挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
婚約破棄されたのは王女様でした!? 作者:璃漓珠
1/8

~登場人物紹介~

 作者自身も登場人物とかの名前を忘れそうなので登場人物紹介書いときます!
ユリア・メリデ・リーロッサ 15歳

リーロッサ王国の王女。身分を隠し、公爵令嬢ユリア・ローズという名前を使い学園に通っている。婚約者にも何も知らせていない。


アベル・ルキアス 16歳

ルキアス公爵家子息、ルキアス次期公爵。ユリアの婚約者。ユリアが王女ということを知らない。少しずつシャルロットを好きになる。


オスカー・エイベル 16歳

エイベル公爵家子息、エイベル次期公爵。ユリアの元婚約者候補だが、ユリアが王女だとは知らない。今でもユリアと仲がよい。


シャルロット・ルミス 15歳

アベルに近づいた女。アベルの他にも高位の貴族の息子に近づき誘惑している。


シャルル・ラフィウル・リーロッサ

ユリアの父。リーロッサ王国の王。ユリアと妻である王妃リアンを溺愛している。また、餓えている民に食料を与えたりまぁまぁな良き王。


リアン・メリデ・リーロッサ

ユリアの母。リーロッサ王国の王妃。一人娘のユリアを溺愛している。また、仕事で疲れた王を癒やす良き王妃。


ヘンリー・ブラウン

宰相の息子。シャルロットの取り巻きその1。


アレン・クライル

近衛隊長の息子。シャルロットの取り巻きその2。


ケビン・サイルズ

サイルズ侯爵家の息子。シャルロットの取り巻きその3。ボブの兄。


ボブ・サイルズ

サイルズ侯爵家の息子。シャルロットの取り巻きその4。ケビンの弟。


ユリアが使っている偽名、ローズ公爵家について。
ローズ公爵家とは、何代か前の王女が輿入れした公爵家である。なので王家の血を引いていることになるため、嘘はついていない、とユリアがローズ公爵家の令嬢を名乗ることを決めた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ