挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。
この連載小説は未完結のまま約4ヶ月以上の間、更新されていません。

一番最初に塔へ上れば、世界が貰えるらしいけど、俺はただの案内人なだけ

作者:かぎのえ
一番最初に塔へ上った人間は、世界の覇王になれる――という塔の、案内人である市野谷一也。
通称、鍵と呼ばれる存在。鍵である一也は、塔の存在を知らず、生きてきた。
しかし最近周りで妙な事件ばかり起き、己だけは必ず無事だ。
一也は不思議に思い、自分を試す――聞こえた声は「運命を味方に付けろ」
これは、運命を味方にし、鍵を奪い合うデスゲームから逃れる話。


鍵は誰を覇王にするのか、それとも――?

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ