挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
竜の都で謳う姫 作者:光太朗

第五章 想いの価値

15/15

5-1


 少しずつ、少しずつ。
 イリスは思い出していた。
 自らの意志に関わらず、それはまるで厳重に封のされた袋に、穴が開いてしまったかのように。そこから砂が、こぼれ落ちて来る。
 降り積もるその場所に、イリスが立っている。
 避けてしまえばいいのだ。簡単なことだった。
 しかし動けない。
 動かない。
 馬鹿みたいに砂を浴びて、一粒一粒の色や形を、見ている。
 母と二人で、過ごした日々。
 悲しみの日。
 そして、目覚めたあの日と、それからのこと。
 不意に、揺れるものがあった。
 黒く輝く、小さな光。
 魅了される、心奪われる、澄み切った淀んだ光。
 いつ、見たのだろう。
 目が離せなくなる。
 これを見たのは、見せられたのは、いつ。
 囁く声は、いつ、誰が。
 どこから。
 どこまでが。
「止まれ」
 強烈な閃光を思い出す。押し寄せてくる。同時にひどく冷静に、こちらを制止する声。昂ぶるばかりだったイリスの、その胸の内が、静まる。
 これは記憶だ。
 記憶であるはずだ。
 確かに、在った。
 救われた。
 はず。
「だいじょうぶ、君は幸せだ」
 誰かの声。
 幸せだと告げられる。
 それは決定事項だった。
 わたしは、しあわせ。
「ここは、素晴らしい国だよ」
 すばらしいくに。
「君は、この国に、生きるんだ」
 不意に、声が変わる。
 別の誰かが、ひどく優しく、甘く、囁いている。
「恋をするといいよ」
 イリスの思考は、いつもここで止まるのだ。
 それ以上は考えたくなかった。
 だから、決められないでいた。
 キオンは、待つといっている。
 この地に残る町の人々は優しく、とりわけパメラは、イリスのことを気遣ってくれている。
 ここにいたいのか、それとも。
 イリスはその答え自体、考えることを避けていた。
 考えてしまったら思考に支配されて、どうにかなってしまいそうだった。
 できるだけ心をからっぽにして、なにもない、なくなってしまった部屋に、すわり込む。
 気づいてしまったことも確かにあったが、それからも、目を逸らした。
 ここは、居場所では、なかったのだろうか。

   *

 どういう関係なのかと、聞かれることがある。
 その度、ウェルナーは仏頂面で、答え続けた。同居人だと。行く当てのない彼女を保護しているのだといったこともある。
 イリスは外向的だ。物怖じせず、誰にでも話しかけ、ころころと表情を変え、よく笑う。壁というものを作らない。悪くいえば、警戒心がない。
 彼女が何者なのかはわからずとも、彼女がある問題を抱えていること、その一点だけはウェルナーも経験として承知していた。アレックスから依頼されるまでもなく、ずっと気を張っていたのは確かだ。彼女を心配していたのだといえば聞こえはいいが、本当にそうなのだろうかと考えてしまえば、答えは出ない。
 間違いなく義務だった。そういう事実があるのだから、それは揺るぎない。
 しかし、それだけではなかったのも、確かだ。
 なぜ、いま、馬を走らせているのか。
 その必要はない。必要だから行くのではない。
 ウェルナーは考える代わりに先を急ぐ。間に合わない可能性もあった。選択によっては、そもそももうこの国にいないかもしれない。
 考えることは苦手だ。
 動いているほうが楽だった。
 国のためにどうあるべきかはいつだってアレックスが考えていた。どう動くのが効率的なのか、それを考えるのはニーノだ。
 ウェルナーの役割は、考えることではない。
 信じて、動くこと。
 いままでは、それだけでよかった。
 竜を狩ることに疑問を覚えたことなど、一度もなかったのだ。
 吸い込んだ息を飲み下し、ウェルナーは馬を止めた。
 まだ日は暮れていない。脇目もふらず、ここを目指した。キトラを通り抜ける必要がなかったことに、心のどかかで安堵し、そして嫌悪する。
 休むことなく走らせ続けた相棒から降りて、謝罪するように額を寄せた。目を細めて頭をすりつけてきた愛馬の、耳のうしろを撫でる。澄んだ瞳はなにかいいたげのようにも思えたが、ウェルナーはかすかな苦笑を返すのみだ。風を切ることがなくなった身体に、鎧と剣の重みがのしかかる。慣れ親しんだ、ともすれば心地よいはずの重みだ。しかしいまは、それらをすべて取り払ってしまいたい気持ちがあった。
 愛馬を森の入り口に待たせ、それを仰ぎ見る。
 森の向こう側、まるで町から身を隠すような位置に佇む、ウェルナーの家。
 正確には、ウェルナーの家ではなかった。ここは、イリスとウェルナーの家だ。彼女と出会ったあの日から、ここで共に暮らすよう指示され、キトラの中心部から越してきた。そう手配したのは、やはりアレックスだ。すべてが義務であり、仕事。しかし、彼女は。
 あの好意の目を、忘れられない。
 その目を向けられるたびに、ウェルナーはたまらない気持ちになった。
 常につきまとう、後ろめたさ。彼女はおそらく知らなかったのだ。世間知らずというだけではなく、人そのものを。だから、懐いた。まるで雛鳥のように、外の世界に生まれ出て、最初に見たウェルナーという人間に。
 だからこその、罪悪感。
 しかし、事態はより最悪だった。それだけではないのではないかという推測が、ほとんど確信として、ウェルナーの胸にある。
 どこからどこまでが、アレックスの策だったのだろう。
 いまならわかる。恋をさせろという、あのどこかとぼけた台詞には、恐ろしく重要な意味があったに違いないのだ。
 ウェルナーは息を吸い込んだ。いると決まったわけではない。できるだけ気負わず、しかしどうしても緊張した足取りで、親しんだドアへと近づく。
 手を伸ばし、人の気配に眉を上げた。鍵はかかっていない。あの日、あの後、鍵がかけられたかどうかはウェルナーの知るところではない。考えるよりも早く、勢いよくドアを開ける。
「……やあ」
「──!」
 そこにいた少年──あろうことかダイニングテーブルでくつろいでいたらしい──を見て、迷わず大剣を引き抜いた。
 床を蹴り、一度の踏み込みで目前に迫る。左後方に構えた剣を水平に叩き付けるが、標的は椅子から転がり落ちるようにして刃から逃れた。
「っ、危ないな、野蛮なナイトだね」
 目を見開いて、驚きを隠そうともせずにそんなことをいう。ウェルナーの思うよりも人間らしいその態度に、なぜか染みのような黒い気持ちが生まれた。ウェルナーは舌打ちし、剣を構え直す。
 しかしキオンは冷静だった。驚いたのは一瞬だけで、すぐに冷えた瞳になる。
「ぼくは、君には一定の信頼を寄せていたんだけど。もちろん怒ってもいる。彼女を泣かせたね。君に任せるといったのに」
 キオンは何事もなかったように服の裾を払うと、倒れた椅子を直してもう一度すわる。斜めに見上げるようにして、赤い髪と対照的な青い瞳が、ウェルナーを見つめた。
「それで、なんの用?」
「どうして貴様がここにいる」
 怒りがウェルナーを支配していた。冷静であれと忠告するものはこの場にいない。冷静である必要もなかった。大剣を構え直す。
「ぼくを斬ればイリスが悲しむよ。ぼくが血だらけで倒れてごらん、ぼくの手を取ったせいだと、彼女は自分を責めるだろうね」
「イリスはどこだ」
「どうして泣かせたの」
 ウェルナーの肌が波打つような感覚に襲われた。泣かせた覚えなどない。しかし泣いたのだという。この町の現状を見て、知ったのだろう。柄の形が変わるのではないかというほどに、大剣を握る手に力がこもる。
「泣いたのか」
「なにしに来たの」
「どうして、イリスを攫った」
 ウェルナーはキオンの問いに答えるつもりはなかった。それはキオンも同じなのだろうう。お互いに腹を探り合うというよりも、ただ気持ちをぶつけているだけだ。
 平行線だった。平行ですらない。
「彼女はどこにいる」
「あのさあ」
 とうとう、キオンは呆れたように肩をすくめた。
「自分ばっかりだね、君は。少し冷静になりなよ。ぼくは彼女を誘っただけで攫ってなんかいない。彼女は自分の意志で、この町の住み慣れた家に行きたいといった。だからここにいる。わかる?」
「信じる理由がない」
「竜は嘘をつかないよ」
 ウェルナーは微かに目を見張った。不意打ちだった。予感がなかったわけではない。とはいえ、あっさりと名乗るとも思っていなかった。
「ぼくは、イリスの味方だ。君が彼女のナイトである限り、君の敵であろうとも思わない」
 澄んだ瞳と、そこに映る己を見つめ、言葉の意味をゆっくりと咀嚼する。やがて、ウェルナーは剣を下ろした。背負う鞘に音を立てて仕舞う。
「わかった」
 苦々しくうなずいた。浮き彫りにされるのはここで剣を振るうべきではないという現実ばかりで、斬りつける理由を見つけることができなかった。
 なにより、彼女に自責の念を与えるわけにはいかない。
「イリスは二階だよ。一人にして欲しいといっていた。そのうち、降りてくるさ」
「二階だな」
 ウェルナーは真っ直ぐに階段へ向かった。キオンの座るダイニングテーブルを通り抜け、その向こう側へ進む。
「一人にして欲しいと、彼女がそういったんだ」
 キオンはいかにも信じられないといった様子でそう言葉を重ねた。
「君はまた、彼女の意志を無視するつもりなの」
「俺は、イリスに一人にしてくれと頼まれた覚えはない」
 それ以上はキオンを見なかった。制止の声が続いた気もしたが、聞く必要はないと判断した。落ち着けと自らにいい聞かせながらも、足が急く。
 ウェルナーは知っているのだ。いま、彼女の部屋がどういう状態にあるのかを。そんなところに一人で置いておけるわけがなかった。
 鎧と大剣とが金属音をかき鳴らす。ウェルナーはノックなどということもまったく考えなかった。二階に並ぶ部屋のうち、一番奥のイリスの部屋を、迷いなく開け放つ。
 彼女は、そこにいた。
 部屋の中央ですわり込み、ぼんやりと、宙を見ていた。
「──っ」
 ウェルナーは、声を詰まらせる。
 見たわけではない。知っていた。かつて彼女が暮らした部屋は、一切の家具、絨毯、壁紙に至るまで、なにもかもがなくなっていた。
 当然だった。それらは丁寧に丁寧に、根こそぎ、王城の一室へと移されたのだから。塵一つ残っているはずもない。
 カーテンのない窓から、沈みそうな赤が差し込んでいる。いまにも闇に押しつぶされそうなそれは、イリスの存在そのものと重なった。イリス、と呼びかけようとして、しかしやはり言葉にならず、ウェルナーは息を飲む。
 謝罪するべきだった。
 そんなつもりはなかったなどといいたくはなかった。
 言い訳をしにきたのではない。謝意と、そして、意志を。
「……ウェルさん?」
 ひどく緩慢な動作で顔を上げたイリスは、ウェルナーを見て目をまたたかせる。見たことのない服を着ていた。衝動的に服をはぎ取ってしまいたくなった。それは、いつ、どこで、誰が、どうして。形にならない疑問がウェルナーの内部を駆け抜ける。
「あれ? 夢ですか? 現実……?」
 声は同じなのに、違う誰かのようだった。ウェルナーの知る限り、いつもきらきらと輝き、あらゆる感情をそのまま映していたはずの琥珀の瞳は、いまはあまりにも遠くを見ている。曇りガラスを何枚も重ねたような色。ウェルナーを通り越して、まるで違うなにかを探しているかのような。
「イリス」
 やっとのことで、ウェルナーはその名を舌に乗せる。
 膝をついた。拳で冷たい床に振れ、頭を垂れる。
「すまなかった」
 重い声で、そう告げた。しかし、言葉は返ってこない。
 長い時間をかけて、イリスが視界に入るぎりぎりまで、頭を上げる。イリスはやはりぼんやりと、こちらを見ている。
 そこには困惑も失望も、怒りも、もちろん喜びの類も、なにもなかった。
 なにもないのに、涙は静かに、彼女の頬を濡らしていった。
「わたしも」
 静かな声が、やっと応える。微かに震えていて、ウェルナーは思わず飛び出しそうになるが、その名前のつけられない衝動に、自らを律した。剣を振るうのならばためらうことなどないのにと、頭の片隅で思いがよぎる。
「わたしも、ごめんなさい」
 続いた言葉が不可解で、ウェルナーは顔を持ち上げる。
「なぜ、謝る」
「ぜんぶです。ぜんぶ、ごめんなさい。ぜんぶが、わたし……でも、いちばんは」
 イリスは言葉を切った。光のなかった目が、涙に濡れたせいで輝きを錯覚させる。ウェルナーは辛抱強く、言葉を待った。
「いちばんは、わたし……あなたを、好きですだなんて、いった、ことが」
 ウェルナーは胸を斬りつけられた思いだった。
 重い刃は、しかし、受ける準備をしていたものだった。わかっていた。そのまま胸に留まった重みを確かめるように、鎧の上から自らの胸に触れる。
「わからないんです。なにが本当かわからない。わたしは本当にからっぽで、でもひとつだけ、たぶん」
 イリスは唇を噛んでいた。止まることなく流れ出る涙を拭おうともせず、必死に、言葉を紡ぐ。
「わたしは、きっと、恋なんて、してない」
 しゃくりあげるのを堪えるように、静かにそういいきったイリスを、抱きしめるわけにはいかなかった。
 それは恐らく彼女を混乱させるだけだろうと、ウェルナーの理性が告げていた。
 なにより、理由がなかった。
 彼女を抱きしめる理由が、いまウェルナーの手元に、なにもない。
「アレックスを、殴って出てきた」
 だから淡々と、いうべきことを、いうだけだった。
「俺はこの仕事を放ることにした。だが、おまえを手放そうとは思わない。イリス、おまえが、望もうが、望むまいが」
 傅くように、イリスの元でもう一度、頭を垂れる。
「俺が決めたことだ。おまえの隣で、おまえを守る」
 贖罪ではない。
 義務めいたものでもなければ、なにかを望んでいるわけでもない。
 あえていうならばそれらのすべてだったが、同時に、そのどれにも当てはまらなかった。ただ、紛れもなく己の意志だと、伝えたかった。しかしそれを説明するには、ウェルナー自身、あらゆるものが不足していた。
 それでもいいかと、ウェルナーは問うことができない。
 問うたところで、イリスがきっと答えられないだろうということも、ウェルナーは知っていた。 
「……そう、ですか」
 思いのどれほどが伝わったのだろう。
 イリスはほとんど表情を動かさずに、それでも小さく、返事をよこす。
「わかりました」
 少なくとも拒絶ではないその答えを、ウェルナーはそのままの質量で、受け取った。




評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

フライディと私

食料と水と話し相手まで用意された無人島に漂着したラッキーな私と、そこで出逢ったフライディのそれから。自サイトからの転載、数話ごとの読切連作です。 ややシリアスな//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全179部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/06/26 18:23
かまどの嫁

陰陽師家の側室として嫁いできた鹿の子。しかし鹿の子は妖しも家鳴りもみえない、霊力なしだった。側室に不相応だと初夜に御寝所から追い出され、それからずっと、かまどの//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全120部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/01/04 10:00
水の国のミネット

「私はその言葉が大嫌いだから!」 パン屋で働く少女ミネットと、傭兵団の男リュシアン。 同じ孤児院出身の二人だったが、孤児院を出てからは特に接点もなく生活してい//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全10部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2014/07/12 12:37
夜伽の国の月光姫

とある小国にアルエという美しい王女がいました。けれど、この国には隠されたもう一人の美姫、第二王女のセレネという少女も居たのです。セレネは、その異質さにより忌み子//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全86部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/04/16 23:02
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全153部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/03/02 23:56
時の軌跡 ~アヴァロニア大陸回生記~

《最後の審判》―― 後の世においてそう名付けられた、強大な力の暴走。 広大な大陸の全土を巻き込んで起こったその爆発は、大陸東部に領土を拡げる《トランシールズ王国//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全23部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 02:22
辺境の老騎士

大陸東部辺境のテルシア家に長年仕えた一人の騎士。老いて衰え、この世を去る日も遠くないと悟った彼は、主家に引退を願い出、財産を返上して旅に出た。珍しい風景と食べ物//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全184部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/01/01 00:00
亡国の剣姫

 貴族にありえざる黒髪の娘として生まれた妾腹の末姫、シオン・ファーライト。  少女は若干一二歳にして、親族のクーデターによる王位簒奪を機に、追われるものの立場と//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全34部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2015/11/01 13:06
禽麗のノルディカ

親友が残した手紙から始まる物語。竜王不在の北国に、冬の終わりは訪れるのか――。 前王が逝去して百年あまり、北国は寒さと飢えで凍えていた。そんななか、東国から//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全115部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/07/12 22:00
薬屋のひとりごと

薬草を取りに出かけたら、後宮の女官狩りに遭いました。 花街で薬師をやっていた猫猫は、そんなわけで雅なる場所で下女などやっている。現状に不満を抱きつつも、奉公が//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全166部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/06/24 04:10
Unnamed Memory

「貴方がその剣の持ち主で、私が魔女である限り、いつか貴方は本当に私を殺さなければならないかもしれませんよ」 幼い頃、子供が残せないという呪いを受けたファルサスの//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全127部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 21:48
平凡なる皇帝

ハルはとある領主の元で下女として働く、普通の少女だ。しかし亡くなった母親が遺した指輪に使われている宝石が、竜の国でしか採れない希少なものだと分かってから状況が変//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全93部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/28 21:00
図書館ドラゴンは火を吹かない

■  財宝の番人として古今に名高いドラゴン、その一頭であるリエッキが守るのは今は亡き司書王の図書館だった。  書物の庇護者たる彼女は、火竜であるにもかかわらず決//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全78部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/03/30 18:12
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全292部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/19 10:00
ドラゴンさんは友達が欲しい

ぼっち女子大生の”わたし”はぼっちを克服すべく新歓コンパに行く途中、 バナナの皮ですっ転がって死にまして、なぜかぼっち万歳最強種族ドラゴンに転生しましたとさ。 //

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全106部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/06/24 20:00
骨董屋あらため

【2016年1月より新シリーズ『骨董屋あらため 胡蝶之夢』連載開始】 その把手を押すと、暖かな店内に迎え入れられる。しかし引いてしまうと―― 「引いてしまった//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全101部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/12/12 13:49
WyvernCourier

特技はトラウマになるほど動物から懐かれます。 そんな主人公が落ちた穴の先は異世界の空だった。 落下していく主人公を助けたのは巨大なワイバーン。 主人公の特技にて//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全34部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2014/09/12 01:59
箱庭の紙魚

いつか物書きとして生きていくことを夢見ながら、華々しい活躍もできぬまま医者に告げられたのは不治の病、肺結核であった。失意の中、かつての級友を頼んで静岡のサナトリ//

  • 純文学〔文芸〕
  • 完結済(全15部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/10/02 00:32
死神を食べた少女

死神を食べたらどうなるんだろう。 私には良く分からない。分かるのはたった一つ。 お腹がすいた。 だから、こいつらの首を持って偉い人に届けよう。 きっと美味しい物//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全37部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2012/12/23 22:58
かわいいコックさん

『花(オトコ)より団子(食い気)』で生きてきたアラサー女が気付いたら子供になって見知らぬ場所に!?己の記憶を振り返ったら衝撃(笑撃?)の出来事が。そしてやっぱり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全89部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/04/19 00:00
宝石吐きの女の子

“リアフィアット市は大陸東部に位置する中程度の街である。その片隅に、小さな宝石店があった。” 宝石に愛された少女の話。毎週土曜日更新です。 ■第2回なろうコン追//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全179部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/06/17 08:07
いつか、竜の舞う丘で。

ここは、竜王が民へ加護を与え、調和をもたらす世界。 カタラクタ王国へ侵攻する軍へ参加した、大公子アルマナセル。 彼は、敵国の祀る水竜王の姫巫女ペルルを自国へ護//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全234部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/05/19 22:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全499部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/06/22 23:05
魔宝樹の鍵

「生まれしすべてのものよ、在るべき処へ――還れ」  世界創世の時代から存在し、人々に恩恵を与えている樹があった。しかしある日突然その樹は消えてしまった。それか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全225部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/07/09 19:03
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全126部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/04/16 21:09
宝石の目と海の翅 ~ムシの国の物語~

断崖絶壁の島国、テムスノー国。 テムスノーの王女であるフライア、そして彼女の護衛であるラディム。彼らは蟲の姿が混ざった外見のため『混蟲(メクス)』と呼ばれ、人々//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全103部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/04/29 23:19
燦然のソウルスピナ

 聖遺物奪還の任を負った若き聖騎士:アシュレは、滅亡し荒廃したイグナーシュ王国で、永劫の夜に囚われた夜魔の姫:シオン、忘れられた古代の土蜘蛛王:イズマと出会う。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全250部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/06/26 20:00
エルトリアの戦姫

プリンセス。それは無味乾燥な歴史に飾られた、一輪の花。 一国における平和と繁栄の象徴。王朝の命脈を未来へと紡ぐ使命を負った、まばゆき存在。 エルトリア国第一王//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全33部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/12/30 08:11
Elixir ―エリクシル―

求めるのならば与えましょう、その奇跡『エリクシル』を── 医術が独占された国で、賞金首として追われる異端の医師、キルリアーナ。独占する側でありながら、キルリア//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全22部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2013/09/16 00:07
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全117部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/11/20 13:00
ROBOT HEART・ロボットハート

夢を叶えるため機械技師として働く少女ココと、その前に現れた自称“完璧な人型ロボット”アキツ。 人間になるため“ココロ”を探しているというアキツに、ココは“ココロ//

  • その他〔その他〕
  • 連載(全66部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/09/18 13:29
ノヴァゼムーリャの領主

日陰者の貴族レーニエと、叩き上げの軍人ファイザル。エルファラン国最北の地、ノヴァゼムーリャで彼らは出会った。黒衣に身を包み、仮面で顔を隠す謎めいた新領主レーニエ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全157部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/12/04 11:00
目覚める子供たちのための童話

奇跡の鉱石が発見され、急速に蒸気機関が支配してゆく世界で、少年イシュマは幼馴染みである少女の目覚めを待っていた。少女が冒されていたのは蒸気機関の発達と共に広がる//

  • 空想科学〔SF〕
  • 連載(全7部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/09/28 12:00
リアデイルの大地にて

事故で半身不随となった“各務桂菜”は、ある日停電により死んでしまい、直前まで遊んでいたオンラインゲームの世界へ。 目覚めてみればゲームをしていた時代より更に20//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全75部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/03/26 21:20
IMAGE Crushers!

現代日本を舞台にしたファンタジー。 突然奇怪な生物に襲われた、という依頼を受けた、拝み屋守島咲耶。 その呪を放った術師を探る先に、彼は弥栄紫月という謎めいた少//

  • アクション〔文芸〕
  • 完結済(全35部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/08/13 10:12
真昼の月の物語

記憶喪失で自分の意思と無関係に瞬間転移してしまう能力を持った少女フィラは、新しく領主としてやって来た聖騎士団団長ジュリアンが親しくしている左官屋の記憶を奪うシー//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全193部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/01/07 21:46
↑ページトップへ