挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
妹がブラコンすぎる件 作者:糸こんにゃく
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/2

妹がブラコンすぎるんだが

初投稿なので改善点があればコメントにお願いします
「ピピピピ、ピピピピ」
時計のアラームがなり、僕はまどろむ意識を覚醒させた。
「あう、もう朝か」
僕はベットから降りようとすると、何かにぶつかった。
僕は、またか、と思いながら布団をめくると、やはり妹の香織が眠っていた。
「ふぁ〜、おはようございます兄さん」
「香織、なんでここで寝てるんだ?」
と、僕が聞くと、香織はそれが当たり前かのように
「兄さんが寝ていたからですよ」
と、笑顔で返事をしてくれた。
「僕の布団に入ってこないでって何度言ったらわかるのさ!」
「何度言ってもわかりません。私は兄さんを愛してますから」
「だから、兄妹にそんなこと言わなくてもいいから」
「血が繋がってないから問題ないはずです!」
そうなのだ。
僕と香りは血が繋がっていないのだ。
両親が再婚し僕の母になった人が連れていたのが香織だった。
「そういう事じゃなくてだな」
「そんなことよりも、遅刻してしまいます。早く着替えて朝ごはんを食べましょう」
と、誤魔化して香織は1階に降りていった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ