挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
死神を食べた少女 作者:七沢またり
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

37/37

外伝2 二人の死霊術師

久々ということで、リハビリがてらシリアスとほのぼの。
余韻を壊したくない方は、前半で終了でOKです。
後半はアレです。
また書く癖をつけたいです。

時系列前半は、ユーズ王国滅亡後。
後半は、新生王国滅亡後です。
 解放戦争から五年が経ったある日、カタリナはシェラに休暇を貰い、とある村を訪れていた。
 この村――モルト村は、都市テナンより東にある小さな集落である。
 『テナンの虐殺』の発端とされる場所であり、住民は全て死に絶え、復興もされないまま廃墟となっているはずであった。
 盗賊の住処となっている、近寄ると病に冒される、朽ち果てた亡者が闊歩しているらしい……などと怪しげな噂が流れていることもあり、モルト村に近寄ろうとする者は皆無だったのだ。

 間もなく夜が訪れようかという黄昏時、カタリナは目的地へと到着した。
 馬を適当な木へと繋ぐと、携帯杖を取り出し警戒態勢を取る。
 村の入り口に当る場所には、小さな椅子に座った四十代くらいの農婦がいる。
 さらに目を凝らして見渡すと、武装した男達が槍を携えて警邏に当っているようだった。
 薄暗い明かりの中を、鎧の擦れる音が妙に響き渡る。その鎧は統一されておらず、部位が破損している物もある。
 統率が執れているように思われるが、時折歩調が乱れている。
 カタリナは一度深呼吸をすると、村の入り口へと近づいていった。


 「いらっしゃい。ここはモルト村だよ。何にもないところだけど、ゆっくりしておいき」
 人の良さそうな農婦が笑みを浮かべて語りかけてきたので、カタリナもそれに応じる。
 「こんばんは。私は星教会、異端審問局所属、審問官カタリナ。この村の長、代表に当る人物に会いたいのだけど」
 腰掛けている農婦はその問いには答えず、相変わらず微笑を浮かべている。
 数十秒経った後、農婦は再び言葉を発した。
 「いらっしゃい。ここはモルト村だよ。何にもないところだけど、ゆっくりしておいき」
 「…………」
 カタリナはフードを外すと、農婦を冷たい視線で見下ろす。
 手を農婦へと近づけるが、特に反応はない。そのまま掌を頬に当てると、酷く冷たく、体温を感じる事は出来なかった。
 「いらっしゃい。ここはモルト村だよ。何にもないところだけど、ゆっくりしておいき」
 溜息を吐くと、カタリナはその場を後にして中へと進んでいく。
 背後からは、常に訪問者を歓迎する、農婦のしゃがれた声が聞こえてきた。

 村の内部は、ひどく奇妙な光景が広がっていた。
 子供達が遊び回り、農夫は小さな畑を耕し、老婆達が井戸を囲んで世間話に花を咲かせている。
 一見すると平和を絵に描いたような光景だが、点在する住居はその全てが朽ちている。
 燃え尽きて黒い煤に塗れた農家。畑は荒れ果て、作物が植えられている形跡はない。農夫は畑の一箇所をひたすら鍬で掘っている。
 その中で、子供達だけがカタリナに気付き、慌てた様子で建物の中へと駆け込んでいく。
 そこは、かつては星神へと信仰を捧げる場所であった神聖な教会。今は星十字が取り外され、奇怪な紋章が三つ彫られていた。
 一つは髑髏。一つは人型。もう一つは、頭部のない人型。これが何を意味するのかは、カタリナには分からなかった。
 カタリナが扉に手を掛けると、子供達が物陰からこちらの様子を窺っているのが見える。
 先ほどの農婦とは違い、人間味を感じることが出来た。生きている気配とも言える。
「ねぇ、貴方達ちょっと――」
 カタリナが声を掛けようとすると、一目散に裏へと逃げていってしまった。
 どうやら怖がらせてしまったらしい。
 仕方なしに半壊している扉を開け、教会の中に入る。内部は更に薄暗く、蝋燭の明かりが一本だけ灯っている。
 他の住居ほど荒れ果てている様子はない。比較的綺麗に整理されている。これならば暮らしていく事は出来るかもしれない。
 先ほどの子供達も、恐らくこの教会で寝泊りをしているのだろう。孤児が廃墟を棲家にするというのは、別に珍しいことではなかった。

 
 教会の内部へ更に歩を進めると、一人の女が神像の前に腰掛けていた。
 この場所には蝋燭の明かりが届いていない。だからカタリナもその存在に暫く気付く事ができなかった。
 女が眺めていた神像の顔面には、赤錆びた刃が突きたてられている。

「いらっしゃい。ここはモルト村よ。……フフッ、良くこの場所が分かったわねぇ。偉いわ、カタリナ」
「……性格の悪い自称義母に教えてもらったのよ。精神に異常をきたした女が、廃村で怪しげな事をしているって」
「あら、失礼ねぇ。ここは廃村じゃないわ。私が魂を注いで築いた楽園よ。これから発展していくの」
 人当りの良さそうな笑みを浮かべる女。カタリナがここを訪れた理由である人物だ。
 女の名は死霊術師エーデル・ワイス。かつて、カタリナの故郷、アートの街を救った英雄の一人であり、千の屍を操る化物だ。
 そしてカタリナをこの世界に呼び戻した張本人でもある。
「貴方の世迷いごとを聞く為に、こんな辺鄙な場所に来たわけじゃない。……でも、最初に感謝の言葉だけは伝えておく。キュロスでは助けてくれてどうもありがとう」
 カタリナは素直に礼を述べる。キュロス要塞防衛戦で、死地にあった自分を救い出したのはエーデルとお節介な一味である。
 もう一度シェラに会えたのは、こいつらが頼みもしないのに助け出してくれたからだ。
「別にいいのよ。義妹を助けるのに理由はいらないわ。ね、そうでしょう?」
「…………」
 親しげに声を掛けてくるエーデル。カタリナはそれには答えない。好意、憎悪、感謝、殺意。この女に対しては、複雑な感情が入り混じったものを抱いているのだ。
「それで、私の愛しのカタリナちゃんは、お礼の言葉を言う為にわざわざ来てくれたのかしら。だとしたら、嬉しいわぁ」
 指を鳴らすと、執事の格好をした老人が、二人分の飲み物を持ってくる。酒ではなく、お茶のようだった。
「……私はいらないわ」
「遠慮はいけないわ。子供達が取ってきてくれた茶葉なのよ。とっても美味しいの。是非、飲んでもらいたいわ」
 虚ろな瞳をした老執事が、強引にカタリナにカップを押し付けてくる。断ろうとすると、更に押し付けてきた。
 仕方なく受け取り、一口だけ飲む事にする。……渋みと甘味が調和して、中々美味しかった。
「美味しいでしょう?」
「そうね」
 カタリナは一気に飲み干し、さっさと用件を伝える事を決める。こんな狂った場所には長居したくはない。この村はイカれている。死人と暮らすなど理解出来ない。狂っていると自覚している自分でも理解出来ない。理解出来ない場所には居たくはない。
「死霊術師エーデル。異端審問官カタリナが命じる。異端ラス・ヌベスが遺した魔術書を全て差し出しなさい」
 杖をエーデルに向けるが、銀髪の魔女は微動だにせず微笑んでいる。その装束は、彼女の好みのピンクではなく、黒衣。
「まぁ、凄い。カタリナは異端審問官になったのね。こんなに立派になって、お父様が見たら、さぞかし喜ぶでしょう」
「御託は良いから、今すぐラスの日記と魔術書を差し出しなさい。私が求めているのは、それだけよ。貴方が持っているのは分かっているのよ!」

「フフッ、そうね。確かに私が持っているわ。……私があれだけ忠告したのに、貴方まで外道に落ちて、禁忌の死霊術に手を出してしまうなんて。本当、血は争えないわねぇ」
「人の事をとやかく言える立場じゃないでしょうが」
「その通りね。でも、今になってどうしてあんなモノを? ……ああ、そうか。独学での限界を感じたのかしら。立場上、死霊術の実験や研究は目立ってしまうものねぇ。もっと愛すべきシェラちゃんの役に立ちたい。そこで偉大で下衆なお父様の遺した研究成果を頼ろうとしたと。なるほど、可愛いわねぇ」
 ラスが聞いたら、血涙を流して喜ぶんじゃないとケラケラと笑い始めるエーデル。
 馬鹿にされ、更にシェラの名前を出されたことでカタリナの頭に血が上る。
「異端として教会に突き出されたくなかったら、さっさと――」
「別に良いわよ。持っていきなさい。ついでに他のもあげるわ。私にはもう必要ないからね」
「え?」
「自分の生き方は、自分で決めないとね。だから、貴方も好きなようになさい」
 呆気ない程簡単に了解し、指を鳴らす。背後からヌッと青白い手が伸ばされ、複数の書物が差し出される。
「――ッ!」
 驚いたカタリナが背後を振り返ると、仮面を付けたローブの人物が真後ろに立っていた。
 一人だけではない。十人程だろうか。全員が真っ白の仮面を付け、直立不動の姿勢で佇んでいる。
「殺気立つのは良いけれど、死霊術師相手に油断しすぎねぇ。見習いとはいえ死霊術師の癖に。貴方、今までに百回は死んでるわ。義姉として悲しくなるから、もっと精進しなさい。何かあっても、もう助けに行くつもりはないわよ?」
「クッ、うるさいッ!」
 イラついたカタリナが、背後のローブの人間を払いのけると、それは力なく倒れ込む。その拍子に仮面が外れた。
 現れた顔は、カタリナの良く知っている人物。カタリナの義母を称する人物であり、アートの英雄。そして、『勇者』にこだわりを持つ、性格の破綻した女。
「乱暴にしないでくれるかしら。壊れたら、作りなおすのに手間が掛かるでしょう」
「こ、これ……は?」
「最近は、貴方のお父様と同じく、人形作りに凝っていてね。精魂篭めて、本人と全く同じように作っているのよ。もちろん、人間とは違うから、簡単な行動しか出来ないけれど。もっと精進しないとね」
 ローブの集団が、仮面を外していく。
 エーデルと親しい人物が現れる。その中には、幼き頃のカタリナ、今はなき父ラスの姿まである。外道に落ちる前の穏やかだった頃の表情で。
「……狂ってる。死人と暮らすだけじゃなくて、イカれた人形ごっこまで始めるなんて。狂ってるわ」
 カタリナが震える手で、眼鏡を触る。恐怖だけではない。目の前の、幼き頃の自分。幼少時のカタリナ。本物と見分けがつかないくらいに精巧だ。限りなく澄んだ瞳が、カタリナを捉えて離さない。
「ご心配ありがとう。でも、私の精神状態は至って良好よ。別に死人と暮らすのが好きな訳じゃないわ。私だけじゃこの村は守りきれない。常に目を光らせてる訳にはいかないもの。だから、死人を使ってるだけよ。奇妙な噂も、私がばら撒いた。誰も近づけさせないために」
 この様子だと、既に無法者を数十名始末している事だろう。その死体は死霊術師の手駒となり再生する。
「それじゃあ、このイカれた人形は!?」
「ただの代償行為よ。死霊術師特有のね。貴方も、分かっているでしょう。それとも、分からないフリをしているのかしら。もしかして、『生き様を見届けたい』なんて、綺麗で都合の良い言葉を使ってないでしょうねぇ」
 エーデルが寂しげに微笑む。思い当たるところのあるカタリナは、思わず目をそらす。
「死霊術なんて外法を使っていると、どうしても“ある”欲求が生じるわ。親しい人がいれば、尚更ね。それを成す事が出来る力が私にはある。……まぁ、勝率は、あまり高くないだろうけど、不意を突けば二割くらいはあるかしらね。あの子、以外にお人好しだから。――だから、ね。私はこの村で静かに隠遁することに決めたの」
「…………」
「そうそう、外にいた子供達は本物の人間よ。ただの戦災孤児。別に魔術の材料にするつもりはないわ。大人になったら、好きなように生きていくでしょう。私も、この村で好きなように生きていく。この村は人間と人形、そして死人が共存出来る唯一の場所なの。私の師、ラスの技術はここで永遠に生き続ける。決して、誰にも邪魔はさせないわ」
 エーデルが淡々と理想を述べていく。新生王国、星教会、夜盗の屑共、誰にも邪魔をさせないと強く言い切ってみせる。
 この女は、もしかしたら、ラスに特別な感情を抱いていたのかもしれない。今となっては分からないが。知りたいとも思わない。
「この狂った村で、貴方は神になる訳?」
「…………」
「あの人は、これを知っているの?」
 もしかしたら、知っているのかもしれない。自分の生き方は、自分で決めろ。あの女の口癖である。
「……私を怒らせないうちに、さっさと出て行きなさい。貴方を見ていると、抑えていた欲求が噴出しそうなのよ。良い子だから、用件が済んだなら、もう行きなさい」
 エーデルが、片手で顔を押さえる。目が徐々に血走ってきているようだ。
 死霊術師特有の欲求が出始めているらしい。カタリナは素直に立ち去る事にした。
「それじゃあ、私は行くわ。……エーデル姉さん、お元気で」
「ええ、カタリナ。……もし良かったら、いえ、覚えていたらで良いわ。数十年後、この村がどうなっているか見に来てくれると嬉しい。私の夢がどうなったか。見届ける人がいてくれないと、少しだけ、寂しいでしょう」
 エーデルが胸を押さえて苦しげに咳き込む。暗がりでよく見えなかったが、顔色が酷く悪い。
 思わず近寄ろうとしたカタリナだが、人形達が回りこんでそれを遮る。
「さようなら、私の可愛い、妹」
 幼いカタリナが、カタリナの手を乱暴に引き、外へと連れ出していく。教会、そして村の入り口まで。
 夢の世界から、カタリナは追い出されてしまった。見送り役を任された幼きカタリナは、小さく手を振ると再び教会へと戻っていった。

「いらっしゃい。ここはモルト村だよ。何にもないところだけど、ゆっくりしておいき」
 入り口では、相変わらず、農婦が訪問客を歓迎している。






 三年後、カタリナは死霊術師特有の欲求に打ち勝つ為、そして、主に長く仕える為に、己の胸に刃を深く突き立てた。

 

 












 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
おまけ(特定キャラのイメージが崩れる恐れがあります) 



 ある日のキュロス要塞。日課の畑作業を終えたシェラは、兵舎食堂で食事を楽しんでいた。
 次の芋の収穫までには時間があり、美味しくする品種改良もまだまだ道半ば。
 ということで、今日並んでいるのはキュロスで採れたものではない。マドロスのケリーから送られてきたデカイ瓜である。
 形は歪だが、味は抜群ということで売り込みに来たのである。ケリーも南方の諸国連合地帯から取り寄せたらしいが、マドロス瓜として売り出すつもりらしい。これは負けていられないと、シェラも早速瓜の料理に喰らい付いているという訳だった。
 今食べているのは、瓜を半分に叩き割り、中身をくり貫いて色々な具を詰め込んだ奇妙な料理だ。くり貫いた中身は、煮物として登場してきた。パンとの相性は抜群だ。
 食堂にはキュロス所属の兵士達。そしてシェラの隣には何故かベローチェがいる。非常にご機嫌な様子だ。
 領主とはそんなに暇なのだろうかと思うが、仕事は参謀のディマが全てこなしているらしい。
「シェラ様、この瓜、美味しいですね!」
「そうね。本当に美味しいわ。早速植えてみたいわ。どうやって育てるのかしら」
「後で調査しておきます!」
「よろしくね、ベローチェ」
「はい!」
 立ち上がり敬礼しようとするベローチェを押さえつける。食べているときにそういうのは必要ないからだ。
 楽しく美味しく食べなければいけない。それがこのキュロスでの決まりだ。
 そんな和やかな食堂に、顔色の悪い死霊術師――カタリナが飛び込んできた。扉を勢い良く叩き開け、鬱陶しいくらいに息を荒げている。
「……食事中に、うるさいわね」
「シェ、シェラ閣下!!」
「そんなにでかい声を出さなくても聞こえているわ、カタリナ補佐官。うるさいのよ」
「申し訳ありません。ですが、至急の報告があり、駆けて参りました!」
 ずれた眼鏡を得意気にかけなおすカタリナ。手には大事そうに一冊の本を抱えている。
 シェラは何だか嫌な予感がした。
「で、どんな報告なのかしら」
「はい、先日から纏めていました、『シェラ伝』が遂に完成しましたので、ご報告に!」
「……シェラ伝? なんですか、それ」
 口を挟むベローチェ。カタリナがギロリと睨みつける。そして見下ろしながら偉そうに語る。
「偉大なシェラ閣下の半生を、忠実な第一の副官である、この私、カタリナ・ヌベスが纏めた至高の一冊よ。既にこの要塞所属の兵に行き渡るように手配しているわ。そうそう、貴方にもあげるから」
 カタリナがベローチェに手渡そうとするのを、シェラが遮って奪い取る。そして中身をパラパラと捲る。
「……この伝記には、絵が入っているの?」
「はい。シェラ様の素晴らしきご活躍は、とても言葉では言い表せないので、私が直々に画家に依頼して描かせました。そして私が色々と手直しを加えました」
 なるほど、確かに絵は上手いのだろう。どこの貴族なのだろうという麗人が描かれている。髪も長髪で、背丈も長身である。
 共通点は、髪の色と性別、大鎌を持っていることぐらいだろうか。
「……これは、一体誰?」
「勿論シェラ閣下です。私の目から見たものなので、“多少の差異”はあるかもしれませんが」
「私の目に、妙な星が沢山光っているのだけど。人間の目はこんなに輝いていないでしょう」
「“多少の差異”の範囲内です」
「…………」
 死人になると、頭の働きも鈍るのだろうか。真剣にカタリナの頭を心配するシェラ。
 絵も凄まじいが、中の文章も色々と酷い。いつの間にか、十万人の反乱軍を殺戮し、百万の軍勢をシェラの一喝で追い返したことにされている。追い返したのに、どうして王国はベルトゥスベルクの戦いで負けたのだろうか。それは書かれていない。
 そして女王アルツーラの病死は、実はシェラの仕業だった“らしい”とされている。これにはあの説教好きなシダモ参謀も驚くことだろう。
 ディーナー暗殺の真相など、事実も書かれているのも始末に悪い。嘘と真実が半々で書かれている。シェラは適当に目を通した後、本を閉じる。
「何か、問題があったでしょうか?」
「……いや、なんでもないわ。折角だから、あなたもご飯食べていきなさい」
「はっ、ありがとうございます」
 カタリナは席に着くと、さっそく食事の準備を始める。
「これは貴方にあげるわ。とっても面白そうな作り話よ」
「は、はい。ありがとうございます!」
 シェラは本をベローチェに投げ出すと、食事を再開した。
 こんな馬鹿馬鹿しい本、誰も信じないし、気にすることもないだろう。どうでもよいことだ。
 という訳で、シェラは気にしないことにした。
 ベローチェは目を輝かせながら、本を読み始めている。食事中に行儀の悪い事だと、シェラは思った。
 が、美味しければ良いということで、特に気にしないことにした。

 
 この『シェラ伝』は、キュロス要塞から大陸各地へ少量ながらも(ベローチェの手により)ばら撒かれ、様々な憶測、噂話を生む事になる。
 やがて、大陸有数の“奇書”の一つとして語り継がれていく事になった。

シェラ伝 ○明書房 著者:カタリナ・ヌベス
カタリナによって美化された挿絵。
http://www.pixiv.net/member_illust.php?illust_id=41328727&mode=medium

新しく連載を始めている「ロゼッタは引き篭もりたい」
にてシェラさんが出ています。宜しければ見てやってください。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

賢者の弟子を名乗る賢者

仮想空間に構築された世界の一つ。鑑(かがみ)は、その世界で九賢者という術士の最高位に座していた。 ある日、徹夜の疲れから仮想空間の中で眠ってしまう。そして目を覚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全238部分)
  • 6200 user
  • 最終掲載日:2017/11/20 12:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全288部分)
  • 6974 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 18:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 7857 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
理想のヒモ生活

月平均残業時間150時間オーバーの半ブラック企業に勤める山井善治郎は、気がつくと異世界に召喚されていた。善治郎を召喚したのは、善治郎の好みストライクど真ん中な、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全94部分)
  • 5852 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 00:10
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

◆カドカワBOOKSより、書籍版11巻、コミカライズ版5巻発売中! アニメ放送は2018年1月予定です。 ※書籍版とWEB版は順番や内容が異なる箇所があります。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全554部分)
  • 6849 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 18:00
リアデイルの大地にて

事故で半身不随となった“各務桂菜”は、ある日停電により死んでしまい、直前まで遊んでいたオンラインゲームの世界へ。 目覚めてみればゲームをしていた時代より更に20//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全75部分)
  • 5897 user
  • 最終掲載日:2017/03/26 21:20
勇者、或いは化物と呼ばれた少女

むかしむかし、あるところに平和に暮らしていた少女がいました。 ところが、突如として世界は闇につつまれ、血に飢えた魔物達が現れたのです。 女神様の神託に選ばれた少//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全39部分)
  • 5735 user
  • 最終掲載日:2015/10/23 18:02
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全133部分)
  • 6878 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 20:09
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 6961 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
詰みかけ転生領主の改革(旧:詰みかけ転生領主の奮闘記)

享年29歳の男――人生をドロップアウトするには早すぎる死だったが、気が付けば領地を持つ上級貴族の息子、ソラ・クラインセルトとして転生していた。 ――主人公の両親//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全243部分)
  • 6464 user
  • 最終掲載日:2015/04/10 23:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全850部分)
  • 6947 user
  • 最終掲載日:2017/11/14 10:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 7601 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 6404 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 20:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 6096 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
黒の魔王

黒乃真央は悪い目つきを気にする男子高校生。彼女はいないがそれなりに友人にも恵まれ平和な高校生活を謳歌していた。しかしある日突然、何の前触れも無く黒乃は所属する文//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全636部分)
  • 5702 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 17:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 8868 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全677部分)
  • 6188 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 12:18
オーバーロード:後編

 最強領域の魔法『超位魔法』を発動し、たった一撃で10万以上という敵対する国の兵士を主人公は殺戮する。これにより周辺国家にその圧倒的強者としての存在を大々的にア//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全29部分)
  • 6007 user
  • 最終掲載日:2014/12/24 21:56
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全242部分)
  • 6572 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 00:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 7905 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
勇者様のお師匠様

 両親を失いながらも騎士に憧れ、自らを鍛錬する貧しい少年ウィン・バード。しかし、騎士になるには絶望的なまでに魔力が少ない彼は、騎士試験を突破できず『万年騎士候補//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全152部分)
  • 5811 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 00:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 9209 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 9758 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部分)
  • 6828 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
オーバーロード:前編

 未来に存在するVRMMO『ユグドラシル』のサービス終了の日。最強クラスのギルドの一角である『アインズ・ウール・ゴウン』のギルドマスター『モモンガ』は、メンバー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全98部分)
  • 5821 user
  • 最終掲載日:2012/04/01 13:25
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全131部分)
  • 6363 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 20:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 6305 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 18:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 8883 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
↑ページトップへ