料理を食べられるように用意しなきゃいけないんですから。役割、交換します?」
「かみさまたいへんなのね……」
「ええ、大変ですとも。ですから小さき者よ、とりあえず手を洗っていらっしゃい。夕ご飯、もうすぐできますからね」
「あーい!」


 とてとてとニンゲンがダイニングキッチンを出て行く。
 女神はそれを見送り、視線を『本』に移し――


「……まあ、これもニンゲンの文化の一つ、ということで」


 そう言って、『本』を大事にしまっておくことに決めた。
 いつかニンゲンが資格を得て、読めるようになるその日まで――
 ――エロトラップダンジョンものの同人誌は、『だいじなもの入れ』の中で眠り続けるのであった。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ