挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

偽愛サーキュレーション

作者:藤夜アキ
 愛のために愛する、そんな悲しい嘘。
「愛してる」なんて、もう口に出来ない。
 あなたに愛されるために。
 私を嫌いにならないために。
 全て、私のため。
 あなたにしてあげること、全部。
 誰より優しい彼女。
 誰より冷たい彼女。
 言葉は違うのに、意味は同じ。
 どこで歪んでしまったの、そう思って振り返っても。
 私は同じ顔で笑っていた。
 初めから、そうだった気がした。
 あなたのために愛する、そんな本当の愛。
「愛してる」なんて、全部口から出任せ。
 あなたに愛されるために。
 私が死んでしまわないために。
 全て、私のため。
 あなたにしてあげたこと、全部。
 何より素敵な彼女。
 何より最高な彼女。
 言葉にすると、余計に陳腐。
 どこで歪んでしまったの、そう思って振り返っても。
 私は同じ顔で笑っていた。
 前世から、そうだった気がした。

 壁越しに。ガラス越しに。鉄柵越しに。
 愛した。愛された。
 愛された。愛した。
 でも、あなたは代名詞。
 代わり得る。
 代わり得てしまう。
 いつか私が愛した人も。
 いつか私が愛する人も。
 私の愛は、変わらない。
 当てはめる、入れ替える。
 愛した。
 でも、愛せてた?
 愛された気になって。
 愛せた気になれたら。
 私の愛は、終わっていた。

 演目は変わる。
 私が死んで、また私が生まれたら。
 愛のために愛する、そんな悲しい嘘。
「愛してる」なんて、また口に出してる。
ラメント。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ