挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
きれいな骨 作者:松宮星
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/4

九月十七日

 秋のはじめにラビが死んだ。

 ウサギ用ケージ(檻)の中で全身を伸ばして横たえてるラビを見て、悲しかったけれど、私はホッとしてもいた。
 ああ、よかったと、思った。これでラビは楽になったんだと。

 一年半もラビは具合が悪かった。ずっと皮膚病だったのだ。かゆそうに後ろ足で背中をかいてばかりいた。白黒の毛皮の下の背中の表皮は白くなり、カサカサに乾いてそげ、その下のピンク色の肌が(あら)わとなった。
 お母さんはラビを動物病院に連れて行った。
 多分、細菌だろうとお医者さんは言って、むけた背中の皮で検査をした。結果がわかるまで二週間かかると言われ、その間、かゆみ止めのシロップと粉薬が出た。
 プラスチックのスポイトで口の中にかゆみ止めを流し込み、粉薬をまいたジェル状の甘味を前足につけてなめさせた。
 好き嫌いの激しいラビは大暴れするので、薬をあげる時は、お母さんと二人がかりだった。
 二週間後、細菌ではなかった、カビかもしれないとお医者さんは言って別の薬を出した。
 でも、一ヶ月経っても、背中はちっとも良くならなかった。お医者さんは又違う薬を出したけれど、薬を変えても同じだった。
 そのうち左の眼が白く濁ってきた。
 お医者様は白内障(はくないしょう)かもしれないと言った。だけど、おじいさんだからもう手術には耐えられないだろうって。お母さんは手術はしないと言った。私もそれがいいと言った。
 右の眼も白くなった。
 ラビは視力を失った。でも、ケージから出すと、見えているのかと思うほど元気よく部屋の中を走り回った。
 けれども、春には下半身が麻痺(まひ)してしまった。腰麻痺(ようまひ)というらしい。
 後ろ足の間にはやわらかなフンがたまった。盲腸糞(もうちょうふん)だ。ウサギは丸いコロコロしたウンチと、あんこみたいなベチャッとしたウンチの二つをする。ベチャッとしたウンチをウサギは食べる。二度消化しているんだ。それを食べないとウサギは生きていけない。
 コロコロのウンチは匂わないけど、盲腸糞は臭い。ウンチをすると匂いですぐにわかる。したばっかりのウンチなら指やツマヨウジですくって、口に持っていってやった。
 でも、外出してて家に誰もいなかったりすると、ラビのモモの辺りは、すごい事になった。乾いた盲腸糞がベッタリとくっついて毛がガビガビになるのだ。
 取れる時はティッシュで、駄目な時はかたく絞ったタオルで拭いてあげた。
 エサを掌にのせて口の側に近づけると、ガツガツ食べた。牧草も食べた。水もガブガブ飲んだ。
 動けなくなっても食欲は旺盛(おうせい)だって笑っていたのに、夏になったら、あまり食べなくなった。
「こりゃ、夏は越せないな」
 と、お父さんは言った。私もそうだと思った。
 だけど、一日三回だった食事時間を一日五回にしたら、食事の量は増えた。いっぺんに食べられなくなっただけだった。
 ラビの世話の時間は、どんどん長くなった。エサやり、水やり、ウンチの片付け、体の向きを変える。
 自分じゃ背中をかけないラビの代わりに、お父さんもお母さんも寝転がっているラビの背中を毎日、何回もかいてあげていた。

 そして、今日を迎えたのだ。

 昨日の夜、お母さんが『もうそろそろ駄目かもしれない』と、言った。四回目のエサをあまり食べず、五回目のエサにまったく口をつかなかったからだ。大好きな乾燥リンゴの粒は一つだけ食べたそうだけど。
 でも、こんなに早く亡くなるとは思っていなかった。

 土曜日で、その日はクラブもなかったので、私は昼からゲームをしていた。
 その時に立ち会ったのは、お母さんだけだった。

 ケージからヒィヒィというかすれた声が聞こえたそうだ。
 お母さんが用事の手を止めて中を見ると、ラビは痙攣(けいれん)していたらしい。
 お母さんは急いで近寄り、背中を撫でてあげ、声をかけてあげた。
 だけど、ラビはパタンと動かなくなったそうだ。電池が切れたみたいに突然に。
 白くなった目を半ば開いたまま。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ