挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

エタるな危険

「この連載小説は未完結のまま約○○以上の間、更新されていません。」←自分のやつにのるこいつマジで嫌い。
拝啓

相変わらずの生活をしているのでしょうか?

この間愚痴っていた問題は解決しましたか?

病気や怪我はしていませんか?

私達は変わらず、あなたのくれた世界で生きています――。



――この連載小説は未完結のまま約2ヶ月以上の間、更新されていません。


いつからだったか、その物語が停滞したのは。


いつからだったか、夢中だったものに無関心になったのは。


飾らない気持ちで電子の筆をとりキーボードを叩いた。いつからか、他人の評価を気にして画面を叩いた。

いろいろなお話しが頭をかけめぐり、こんな話はどうだろう?あんな話はどうだろう?

誰か笑ってくれるだろうか?共感してくれるだろうか?

並べる言葉は人の心を埋めて、君のお話しが人の心の雨を止めて、笑顔の虹をかける。

ほら、またひとり。掌に物語がひとつ。

誰かが君の帰りを待っている。

――この連載小説は未完結のまま約1年以上の間、更新されていません。


生まれたキャラクター、可愛くかけてるかな?こんなシーンはどうだろう?最高にカッコイイ台詞。

止まったままで、持っている剣は振りかぶったまま。

発動した魔法は届かないまま。

それでも、まだ君の帰りを待っている。

あのヒーローが、ヒロインが。

――この連載小説は未完結のまま約3年以上の間、更新されていま…。


「ただいま。待たせたな。」


まだ書ける。何度だって描ける。

諦めは結果の途中。ほら、まだまってるよ。

ずっと待ってる。画面の前君が座ってる。


変わらない、終わらない、君の物語。

君にしか書けないお話。

君だけのキャラクター。

君だけの言葉。


継続は力となり、終わらない始まり。

振りかざした剣は悪を切り裂き、唱えた魔法は世界を救う。

時間に追い付いて、追い越して。



――この連載小説は未完結のまま約…。


ほどけていく停滞、進みだす秒針。評価の向こうにある君だけのトロフィー。


――この連載小説は未完結…。


だからこそ続いていく。繰り返す物語。


言葉の雨を浴びた文字はエンディングで花咲かす。


ほら、またひとり。

画面の向こうに、掌の中に、君の書いた物語。




――この連載小説を更新しました!!
いろんな事情があって更新されない物語がある。エタるのは仕方ないのかもしれない。それでも思い出したときに、もう一回書いてみようかな?と、はじめられたら素敵だと思いました❗(´・ω・`)✨きゅぴーん

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ