挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
坊っちゃま(夏目漱石:坊ちゃんスピンオフ) 作者:亮さん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

7/20

第7話 同僚の山嵐、野だいこ、マドンナ

さぁ、賑やかになってまいりました。
坊っちゃま、夏近くになり、一緒に働く先生のことたちがだんだんわかってきた。
この学校には、マドンナと呼ばれる若い綺麗な女性の書道の先生がいること。

数学の教師で頭の悪いやつと特に特進科の生徒を贔屓して、普通科の生徒たちを馬鹿にして卑下して下卑た笑いをする野太い声のやつを野だいことあだ名する。野だいこは、この学校で唯一、東大卒である。

そして、山嵐。もっとも坊っちゃまと気があう国語の教師である。
本当の名前は、五十嵐であるが登山部の顧問で本人も山登りが趣味であるために生徒たちに山嵐と呼ばれている。
坊っちゃまも生徒たちにならって山嵐と呼ぶ。
次回から夏休み編突入です。少し休ませて。6時半ぐらいになったらまた投稿するから。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ