挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

メイドから母になりました

作者:夕月 星夜
異世界で突然子育て始めちゃいます!?

異世界に転生した、元女子高生のリリー。王宮魔法使いのレオナールの依頼で養女ジルの「母親役」を頼まれたけど、魔法使いである彼の周りでは面倒事もたくさん発生して――?

※27.2.28書籍化に伴いあらすじを変更いたしました。
ダイジェスト
2014年 12月 30日
見た目の変化って大きいよね
2014年 03月 08日
デートじゃないんです
2014年 03月 09日
服選びって疲れるよね
2014年 03月 10日
美辞麗句より素朴な本音
2014年 03月 16日
神様へ
2014年 03月 17日
実家へ帰ろう
2014年 03月 18日
娘は母親とバトルするものです
2014年 03月 19日
後半ふたつ大問題だと思うんだけど
2014年 03月 20日
苦手のレベルは「一応食べられる」程度です
2014年 03月 21日
目標の人
2014年 03月 22日
母親以外に相談しにくい
2014年 03月 23日
母は強し
2014年 03月 24日
どこまでも懐の広い人
2014年 03月 25日
こういう日もたまにはある
2014年 03月 26日
ハーブソルトの作り方
2014年 03月 27日
そこに入るつもりはなかったのに
2014年 03月 28日
レオナール様の昔の話
2014年 03月 29日
近づく心
2014年 03月 30日
私に出来る事を
2014年 03月 31日
まだ、大丈夫
2014年 04月 01日
城に入る前に
2014年 04月 02日
不穏な気配
2014年 04月 03日
親としてありたいから
2014年 04月 04日
魔法省
2014年 04月 05日
夫婦じゃないです
2014年 04月 06日
ジルの初魔法
2014年 04月 07日
色々規格外な人
2014年 04月 08日
愛しさの青
2014年 04月 09日
懐かしい再会
2014年 04月 10日
魔法使いにも色々
2014年 04月 11日
噂をすれば
2014年 04月 12日
ルーカス先生に聞いてみよう
2014年 04月 13日
捉え方は様々
2014年 04月 14日
あわない人っているよね
2014年 04月 15日
妨害者の末路を考えたくなくなった件
2014年 04月 16日
執務室にて
2014年 04月 17日
だって好きだから、つい
2014年 04月 18日
質問されて答えたら
2014年 04月 19日
プリズムの実験とかあったよね
2014年 04月 20日
人妻にしないで
2014年 04月 21日
才能の片鱗
2014年 04月 22日
薔薇姫とお茶会を
2014年 04月 23日
誰でも甘えたい時はあるから
2014年 04月 24日
変化をさみしいと思う時
2014年 04月 25日
王太子の失言
2014年 04月 26日
ちょっとキレたけど仕方ないよね? ※閲覧注意
2014年 04月 27日
これが私の戦い方
2014年 04月 28日
事実と真実の境目って難しい
2014年 04月 29日
お久しぶりなシドさんと
2014年 04月 30日
相棒の定義
2014年 05月 01日
追いかけっこの理由は
2014年 05月 03日
え、変態?
2014年 05月 04日
美女さんと
2014年 05月 05日
女性のお悩み相談室?
2014年 05月 06日
読むのも仕事でした
2014年 05月 07日
愛玩動物なんかじゃない
2014年 05月 08日
メイドなんですよ、ただの
2014年 05月 09日
無敵じゃないと思います
2014年 05月 16日
本当はわかってる、けど
2014年 05月 17日
酷いと知っていても
2014年 05月 18日
眠り姫の接し方
2014年 05月 19日
高所恐怖症じゃないはずなんだけど
2014年 05月 20日
もふもふの癒し希望です
2014年 05月 21日
そういやまだ王家のメイドなんだよね
2014年 05月 22日
脇役だったはずなのに
2014年 05月 23日
眠り姫の真実
2014年 05月 24日
精霊狩り
2014年 05月 25日
信仰の形
2014年 05月 26日
わりと危ない質問だよね
2014年 05月 27日
鈍感じゃないですよ?
2014年 05月 28日
可能性でも
2014年 05月 29日
昼食の席にて
2014年 05月 30日
親子の絆
2014年 05月 31日
エルフの王子と眠り姫
2014年 06月 01日
この先について
2014年 06月 02日
守るとみせかけて
2014年 06月 02日
守りたいものの違い
2014年 06月 04日
決まりました
2014年 06月 05日
やっぱり電話っぽい
2014年 06月 06日
平安京がそうだったって授業で習いました
2014年 06月 07日
知らないふりをしたいんです
2014年 06月 08日
危うい均衡と知っているから
2014年 06月 09日
あれで付き合ってないの?
2014年 06月 10日
恋する乙女につける薬はない
2014年 06月 11日
味方、だよね?
2014年 06月 12日
二人の魔法使いさん
2014年 06月 13日
最後の一歩は
2014年 06月 14日
自覚してしまった事
2014年 06月 15日
小さな、覚悟
2014年 06月 16日
香茶に勇気を
2014年 06月 17日
私が私である為に
2014年 06月 18日
どうしてこうなったんだろう
2014年 06月 19日
逃亡、じゃないんですよ?
2014年 06月 20日
平凡なんだけど?
2014年 06月 21日
ケンカするほど仲がいい
2014年 06月 22日
厨房にお邪魔しました
2014年 06月 23日
緊張感帰って来い
2014年 06月 24日
もしも選べたとしても
2014年 06月 25日
火の精霊を喚ぶのは
2014年 06月 26日
優しい火の花
2014年 06月 27日
精霊という存在
2014年 06月 28日
刺繍ってこういう事か
2014年 06月 29日
エルフの王子様
2014年 06月 30日
助言者なんてどうでしょう
2014年 07月 01日
背中を押して
2014年 07月 02日
妖精さんの贈り物
2014年 07月 03日
ある意味地雷踏んだ
2014年 07月 04日
正しい説明求む
2014年 07月 05日
女子会みたいになった
2014年 07月 06日
ソロルの森へ
2014年 07月 07日
ジルと光の精霊と
2014年 07月 08日
相手の事も考えましょう
2014年 07月 09日
適材適所というやつです
2014年 07月 10日
お別れのご挨拶
2014年 07月 11日
普通だと思うのだけど?
2014年 07月 12日
文通相手がいっぱい
2014年 07月 13日
口説かれ……
2014年 07月 14日
内緒なんです
2014年 07月 15日
私が選ばれた訳
2014年 07月 16日
腹黒ドSな側近です
2014年 07月 17日
副音声が聞こえる
2014年 07月 18日
望むのは変わらない
2014年 07月 19日
ただいま
2014年 07月 20日
上達の理由は
2014年 07月 21日
襲撃
2014年 07月 22日
命を預けられる人
2014年 07月 23日
最強の関係
2014年 07月 24日
その関係には、なれない
2014年 07月 25日
予想外が立て続け
2014年 07月 26日
自爆しました
2014年 07月 27日
どうしても欲しいから
2014年 07月 28日
醤油って万能だよね
2014年 07月 29日
交換条件
2014年 07月 30日
騎士と兵士の違いは
2014年 07月 31日
こう見えてお金持ちなんです
2014年 08月 01日
変わりゆく関係
2014年 08月 02日
予感
2014年 08月 03日
動き出す想い
2014年 08月 04日
変わりゆくもの
2014年 08月 05日
願うのはこの場所
2014年 08月 06日
伝書鳩ならぬ手紙鳥
2014年 08月 07日
女の勘は当たるもの
2014年 08月 08日
問題なのはひとつだけ
2014年 08月 09日
納得してくれたらいいんだけどな
2014年 08月 10日
ドレスを作ろう
2014年 08月 11日
オーナーってどういう事なの
2014年 08月 12日
普通のドレスは望まない
2014年 08月 13日
身に纏うのはすべて罠
2014年 08月 14日
自覚するほど
2014年 08月 15日
たそがれの決意
2014年 08月 16日
先へ進むために
2014年 08月 17日
わかりやすいのは
2014年 08月 18日
親子ですもの
2014年 08月 19日
ジルの役目
2014年 08月 20日
よく考えたらいつもと一緒
2014年 08月 21日
仕事の話をしましょう
2014年 08月 22日
嬉しい近況報告
2014年 08月 23日
勝負服じゃなく戦闘服
2014年 08月 24日
この格好、なんて呼ぶのが正解?
2014年 08月 25日
さみしさとそれから
2014年 08月 26日
あなたに出逢えて、よかった
2014年 08月 27日
自分の中での決着
2014年 08月 28日
いざ、戦いの舞台へ
2014年 08月 29日
色の意味
2014年 08月 30日
お兄ちゃんとダンスを
2014年 08月 31日
応えられない想い
2014年 09月 01日
選ぶもの、選んだもの
2014年 09月 02日
過去の想い、未来の思い
2014年 09月 03日
作戦開始
2014年 09月 04日
なんだか仲良くなりました?
2014年 09月 05日
精霊さんの主
2014年 09月 06日
聞かれたのは単純で
2014年 09月 07日
黒幕は案の定
2014年 09月 08日
それは言い訳にならない
2014年 09月 09日
脱出開始
2014年 09月 10日
精霊食いの真実
2014年 09月 11日
待っていたのは
2014年 09月 12日
目覚めの先には
2014年 09月 13日
欲しい言葉
2014年 09月 14日
怖いものはない
2014年 09月 16日
ドアの先には
2014年 11月 24日
解放されるもの
2014年 11月 25日
今はただなすべき事を
2014年 11月 26日
お帰りなさいと言いたくて
2014年 11月 27日
今回だけは許して
2014年 11月 28日
静かな夜
2014年 11月 29日
繋がりあう思い
2014年 11月 30日
新しいはじまり
2014年 12月 01日
二人きりの朝食
2014年 12月 02日
王立植物園
2014年 12月 02日
思い出のその先に
2014年 12月 03日
影の功労者?
2014年 12月 26日
謁見室で待っていたのは
2014年 12月 27日
女神の秘密
2014年 12月 29日
契約の行方
2014年 12月 30日
レオナール様の事
2014年 12月 31日
喜ばれるのはいいけれど
2015年 01月 26日
黒髪の少年
2015年 01月 27日
幸せになる権利
2015年 01月 30日
甘いのは
2015年 03月 02日
少しずつ変わる日々
2015年 03月 03日
医務室で待つもの
2015年 03月 04日
正しくない口説き文句
2015年 03月 05日
欲しいものはあとひとつ
2015年 03月 06日
形にならない贈り物
2015年 03月 07日
切ない痛みのその先へ
2015年 03月 08日
シリアスが続かない
2015年 03月 09日
医務室の主? 
2015年 03月 10日
事実が優しいとは限らない
2015年 03月 11日
英雄だって人だもの
2015年 03月 12日
英雄の娘だからって訳じゃないよね?
2015年 03月 13日
自己評価は下になりやすいもの
2015年 03月 14日
事実を切って貼って塗り潰す
2015年 03月 15日
とりあえず毎日三時間は寝られるといいね
2015年 04月 01日
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

アルバート家の令嬢は没落をご所望です

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメア//

  • 恋愛
  • 連載(全89部)
  • 1724 user
  • 最終掲載日:2015/04/05 17:51
竜の卵を拾いまして

オムレツを作ろうとして割った卵から出てきたのは、赤いうろこに覆われた火竜の子供。希少な生き物なはずの竜がどうしてこんなところに?と不思議に思いながらも、一人では//

  • 恋愛
  • 連載(全102部)
  • 1665 user
  • 最終掲載日:2015/04/22 13:29
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ファンタジー
  • 連載(全158部)
  • 1989 user
  • 最終掲載日:2015/04/24 21:27
こちら討伐クエスト斡旋窓口

自分では全く戦う気の無い転生主人公が、ギルド職員の窓口係りになって、淡々と冒険者を死地に送り出していたが、利用者の生存率が異様に高くて、獣人達から尊敬されたり、//

  • ファンタジー
  • 連載(全82部)
  • 1777 user
  • 最終掲載日:2014/12/29 06:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ファンタジー
  • 連載(全56部)
  • 2340 user
  • 最終掲載日:2015/04/21 19:15
乙女ゲーム。転生。チート。……どうせおまけの人生なら楽しませていただきます!

アラフォーの私はなぜか気がついたらゲームの世界へ転生していたようです。 しかもお約束のようにヒロインのライバルキャラの悪役女として。 しかも死亡ENDしかない//

  • ファンタジー
  • 連載(全43部)
  • 1731 user
  • 最終掲載日:2015/03/19 00:42
勘違いなさらないでっ!

 男女の仲を破滅させ浮名を流し、兄と妹の結婚話の障害物として立ちはだかる悪女、シャナリーゼ・ミラ・ジロンド伯爵令嬢。すっかり気に入った悪女の役を、本当の自分をさ//

  • 恋愛
  • 連載(全64部)
  • 1797 user
  • 最終掲載日:2015/03/27 00:00
リビティウム皇国のブタクサ姫

リビティウム皇国のオーランシュ辺境伯にはシルティアーナ姫という、それはそれは……醜く性格の悪いお姫様がいました。『リビティウム皇国のブタクサ姫』と嘲笑される彼女//

  • ファンタジー
  • 連載(全145部)
  • 1861 user
  • 最終掲載日:2015/04/12 20:15
悪役令嬢に転生したようですが、知った事ではありません

 12歳のある日、前世の記憶が戻った侯爵令嬢のアメリア。  同時に現状の自分へ酷く失望すると共に立派な淑女をなる事を目指します。  その途中、自分が前世で大好き//

  • 恋愛
  • 連載(全98部)
  • 1893 user
  • 最終掲載日:2015/03/31 17:06
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 恋愛
  • 完結済(全35部)
  • 1842 user
  • 最終掲載日:2015/03/23 20:32
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 恋愛
  • 連載(全43部)
  • 1994 user
  • 最終掲載日:2015/04/05 00:00
神達に拾われた男

日本に生まれた1人の男、他人より辛い人生を送ってきた男は己の持てる全ての技術を駆使して39年の人生を生き抜き、そして終えた。その後、男は男の魂を拾った3柱の神に//

  • ファンタジー
  • 連載(全171部)
  • 1750 user
  • 最終掲載日:2015/04/18 01:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 恋愛
  • 連載(全240部)
  • 2957 user
  • 最終掲載日:2015/04/24 23:58
魔導師は平凡を望む

ある日、唐突に異世界トリップを体験した香坂御月。彼女はオタク故に順応も早かった。仕方が無いので魔導師として生活中。 本来の世界の知識と言語の自動翻訳という恩恵を//

  • ファンタジー
  • 連載(全215部)
  • 2502 user
  • 最終掲載日:2015/04/22 07:00
お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 恋愛
  • 連載(全49部)
  • 1860 user
  • 最終掲載日:2015/04/25 10:00
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【2015/3/9・宝島社様より書籍版発売】

  • ファンタジー
  • 完結済(全31部)
  • 1907 user
  • 最終掲載日:2014/08/03 15:18
蒼黒の竜騎士

転生したら、人と竜が共存するファンタジーな異世界でした。 目指せ!前世では出来なかったおしとやかで可愛い乙女ライフ!……って、何か全然違う方向に向かってない? //

  • ファンタジー
  • 連載(全42部)
  • 2092 user
  • 最終掲載日:2015/04/26 00:00
針子の乙女

生まれ変わった家は、縫物をする家系。前世では手芸部だった主人公には天職?かと思いきや、特殊能力にだけ価値観を持つ、最低最悪な生家で飼い殺しの日々だった(過去形)//

  • ファンタジー
  • 連載(全10部)
  • 2249 user
  • 最終掲載日:2014/08/29 23:38
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 恋愛
  • 連載(全134部)
  • 2333 user
  • 最終掲載日:2015/03/27 23:12
悪役令嬢後宮物語

エルグランド王国には、とある有名な伯爵令嬢がいた。 その麗しい美貌で老若男女を虜にし、意のままに動かす。逆らう者には容赦せず、完膚なきまでに叩き潰し、己が楽しみ//

  • 恋愛
  • 連載(全91部)
  • 1969 user
  • 最終掲載日:2014/03/09 09:00
甘く優しい世界で生きるには

 勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼//

  • ファンタジー
  • 連載(全155部)
  • 1947 user
  • 最終掲載日:2015/04/24 12:00
かわいいコックさん

『花(オトコ)より団子(食い気)』で生きてきたアラサー女が気付いたら子供になって見知らぬ場所に!?己の記憶を振り返ったら衝撃(笑撃?)の出来事が。そしてやっぱり//

  • ファンタジー
  • 連載(全78部)
  • 2925 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 00:00
転生したので次こそは幸せな人生を掴んでみせましょう

車に轢かれるという残念な結末を迎えたと思ったら、気付いたら赤ん坊に。しかもファンタジーな世界の住人になっていました。マジか。 というかよくよく考えれば、前世の//

  • 恋愛
  • 連載(全143部)
  • 1749 user
  • 最終掲載日:2015/04/25 06:17
ちょっとした手違いで

目が覚めれば病院のベッドの上で、生死の境を彷徨っていたことと前世の記憶があることに気付いた相良瑞姫。そして、自分を取り巻く環境がかつて手に入れたものの仕方なしに//

  • 恋愛
  • 連載(全129部)
  • 1945 user
  • 最終掲載日:2015/04/22 00:00
張り合わずにおとなしく人形を作ることにしました。

※現在第四十四話以降を改稿中です。//  どうやらここは前世でプレイしていたファンタジーな乙女ゲームの世界らしい。  "私"ことアルティリア//

  • 恋愛
  • 連載(全90部)
  • 1882 user
  • 最終掲載日:2014/09/18 01:03
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ファンタジー
  • 連載(全109部)
  • 1822 user
  • 最終掲載日:2015/04/11 00:00
異世界出戻り奮闘記

 かつて私は異世界に召喚されたことがある。異界からの巫女として一年余りを過ごした私は、役目を果たし、元の世界へ帰ることとなった。そして護衛騎士に秘めた思いを告白//

  • 恋愛
  • 連載(全53部)
  • 1740 user
  • 最終掲載日:2015/01/12 15:28
異世界でもふもふなでなでするためにがんばってます。

色々あって、神様から能力もらって異世界に転生しました!ハイスペックな家族に見守られつつ、平々凡々な私は異世界ライフを満喫してる。神様からもらった能力使って、ファ//

  • ファンタジー
  • 連載(全37部)
  • 1755 user
  • 最終掲載日:2015/01/10 09:40
↑ページトップへ