挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
竜の都で謳う姫 作者:光太朗

第四章 竜の都

14/15

4-4



 それは人から人へと語られて、親が子に、子が親になり、そしてまた親が子に──そうして引き継がれる伝承の域を超え、思えば意図的に広がっていったのだろうと、ニーノ・アマートは考える。
 物心がついたころ、子は不思議に思うだろう。なぜ良い天気なのに「あいにくの空で」といい、暗く淀んだ日なのに「良い天気で」といわなければならないのか。
 大人は決まって、こう答える。それは、竜は嘘がつけないからだと。こうやって挨拶をすることで、相手がちゃんと人間であることを確認しているのだと。
 子の疑問は続くだろう。
 どうして、竜がいたら、いけないの? 昔、この国の王様と竜のお姫様が、結婚したんでしょう? 竜とは、仲良しなんでしょう?
 当然の疑問のはずだ。
 そこに潜む矛盾に、おそらくだれもが気づいていながら、だれも言及しない。
「たったの八十年」 
 それはあっという間に、国中に広まった。
 幸せの物語。人の王と竜の姫、種族を超えた愛の物語。
 店に帰り着くと、ニーノはオプスの入った袋を無造作に放った。これこそが、矛盾の塊だった。
 竜はこの国を襲わないのに、この国の人間は竜を狩る。
 この八十年で、オプスを利用する技術はめざましく発展した。それが、何を意味するのか。
「そろそろ、つけが回ってくるってことか」
 店中をひっくり返すぐらいのことは、やる価値があるだろう。八十年前の当時も、アマート家は王城でのオプス管理を任されていた。推測ばかりを重ねてもどうにもならない。
 ニーノは一度目を閉じ、深く息を吐き出す。立ち上がると、ランタンに火を灯した。




+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ