挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

僕の変な彼女

作者:春生志乃
僕の彼女は変だ。
僕の彼女は愛煙家で小説家だ。
彼女は小説を書きながらよくタバコを吸っている。
そしてこう言う。
「偉大な小説家、みな、愛煙家だ」
そういって、本日二箱目のタバコを開けた。

彼女は変、所謂変わり者だ。
彼女は目を離すと居なくなってしまうし、謝りもしない。
そのたびにこう言うのだ。
「自分の興味を優先して何が悪い」
僕は彼女を嫌煙の目で見た。

彼女はジャズやクラシックが好きだ。
本を書いているときにいつも聴いている。
「まるで自分がすべてを指揮する音楽家になった気分だ」
彼女はそう言って、うきうきしながら執筆する。

彼女は髪が伸びてくると絶対に短くする。
「髪をごそごそと洗っている暇があるならもっとすべき事が山ほどある」
僕は同じ意見なので、それに関しては何も言わない。
僕も短髪なのだ。

彼女は犬がとても好きだ。
「犬は馬鹿な人間よりとてもとても優れている、頭がいい。勿論君よりも」
僕はもう言われ慣れていた。
そのため彼女は動物は好きだが、人間は大嫌いだ。
ましてや子供なんて近くに寄らせればよってたかって、大人げなく喧嘩をするに違いない。

僕はある日、彼女に問いただした。
「何故、人間も馬鹿も嫌いなのに学もない僕と付き合っているんだ」
彼女は笑顔でこう言った。
「私だってわからないさ。でもこれが、私にとってのベストに近い状態なんだと思う」
彼女は変人なりに、彼女らしい言葉で、僕に言ったのだ。

僕の彼女は変だ。
時には罵られ、置いて行かれる事もある。
けれど僕は彼女の傍に居る。
僕にとって、悪い事ばかりなのになぜ一緒にいるのか。
それを彼女と同じ言葉を用いて言おう。
「僕だってわからないさ。でもこれが、僕にとってのベストに近い状態なんだと思う。それが愛なのだ」
僕はこれから先も、この変な彼女について行くことにしようと、心に決めたのだった
星空文庫にも投稿しております。 http://slib.net/69538


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ