挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

村人TKのきまぐれポエム

たこやきと醤油

作者:村人TK
どのようなストーリーを想像するかは、読者の皆様次第です。
庭に置いた甕の水 孑孑たちが飛んでいる

寒冷前線消え去って ペンギンたちはうた唄う



蛸はぐねぐね這い回り 赤い火の中飛び込んだ

紋付き袴は風に吹かれ 鳶の親子はいなくなる



さんだる履いた印度象 金色の空へ憧れる

難攻不落の鉄の鷹 細菌たちの愛の城



蛸はぶよぶよ転がって 青い火の中飛び込んだ

雪の黒きは谷の雲 兵隊ころころ赤い玉



都会のパークの片隅で 鮭と鮃が交尾する

届かぬ音色と猿の声 夕暮れ時のシャツの皺



蛸はかちこちパンの中 黒い火の中飛び込んだ

読まれぬ俳句と海驢の鰭 友人夫婦の米の香よ
孑孑:ぼうふら
海驢:あしか
鰭 :ひれ

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ