挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

殺し屋ホリデイ

作者:埴輪
 戦争は終わったが、争いが絶えることはない。

 グレイス・シティには二種類の人間が暮らしていた。エーデとラム。支配する者と支配される者。一級市民と二級市民。
 市長のアルバ・グレイスが二級市民の居住区である第八セクターの工場区画化を決定した事を受け、発生したささやかなテロ。これが、全ての始まりだった。

 市長の娘リリアがお見合いを抜け出して向かった先は、フェイがマスターを務める琥珀亭という名の小さな喫茶店。リリアの目的は珈琲……ではなく、「銃」だった。

※各作品へのご意見・ご感想(レビュー)には、著者本人がコメントさせて頂きます!
プロローグ
2016/01/10 15:37
第1話
2016/01/10 15:39
第2話
2016/01/11 18:59
第3話
2016/01/12 15:12
第4話
2016/01/13 18:55
第5話
2016/01/14 19:19
エピローグ
2016/01/14 19:21
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ