挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

連載物語集

雨天累々

作者:黒放子
今日も、昨日も、明日も
ある人は電車を待ち、ある人は深夜にコンビニへ出かける。
生産性がない、そして悪意のない会話こそが何より幸せなのだ。

何の変哲もない雨の日の人々の小説。
舞台
2017/02/10 17:14
感覚
2017/02/10 19:00
予測
2017/02/12 06:31
便所
2017/02/12 16:32
蕎麦
2017/02/13 13:11
小麦
2017/02/14 13:25
時給
2017/02/14 19:00
上野
2017/02/15 12:21
参拝
2017/02/17 10:49
服装
2017/02/17 19:00
中身
2017/02/18 00:02
晴天
2017/02/18 00:24
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ