挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

蛇のひげ短編集

ある雑草の滑舌(300文字小説)

作者:蛇のひげ
 私は滑舌が悪い。周りにそう言って、憚らないでいる。

 ある時は、山火事注意を、岩火事注意に聞き間違えられた。全力で否定したが、指摘をされれば思わずにはいられない。

 私、岩火事注意って言ったかな、と。自信がない辺り、悪いのは滑舌ではなく頭ではないかと思ってしまう。

 そんな予兆が、この間もあった。

 頭を洗う最中、シャンプーをしたか忘れてしまった事だ。一先ず洗い直し、中身も外も醜悪、という事態は避けれたが、もはやここまでくると感嘆すら覚えてしまう。



 そうそう。最近自分を表すのにぴったりの言葉を見つけた。たった一語で私を語れる、そんな言葉。
 言葉というのは素晴らしいものだ。

 ちなみに、それがこれだ。

 おっちょこちょい。


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ