挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
坊っちゃま(夏目漱石:坊ちゃんスピンオフ) 作者:亮さん
1/20

第1話坊っちゃまの小さい頃

おもったより、字数が伸びませんね。
ずっと文字数少なめで平気かもしれません。
まぁ、ぼちぼちやってまいります。ら

神奈川県茅ヶ崎市、地主の息子として坊っちゃま生まれる。
とても力強く破天荒な性格。己が道をただひたすら行く。
しかし、弱い者を助け、強いものに立ち向かって行く強さを持つ。
特に小さい頃は、野山を駆け巡り、昆虫採集などに没頭する。
その一方で男の性分であるというかメカニックなことに興味を持ち、飛行機の模型をつくったりした。
その趣味が高じて理系の大学にいき、化学の教師になる。
藤沢の私立男子高校の教師であった。
今日は昼飯を自分で作ら予定です。
マヨコーントーストとツナコーントーストを作り、アイスコーヒーと一緒に食べます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ