挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蝉だって転生すれば竜になる 作者:あぶさん
26/27

幕間

   



生き生き生き生きて生の始めに暗く
死に死に死に死にて死の終わりに冥し    (空海)

 







変わった蝉がいた。


その蝉は何よりも変わっていたが、誰もそれに気付かなかった。


この世界に何億匹といる蝉の、たった一匹の不審な挙動など、誰の興味も惹かなかった。


変わっていたのは、鳴かないこと。


蝉のくせに鳴かなかった。雄のくせに鳴かなかった。


求愛の歌を、生涯で一度も歌わなかった。


蝉はただ、飛び回っていた。


木から木へ、樹液を僅かに舐めとると、すぐにまた別の木へと移っていった。


まるで自分にとっての、たった一本を探しているかのように


その蝉は、短い生を小さな羽ばたきで、ただ一本の木を探すことに費やしていたのだろうか。 


この広い世界にあるたった一本を。


そんな一本が、この世界にあるものだろうか。


蝉の考えることなど、誰にもわからない。


蝉が考える生き物かどうかも分からない。


成虫としての短い寿命が終わると、蝉はアスファルトの上に落ちた。


虫カゴを持った子供が、拾い上げて、捨てた。


黒い蟻が群れをなして運んでいった。




+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ