挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蝉だって転生すれば竜になる 作者:あぶさん
27/27

エピローグ 蝉だって転生すれば竜になる


私は暗闇の中にいた。


永遠とも思える、闇の中だ。


土の中に似た暗闇だ。


ここが何処かも、自分が何者であるのかも、わからない。


やり残したことがあるような、とても大切な事を置き去りにしてしまったような気もするが、やはりよくは分からない。



人は死を闇、生を光と捉えるというが、ならばこの場所は死なのであろう。


感触も匂いも、重力も地平線もない。只の黒であった。



しかしなぜだろうか。温度だけはここにある。


死の暗闇の中に、ぬくもりだけはあったのだ。


終ることがないと思っていた永遠の闇に、閉じきったままの暗闇の世界に、暖かい何かが伝わってくるのだ。


遠くの近くから、声が聞こえる。




「‥ねぇねぇ、竜様はいつ産まれるの?」


「もうすぐ、もうすぐ産まれるはずですよ」


「触ってもいい?」


「だだ、だめなんだな。た、た、卵が割れたら大変なんだな」


「こら、ミンミ! 大人しくしてなさい」


「むぅ…、中に竜さんいるんでしょ? 触ったら起きるかもしれないよ?」


「だぁめじゃあ。竜様が自分で起きようと思った時まで、起こしちゃだめだあ」


「寝ぼすけさんだねえ。ずーっと寝てるんでしょ」


「そうよ。もう七年。ミンミちゃんが生まれた日から、ずーっと眠っているの」


「そんなに眠るとあたまがぼーってならないのかなあ。なっちゃうよねえ? ねぇ、ハーピーお姉ちゃん」


「ミンミ! 大人しくしていなさいと言っているでしょう!」


「…巫女様。竜さんは私達の事を覚えていてくださるのでしょうか」


「それは…、難しいと思いますわ。竜の知識と記憶は肉体に宿ります。あれほどの血と肉を失ってしまえば‥、もう」


「…竜さんの卵、私と同じぐらいの大きさになっちゃったね」


「卵が残っただけでも奇跡ですもの。あの時、ユグドラシル様の樹液が死んだ我が君の頭部に流れ込まければ、卵を残すことなど決して叶わなかったでしょう」


「あんなに大きくて、雲の上まで連れて行ってくれたのに…。あの事も全部…、忘れちゃったのかな…」


「忘れているならもう一度教えればいいのです! 知らないことは新しく知ってもらえばいいのです! …だって私は、竜さんにたくさんの事を教えてもらったのですから。今度は私が教えてあげる番なのです!」


「ニュージュちゃん…」


「その通りですわ。まだ物を知らぬ我が君に色々と教えて差し上げる、これ以上の喜びがこの世にあるでしょうか」


「ゲーコゲコゲコゲコ!」


「んだんだぁ。音楽も、木の選び方も削り方も、もう一度ちゃあんと知ってもらうべなぁ」


「トト、トーテムポールの作り方を、お、お、教えるんだな」


「ねえ、ハーピーお姉ちゃん。あのおっきなトーテムポールは竜様が作ったんでしょ?」


「そうよ。皆の大好きなトーテムポールを作ったの。ミンミちゃんはトーテムポール好き?」


「うん、大好き! だってみんな笑っているもの」


「…ミンミ、貴方の名前はね。竜様の鳴き声から頂いたのよ」


「えー、竜様ミンミって鳴くの? お母さんうそつきだよー。竜ってもっと怖い声で鳴くんだよ。ねえ? ニュージュお姉ちゃん」


「いいえ、このトーテムポールを作った竜さんだけは、ミンミンと鳴いていたのです」


「ホント? じゃあ、この竜様もミンミンって鳴くの?」


「それは‥、わかりません」


「ニュージュお姉ちゃんでもわからないんだ」


「‥でも、そう鳴いてくれたらいいなと、いつも思っています」


「うん。また聞きたいな。竜さんの歌」


「ゲーコゲコゲコゲコ…」


「だったらさ、ミンミンって鳴いたら、寝ぼすけな竜様もミンミンって返してくれないかなあ? おんなじ言葉でしゃべったら、竜様も聞こえるんじゃないかな」


「あら。それはいい考えですわね。胎教という言葉もございますし」


「ええ。ミンミが私のお腹にいた頃は、毎日あの歌を聞いていたはずですもの」


「うん。 私が歌えるようになったって、早く知ってもらいたい。触っちゃだめでも、歌うだけなら、いいよね?」


「はい。いつまでも目を覚まさない竜さんに、大きな声で歌ってあげましょう」


「じゃじゃ、じゃあ。みみ、みんなで「せーの」で、う、う、歌うんだな」


「よぉし。んだばいくべえ…、せぇのお!」





「「「「「「「ミーンミンミンミン!」」」」」」」
     「ゲーコゲコゲコゲコ!」





なんだか外の世界というのは、やかましくて、暖かい。


ぽかぽかと体が温まったから。気持ちがいい。気持ちがいいから、もう少し眠るか。そう思った。







―待っています―



その声が、聞こえるまでは。



―貴方がもう一度、鳴いてくれる事を―


音波として、耳に伝わる声ではない。



―わたしにもう一度、出会ってくれることを―


心に、魂に直接、語りかけてくる声だ。



―信じています―


優しく、柔らかく、透き通った、美しい声だった。



―だってあなたは―


ああ、これはあなただ。



―わたしに約束してくれたのですから―


覚えている。



―もう一度、わたしのために鳴いてくれると、約束してくれたのですから―


あなたの事だけは覚えている。



―今度は、私だって一緒に歌うんですから―


名は忘れたが、覚えているのだ。



―貴方のように、大きな声で―


貴方の声を、覚えているのだ。



―こんなふうに―


私の魂が、覚えているのだ。







―ミーンミンミンミン ミーンミンミンミン―







魂が踊った。


それが誰かは分からない。ただ、誰よりも大切な人だと言うことだけはわかった。


待たせている場合ではない。いつまでも、この暗い世界にぐずぐずと留まっている場合ではない。


ずっと会いたかったのだから。ずっと貴方を探していたのだから。



黒い世界を突き破る。


闇の世界を覆う、殻が弾ける。







光だ






そして







あなただ







何をするべきかは、魂が教えてくれた。






『鳴こうよ』






ああ、鳴こう。










ミーンミンミンミン ミーンミンミンミン




















(終わり)

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

理想のヒモ生活

月平均残業時間150時間オーバーの半ブラック企業に勤める山井善治郎は、気がつくと異世界に召喚されていた。善治郎を召喚したのは、善治郎の好みストライクど真ん中な、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全93部)
  • 1369 user
  • 最終掲載日:2017/05/15 06:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部)
  • 1945 user
  • 最終掲載日:2017/02/11 00:00
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10年。両親の死をきっかけに引きこもり脱却を決意し、家の外に出る。が、そこは見覚えのない景色とファンタジー生//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部)
  • 1434 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部)
  • 2142 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全266部)
  • 1593 user
  • 最終掲載日:2017/05/20 18:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全527部)
  • 1717 user
  • 最終掲載日:2017/05/07 22:04
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部)
  • 2439 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
勇者様のお師匠様

 両親を失いながらも騎士に憧れ、自らを鍛錬する貧しい少年ウィン・バード。しかし、騎士になるには絶望的なまでに魔力が少ない彼は、騎士試験を突破できず『万年騎士候補//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全152部)
  • 1502 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 00:00
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部)
  • 1774 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中

 オンラインゲームのプレイ中に寝落ちした主人公。  しかし、気付いた時には見知らぬ異世界にゲームキャラの恰好で放り出されていた。装備していた最強クラスの武器防具//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全149部)
  • 1550 user
  • 最終掲載日:2017/04/25 21:00
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全126部)
  • 1376 user
  • 最終掲載日:2017/04/16 21:09
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部)
  • 1823 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全494部)
  • 2072 user
  • 最終掲載日:2017/05/22 23:45
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られる力をとある生//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全140部)
  • 1814 user
  • 最終掲載日:2017/04/30 06:00
辺境の老騎士

大陸東部辺境のテルシア家に長年仕えた一人の騎士。老いて衰え、この世を去る日も遠くないと悟った彼は、主家に引退を願い出、財産を返上して旅に出た。珍しい風景と食べ物//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全184部)
  • 1477 user
  • 最終掲載日:2017/01/01 00:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全835部)
  • 1703 user
  • 最終掲載日:2015/05/28 11:00
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全153部)
  • 1448 user
  • 最終掲載日:2017/03/02 23:56
詰みかけ転生領主の改革(旧:詰みかけ転生領主の奮闘記)

享年29歳の男――人生をドロップアウトするには早すぎる死だったが、気が付けば領地を持つ上級貴族の息子、ソラ・クラインセルトとして転生していた。 ――主人公の両親//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全243部)
  • 1521 user
  • 最終掲載日:2015/04/10 23:00
オーバーロード:後編

 最強領域の魔法『超位魔法』を発動し、たった一撃で10万以上という敵対する国の兵士を主人公は殺戮する。これにより周辺国家にその圧倒的強者としての存在を大々的にア//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全29部)
  • 1379 user
  • 最終掲載日:2014/12/24 21:56
俺の死亡フラグが留まるところを知らない

その辺にいるような普通の大学生・平沢一希は気が付いたらゲームのキャラクターに憑依していた。しかもプレイヤーから『キング・オブ・クズ野郎』という称号を与えられた作//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全97部)
  • 1382 user
  • 最終掲載日:2017/05/07 23:14
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全407部)
  • 1815 user
  • 最終掲載日:2017/05/18 11:21
堕落の王

気がついたら異世界に転生していた。 寝ていたらいつの間にか望んでもないのに魔王になった。 働かなくていいなんてこの世界、最高じゃないか。きっと日頃の行いがよかっ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全63部)
  • 1404 user
  • 最終掲載日:2015/11/02 00:00
甘く優しい世界で生きるには

 勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全226部)
  • 1432 user
  • 最終掲載日:2017/05/19 12:00
蘇りの魔王

勇者に討たれ、その命を失ったはずの魔王ルルスリア=ノルド。 彼にはやり残したこと、解決できなかった問題がいくつもあったが、悪は滅びると言うお題目に従い、消滅した//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全272部)
  • 1409 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 18:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全441部)
  • 1818 user
  • 最終掲載日:2017/05/22 01:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全288部)
  • 2122 user
  • 最終掲載日:2017/05/22 10:00
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* 書籍版1~6巻//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全120部)
  • 1414 user
  • 最終掲載日:2017/05/20 22:53
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全219部)
  • 1502 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 21:22
↑ページトップへ