挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
死神を食べた少女 作者:七沢またり
4/37

第四話 真っ赤なミートパイは美味しい

 ムンドノーヴォ大陸史において、後世、最も多くの物語が創作されたのはこの時代と言って良いだろう。アート迷宮都市における魔物の攻防戦から始まり、星教会の分裂、王都解放軍結成、王国内乱、そして大戦へと向かっていくこの動乱期。
 数多の英雄が現れ、星の数程の英雄譚が残され、そして語り継がれていくことになる。

 その中でも、新生王国民に一番人気があるのは、解放軍を率いた若き姫、アルツーラ・ユーズ・ユニカフェである。
 後継者争いに敗れ追放された亡き父に代わり、圧制に苦しむ民達を憂いて決起した慈愛の人物。最後には無能王を打ち破り、新生ユーズ王国を樹立、初代女王として君臨することになる女性。伝記における彼女の清廉な言動、振る舞いは多くの者の心を捉え、そして魅了していった。

 次点としては、帝国第2皇子であり、大戦後に彼女の夫となるアランだろうか。敵対する国同士の男女の恋物語が、誇張を交えつつも多くの逸話が生み出された。武人としての評価も高く、参加した戦いでは優れた統率力を発揮したとされる。故郷である帝国との折衝に腐心し、女王の横で仲睦まじく補佐を続けたと、ユーズ王国史には記されている。

 その他の人物では、市井の出から英雄街道を歩むことになるフィン、解放軍を勝利に導いた軍師ディーナー、常勝将軍ベフルーズなどが挙げられる。

 華々しい勝者の栄光の陰には、敗者の歴史も存在する。
 仇役として大抵登場させられるのは、、老将シャーロフ、不屈のヤルダー、忠臣シダモなどであろうか。高級貴族のダーヴィト、宰相ファルザームなども挙げられる。
 当然ながら、創作物では都合良く歪曲され、解放軍に気持ちよく叩き潰される憎まれ役だ。


 その歪曲された創作物、あるいは伝記において、一際異彩を放つ描かれ方をする人物が一人いる。
――『死神シェラ・ザード』。
 脆弱な王国軍において、王都解放軍に最も多くの血を流させたと記される女性将校である。家名である『ザード』は途中で継いだらしく、詳しい出自は一切不明。年齢すら分からないという謎めいた人物。そんな彼女の名が、初めて表舞台に登場するのが『アルシア会戦』だ。王国軍と王都解放軍が大規模の兵力を擁して対峙した、初めての戦いである。
 その兵力は王国軍8万、王都解放軍4万。
 王国首脳部の誰もが、勝利を信じて疑わなかった戦いだった。







 アンティグア支城、北部森林地帯廃屋。
 ボルールは自分の娘程の少女に、完全に押されていた。一撃で楽にしてやろうと放った渾身の突きは、軽く払われた。その少女の一撃の重さに、思わず槍を手放すところであった程だ。認識を改め苛烈な攻めを加えていったボルール。
 突き、薙ぎ払い、叩きつけ。
 あらゆる攻撃手法で攻めかかるが、傷を与えることができない。シェラは素早く動き、回避不能と判断した攻撃だけ大鎌で受ける。そして小馬鹿にしたように笑いかけてくるのだ。
 ボルールの体力が尽きるのを待っているかのように。

 数分、或いは数十分だろうか。額から汗が流れ落ち、ボルールの息がようやく荒くなり始めた頃。

「それじゃあ、今度はこちらから行くわよ」

「――ハアッ、ハアッ」

「しっかりと受けなさいよ。私がやったみたいに」

 先程ボルールが仕掛けた通りに大鎌で攻撃を開始するシェラ。巨体のボルールは回避行動がままならず、大鎌の柄から伸びた直刃が鎧を突き刺していく。矢すら弾く鋼鉄の鎧が、易々と破壊される。なんとか大槍で受けようとするが、振り下ろされた大鎌の衝撃は途轍もない。
 一体何で作られているのか。
 とにかく一撃一撃が凄まじいまでに重いのだ。両手が痺れる。膝が崩れる。出血し、体力が消耗されていく。


「くっ! 貴様、何者だ? ただの、一兵卒ではあるまい」

「シェラよ」

 鎌を回転させると、歯を剥き出しにして答えを返すシェラ。

「お前を生かしておいては、必ずや解放軍の災いとなるだろう。この場で、絶対に殺さねばならない」

「頑張ってね」

「ほざけッ!!」

 腰を落し、渾身の突きを放つボルール。回りで呆然と見ている人間には、全く認識できないほどの早さ。裂帛の気合が乗った完璧な一撃。
 それほどまでに見事な突きであった。あったのだが。


「――ば、馬鹿な」

「ちょっと、遅かったみたい。それじゃあその首、遠慮なく頂くわね」

 貫いたと思われた渾身の一撃。
 伸ばされた槍は、大鎌に絡め取られ、穂先は大地に突き刺さっていた。驚愕の声を漏らした瞬間、湾曲した刃が蛇のように蠢いたかと思うと、ボルールの鍛えられた首筋を、軽々と断ち切った。


「ボ、ボルール大佐ッ――」

「た、大佐が」

 言葉を失う諜報隊員達。脱走兵達は目の前の光景を呆然と見やることしか出来ない。


「こいつの首で、また美味しいご飯が食べられそう。わざわざ犬に付いてきた甲斐があったわ」

 ニコニコ微笑みながら、無念の形相を浮かべる首を、無造作に掴み挙げるシェラ。諜報隊員の1人がその暴挙を阻止しようとする。

――その瞬間。


「ギャアアアアアアアアアア!!!」

「邪魔しないでくれる?」

「お、俺の目、俺の目がァアアアアッ!!!」

 腰に隠し持っていた、草刈用の小さな鎌を、準備動作なしに諜報隊員の顔面に投擲したのだ。虚を突かれた隊員の眼部に、切れ味の悪い鎌先が無残に突き刺さった。
 激痛でのたうち暴れ回った後、
『うるさい』と柄で脳天に打撃を加えられた哀れな男は、声一つ漏らさなくなった。

 残された諜報隊員は、恐怖の余り体が震え始める。眼前に迫った死の具現したような存在。最早彼らの目には、少女ではなく、死神の影しか見えていない。死神に勝てる訳がない。呑まれてしまった者に残された道は、祈ることだけである。


「さてと、ちょっと宝探しでもしようかしら。折角ここまで来たことだし、首だけじゃつまらないわ」

 立ち尽くす弱者達を放置し、鎌を弄びながら廃屋へと入っていく。暫くして、中から暴れるような音と、凄絶な悲鳴が聞こえた後、血塗れになったシェラが上機嫌に外へと出てきた。

 赤く染まったミートパイを頬張りながら。

「この遠眼鏡、便利そうだから貰っていくわ。持ち主はもう使えなくなっちゃったし、構わないわよね」

 諜報隊員達が先程まで使用していた魔道具の遠眼鏡。決して渡して良いものではない。
――が。

「……た、助けてくれ」

「そうねぇ。どうしようかしら」

「も、持っていって構わない。だ、だから、殺さないでくれ。お願いだ。た、助けて」

 拷問されても口を割ることがない諜報隊員が、心の底から怯えきっていた。魂を刈り取られるような、根源の恐怖が目前に迫っている。それがたまらなく恐ろしかった。

「このミートパイの代わりに助けてあげる。貴方、果報者ね。一生の運を使い果たしたかも。これからの人生、気をつけなさいよ?」

 小刻みに震える諜報隊員の耳元で、ケタケタと笑いながら小声で囁く。

 荷物が増えた為、何か運ぶのに便利な物はないかと、辺りを調べ始めるシェラ。小屋の裏から聞こえた嘶きをたどると、立派な体つきをした青毛の馬を発見する。
 ボルールがこの小屋に来るために使用した愛馬であった。
 馬は突如として現れた人間に、激しく嘶いて抵抗するが、シェラが細目で睨みつけると、雷に打たれたかのように身動きを止めた。

「これからは私が使ってあげるわ。仲良く一緒に戦場を駆けましょう」

 優しく撫でると、馬は完全に服従したかのように、シェラの前に頭を下げる。よしよしと叩くと、軽快に飛び乗り手綱を握る。熟練者のような捌きで、軽々と巨馬を乗りこなして見せた。



「ま、まってくれシェラ。俺達は、ど、どうしたら」

 そのまま立ち去ろうとするシェラに、脱走してきた小隊長が慌てて問いかける。この場に取り残されたら、この首を失った将官の責を問われかねない。
 かといって、今更アンティグア支城に戻ることなど出来るわけがない。脱走兵に下る罰はたった一つ。死罪だけなのだから。


「行くも地獄、戻るも地獄。好きな方を選ぶと良いんじゃない? 選べるだけ、貴方達は幸せよ」

「そ、そんな」

「私が刈り取ってあげても良いのよ? 行きがけの駄賃でね」

「ひ、ひいっ!」

 鎌を小隊長に向けると、腰を抜かしてしまう。その様子が可笑しかったのか、シェラは軽く笑みを漏らす。食べかけのミートパイを、腰の袋に丁寧に入れると、両手を叩く。乾いた血が手にこびり付いていたのだ。手どころか、全身血みどろなのだが、今のシェラが気付く事はない。

「それじゃあ、さようなら。機会があったら、また」

 軽く手を振ると、馬の腹を蹴って、勢い良く駆け始める。手にはボルールの首、背中には大鎌を背負って。









 アンティグア支城、尋問室。
 馬を駆って派手に帰還したシェラは、当然の如く監視に引っ掛かり、拘束され尋問を受けていた。手には、敵将らしき首を持っていたのだから、尚更である。


「……それで、脱走兵の後についていって、その場に居合わせた敵将の首を取って、馬を分捕って帰還した。お前はそう言いたい訳だな」

「その通りよ。さっきから何度も言っているでしょう」

「そんな馬鹿げた話、誰が信じるか。……と、言いたいところだが、あの敵将の首は本物だとか。帝国軍所属、槍術師範ボルールに間違いないそうだ」

「それじゃあ、もう良いじゃないの。眠いし、お腹も空いたし、そろそろ解放してくれないかしら?」

 両手を伸ばして大欠伸をした後、腰の小袋から食べかけのミートパイを取り出す。
真っ赤に染まった、戦利品のミートパイ。鉄の臭いと香ばしい臭いが混ざり合う。大口を開けて齧り付こうとするが、乱暴に奪い取られて敢え無く阻止されてしまった。
 シェラの顔色が瞬時に変わる。

「今は聴取中だ! 食うのは後に――ッ!?」

「――おい。その首切り取られたくなかったら、私のミートパイを今すぐに返せッ! 二度は言わないわよ? ほら、早くしろッ!!」

 ぬっと右手を伸ばし、憲兵の首を万力のように締め付ける。小さな手ではあるが、ミシミシと嫌な音が憲兵の耳に聞こえ始める。表情が、腹を空かせた獣のように獰猛なものとなっている。

「グ、ま、まてッ。か、返すから、そ、その手を、は、離せ」

 このままでは殺されると判断した憲兵は、掴んでいたミートパイをシェラの目の前に放り投げた。

「……食事の邪魔をしないでくれる? よろしくお願いね」

 剣呑な様子は即座に鳴りを潜め、ご機嫌な様子で頬張るシェラ。
 ゴホゴホと咳き込みつつ、後ろの扉を振り返る憲兵。もう勘弁してくださいという視線を、監視窓から覗いている人物に送る。

 覗いていた人物は、第3軍筆頭参謀の地位にある男。シダモ・アートであった。
 深いため息を吐くと、尋問室の扉を開け、中へと入る。


 脱走兵の数が増加していることに頭を悩ませていたシダモ。身内に内通者がいることは確実なのは分かっていた。だが、まさか門番が堂々と素通りさせていたとは思いもよらなかった。シェラの証言により門番の内通行為が確定したため、即座に拘束、処刑されている。
 それだけで終わるかと思ったら、件の少女が持ち帰った首に驚かされた。
かつて三国で行われた記念式典で、皇族の警護に当っていた男に間違いなかったからだ。
記憶に残っているのは、王国側から警護担当で出席したのがシダモだった為だ。
見るからに猛将といったタイプであり、間違ってもこんな小娘に討ち取れるような相手ではない。だが、現に戦場で活躍するべきだったボルールは、首と胴体を切り離されてしまっている。

――つまり、この少女、シェラはボルールよりも、強いということになる。

 馬鹿馬鹿しいが、それが現実だ。認めるしかない。

「……お前がシェラ臨時少尉か。憲兵への暴行は反逆罪にあたるぞ。以後注意するように」

「はっ。申し訳ありません」

「それと、食べながら喋るのはよせ。上官侮辱罪だ」

「……はっ!」

 強引にミートパイを飲みこむと、椅子から立ち上がり敬礼するシェラ。その仕草に、眉を更に顰めるシダモ。果たして、己の判断は正しいのか、そうでないのか。段々自信がなくなってきている。

「まずは、内通者を発見した一件。良くやった。脱走兵の増加は、頭が痛いところだったからな」

「はっ!」

「この功績により、貴様から『臨時』の肩書きが取れる。今後は少尉を堂々と名乗れ」

「ありがとうございます!」

「そして、敵将ボルールを討ち取った一件。ヤルダー閣下もお喜びになるだろう。だが、今は攻勢準備で多忙につき、これ以上の褒美をやることができん」

「…………」

「そこでだ。私の一存により、貴様を今作戦における特務隊に推薦する事にした。小隊指揮の任は解かれ、別働隊に組み込まれることになるが。手柄を挙げれば、更なる昇進が見込める事は保障する。どうだ、志願するか? もちろん強制ではない」

「はっ、シェラ少尉、志願いたします!」

 一寸の間を置かず即答する。

「……宜しい。詳しくは追って指示を出す。今は体を休めろ。下がってよし!」

「はっ! 失礼いたします!」

 見事な敬礼を行った後、扉を閉めて退出するシェラ。
 尋問室から出た瞬間、『あー慣れない話し方で疲れたわ』と、馬鹿でかい声で愚痴を漏らしたのは、当然ながらシダモの耳まで届いていた。『さっさとご飯にしよう』というところまで丸聞こえである。


「やはり、判断を誤っただろうか。……お前はどう思うか」

「シダモ様の判断と洞察は正しいと思いますよ。あの娘は多分。……いや、間違いなく化け物です」

「……そうか」

 命が助かり、心から安堵した様子の憲兵を見て、シダモは腕を組んだまま暫くの間考え込んでいた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ