挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
エロゲメーカー天地 作者:牛帝
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/2

天地優子

「え……エロゲー……???」
「そうです、エロゲーです!!」
「え、えーと……」
「ここじゃなんだから、とりあえずうちに来て!」

優子の家。広大な庭を抜け、純和風家屋の玄関の引き戸を開けて中に入る。

「ただいま」
「お…お邪魔します…」

おずおずと入るブルマニア。

「あら、お友達かい?」

老婆に話しかけられる。

「おばあちゃん、お友達なんかじゃないわ」

内心傷つくブルマニア。それを老婆がたしなめる。

「優子、お友達にそんなこと言うものじゃ……はっ!? このくらいの年頃の男の子でお友達じゃないということは…恋人!? まさか恋人なの!? ヒューヒューハニーフローラ!! ラブパワー全開ですねお二人さん!!」
「巴投げ食らわすわよ!!」

真っ赤になって怒る優子。

「行こ、古間くん!!」

ブルマニアの手をギュッと握り、自室へと急ぐ優子。

(ウヒョー手を握られた!! これはフラグ!?)

一見無反応だが、内心テンション上がりまくるブルマニア。

  ~~~

ほぼ四方が障子とふすまの純和風の部屋。しかし家具などが妙にかわいらしく、部屋の持ち主の姿が反映されている。
部屋の真ん中にはちゃぶ台があり、上にノートパソコンが置かれている。優子はパソコンを立ち上げると、あるサイトを開き、ブルマニアに見せた。

「このサイトが戦場よ」

画面を覗きこむブルマニア。そこには、色っぽく顔を紅潮させた美少女のサムネイルが並んでいる。

「これ…PIXIVみたいなやつ…?」
「違うわ。DL同人ショップ『DLパラダイス』よ」
「DL…同人……?」

なにがなにやらわからないブルマニア。

「…同人誌は分かるよね?」
「えーと、アニメとかのキャラクターのエロい漫画をおっさんたちが売ったり買ったり、悔しくてビクビクしたりしてるやつ? コミックマーケットとか」
「そう。東京の秋葉原に行けば、同人誌専門のショップもたくさんあります。でも、書籍も電子書籍化してるような時代だから、同人誌も電子書籍でいいと思わない」
「ああ、そういうのを売り買いするショップ」
「そう」

画面から目を話し、口元に手を当てて少し考えるブルマニア。

「しかし電子書籍なら、漫画や小説だろう?」
「このサイトはタブレット端末向けではなく、パソコン向け。漫画や小説以外も売れるの」

キーワード検索をし、作品をピックアップする優子。

「例えばこの作品はアニメ。3Dで動画を作って、声優さんが声を当ててるの」

サンプルをダウンロードし、再生する優子。3Dの女性キャラクターがなめらかに犯されている。画面の品質は非常に高く、市販作品と比べても遜色が無い。

「えっこれ、素人!? すげぇ画面がキレイだけど、プロじゃないの!?」
「うーん……基本的にはアマチュアが多いんだけど、プロや元プロも結構いて、正直よくわからない」

今度は「RPG」というキーワードで検索する優子。

「RPG……?」
「そう、私が作ろうとしている… いや、君と一緒に作りたいのは『エロRPG』!」

スックと立ち上がる優子。

「エロRPGで生計を立てて、学校や家から独立する。それが私の目標!!」
「ちょ、ま、待って!」

慌てて止めるブルマニア。

「さっきの見たけど、あんなすごいのが俺たちにつくれるわけないじゃん! そもそも俺、絵を描いたことないよ」
「絵は私が全部描きます。君はRPG部分とか、その他すべてをやって欲しいの」
「………」
「これを見て」

あるサークルのページを開く優子。

「うーん、この人は… 正直あんまりうまくないね。あれ、でも、なんか1000本も売れてる!?」
「もう少し下を見て」
「あっ、こっちは30本しか売れてない! 同じ人なのになぜこんなに差が……」

ブルマニアを見つめながら、優子が言う。

「1000本売れている方はRPGで、売れてない方はCG集なんです」
「……!?」
「なぜかエロRPGは、CG集とかに比べてすごく売れるの」
「え、いやしかし… 30倍以上も差が出るものなのか…!?」
「現に出てるじゃない」
「うーむ……」
「この人くらいの絵なら私だって描ける。ただ、それだけでは30部がせいぜい。だけど古間くん、君がRPG部分を作ってくれれば、1000部だって夢じゃない!」
「ま、待って! 俺はRPGツクールでちょこっと作ったことくらいしか… ちゃんとしたRPGなんか…」
「エロRPGにゲーム性を求めている人なんかいない。RPGの体にさえなっていれば大丈夫」
「…………」

沈黙するブルマニア。考えてもみなかったことだが、目の前のサイトを見る限り、彼女の言い分は正しいように思える。
優子はDLパラダイスの別のページを開く。そこには、卸値と販売価格の一覧表が載っていた。

「RPGだとCG集よりも卸値をあげられます。CG集では卸値400円がせいぜいだけど、RPGなら800円の卸値でもイケる! 1本800円の作品が1000本売れたらなんと80万円!! 数ヶ月に1作出すだけで、私たちは家や学校から独立できるのよ!!」
「いや、詐欺ってことはないのか……?」
「それはないわ。このサイトは実際に多くの人が使っている。ここの売上だけで暮らしてる私の知り合いだっている」

さらに考えるブルマニア。

(こんな世界があったのか… にわかには信じがたいが、卸値もDL数も明示している以上、もし詐欺だったとしたら、作品を出している人からクレームが殺到するだろう…)

iPhoneを取り出し、「DLパラダイス」で検索をはじめ、裏とりに動くブルマニア。しかし、詐欺という情報は一切出てこない。

「なにか分かった?」
「……信じがたいが、今の話、どうやら本当なのかもしれない……」

黙って考えこむブルマニア。

「…わかった。協力しよう。どのみち俺には拒否権はないしな……」
「ホント!? ありがとう!!」

手をギュッと握ってくる優子。思わず赤面するブルマニア。

「古間くん、これから私たちは、二人で一頭の獅子よ!!」

  ~~~

そんな日が、はるか昔のようだ。
俺たちは今日、中学の卒業式を迎えた。作品を完成させられずに……

天地さんの絵は遅々としてできなかった。俺のゲーム部分も序盤で止まっている。
お互いに未熟すぎた。お互いに手を抜き、提出を遅らせ、二人でテンションを下げあってしまった…

  ~~~

校門で天地さんが待っていた。

「古間くん、久し振り…」
「卒業おめでとう… 君はフラン犬学院に行くの?」
「うん。古間くんは…?」
「俺は普通に犬臭高校」
「そう……」

沈黙が流れる。

「…卒業だから、謝ろうと思ってたの。ごめんなさい、変なことに巻き込んじゃって…」
「………」
「結局、普通に高校生になるのに、勝手に夢を見て、人を巻き込んで、バカみたい…」

うつむく優子。

「そんなに自分を責めるなよ。色々あったけどさ… 卒業式のテンションだからか、面白かったって思うよ」
「面白かった…?」
「ゲームは好きだけど、真面目に作ろうと思ったことなんかなかったからさ… 俺、卒業してもゲーム作りは続けるよ。力不足は感じたけど、お金を取らない『フリーゲーム』ってのもあるから。そこでやってこうと思う」

予想外の返答に、驚きの眼差しで古間を見つめる優子。

「天地さんは… 絵を止めちゃうの?」
「………」

再びうつむく。

「……もうやめようかなって。自分の絵を見るのも嫌になっちゃって…」
「気が向いたらまた描いてくれよ。俺、君の絵好きだしさ…」
「……ありがとう。優しいんだね」
「まあ、なんだかんだ、ブルマを盗んだのを許してもらってるしさ」

プッとふきだす優子。

「あはははっ! そういえばそんな出会いだったね!」

スッと拳を突き出すブルマニア。それに小さな拳を合わせる優子。

「がんばろうぜ、お互い…!」
「うん……!」

  ~~~

それからさらに10年がたった。東京都新宿区。巨大なビルの一室。

「ようこそおいで下さいました。株式会社ビューティフルドッグの犬飼です」
「はじめまして、古間です」
「メールでもお伝えしましたが、『第3回 ビューティフルドッグ ゲームコンテスト』で大賞をとった古間さんの『連射犬』が、家庭用ゲーム機に移植されることになりました」
「ええ」
「ただ、元がインディーズゲームですので、家庭用に移植するにはちょっとグラフィックが荒い。そこで、グラフィックのリライトを行わせていたきます」
「了解です」
「キャラクターの絵には、人気イラストレーターの起用を考えています。今日は、可能であればイラストレーターを選んでいただきたいと思っています」

机の上にイラストを並べる犬飼。どれも美しく、今風で、魅力的だ。
その中のひとつに目が釘付けになった。

「おっ、それですか」
「ええ、この人しかいないですね…!」

手元の資料を漁る犬飼。

「えーと、この人のプロフィールはどこだったかな…」
「いえ、言わなくても分かります」

驚きの混じった微笑みで、懐かしい絵柄を見つめるブルマニア。

(続けてたんだな、天地さん……!!)

【おしまい】
勢いで1話を投稿したものの、勢い任せすぎて続きが書けず、その後漫画の方が忙しくなったりして、1年半くらいたってから今ごろ最終回を投稿することになりましたゴメンナサイ。
みんなが完璧に忘れたころに突然最終回を投下するのが好きです。

牛帝(2013/08/14)

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

黒姫の魔導書

帰り道の交通事故にて死んだ杜人(もりひと)は、次に目覚めた時なぜか異世界の魔導書に宿っていた。そこから数奇な運命を辿り、使い手となる落ちこぼれの少女、レネと出会//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全155部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/01/02 19:00
師父慕う少女、果てに至る物語

魔術の才だけは唯一無二の究極の魔術師の卵の少女。 ただし、経験・知識・社会的地位・経済力・身体能力・コネクション・親兄弟・親類縁者・友人・保護者・年齢・身長・体//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全64部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/04/20 00:00
たぶんロリコン男子と、変態になる少女との下品な恋物語

《視点・山柿》 大学入試を目前にしていた山柿は、親友の家で見た少女に一目惚れしてしまう。 相手は親友の妹、小学三年、黒髪ロング、激可愛!  ダメだろーっ!! 自//

  • コメディー〔文芸〕
  • 完結済(全194部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/08/13 19:47
俺の死亡フラグが留まるところを知らない

その辺にいるような普通の大学生・平沢一希は気が付いたらゲームのキャラクターに憑依していた。しかもプレイヤーから『キング・オブ・クズ野郎』という称号を与えられた作//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全98部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/11 02:28
踏破せよ、世界を

迷宮の隅っこで目覚めた魔物系主人公が、人間社会にも関わりながら神を斃すまでのストーリー(予定)。テーマは俺Tueeee。 誤字脱字が有りましたら、是非ご報告くだ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全36部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:17
姫騎士とキャンピングカー

元社畜でキャンピングカーと一緒に異世界トリップした小野直人がはじめて聞いた言葉は姫騎士の「くっ、殺せ!」だった。 六畳間の和室と、こたつみかん。凜々しい姫騎士//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全79部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/12/24 17:16
異世界に転生したら村八分にされた

俺は異世界で全裸にされたうえにロープです巻きにされていた。 ちょっとしたドMな格好だが、そういう店に来たわけではなかった。 バイトの帰り、確か駅前の立ち飲み屋で//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全574部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/30 21:19
勇者の嫁になりたくて ( ̄∇ ̄*)ゞ

わたくし、ベルリナ・ラコット。18歳。ファンタジーな世界に前世の記憶を持ちながら転生しました。生まれた先は孤児でしたが、前の記憶と授かった特殊スキルのおかげでま//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全267部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/12/31 21:00
灰色の少女と黒い女

【警告】 ・リョナ、拷問などの描写が軽度ながら存在します。 ・そこそこ人が死にます。 ・それなりに人でなしがいます。 ・そういうのがわりと好きです。 『探し物//

  • アクション〔文芸〕
  • 完結済(全187部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/11/15 04:44
隻腕の鉄姫兵団

死にたいと望んだ。でも死ぬことは許されなかった。 唯一彼に許されたのは、生を渇望した異世界少女との入れ替わりだけ。 気が付けば、そこは冷たい檻の中だった。鎖で//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全82部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/03/12 21:31
セブンス

ライエル・ウォルトは伯爵家であるウォルト家の嫡子であった。 だが、完璧である妹のセレス・ウォルトとの勝負に負けて廃嫡。完膚なきまでに打ちのめされ、心を折られた状//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全345部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/12/06 00:00
可愛くない婚約者様のホンネ日記

良家のご子息・ご令嬢である司郎(しろう)と立華(りつか)の二人は、親の決めた婚約者同士であり、その仲は決して良好とは言えなかった。キツイ性格で可愛いげのない立華//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全19部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/25 22:12
ヒモにも冒険者にもなりえる存在――それが俺

異世界に来て冒険者になろうと思ったけど、気がついたら自分より年下の女の子のヒモになっていた。このままだと人としてダメになる気がした俺はバイトを始め、冒険者になる//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全17部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/12/28 10:30
僕らの暗黒神様!

「貴女は暗黒神様として生を受けマシタ。というわけで悪魔の為に身を粉にしてキリキリ働けや」 …そういうわけで悪魔の神様、最弱すぎるLV.1暗黒神として産まれ、生き//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全132部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/01/21 23:39
野生のラスボスが現れた!

時はミズガルズ暦2800年。かつて覇を唱え、世界を征服する寸前まで至った覇王がいた。 名をルファス・マファール。黒翼の覇王と恐れられる女傑である。 彼女はあまり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全198部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/26 17:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
おかしな転生

 貧しい領地の貧乏貴族の下に、一人の少年が生まれる。次期領主となるべきその少年の名はペイストリー。類まれな才能を持つペイストリーの前世は、将来を約束された菓子職//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全173部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/02/25 02:14
異世界に出戻りしました?

 わたしの名前は藤野 桜。なにやら「前世」とやらの「知識」があるようです。しかし、その知識とやらはほとんど役に立たず、むしろ邪魔だと思いつつ成長しました。そんな//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全149部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/07/21 00:00
魔人勇者(自称)サトゥン

魔人界の中でも最強の一角と謳われる魔人サトゥン。 一つの夢を叶えるため、己の欲望のために彼は魔人界に別れを告げ、人間界へと転移する。 彼の夢――それは『リエン//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全138部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/05/02 01:04
ソリオンのハガネ

 異世界の魔術の進歩により、日本と異世界ソリオンが繋がってしまった!  舞台は異世界の玄関口、セイラン王国のパルミナの街。一部で日本人の移住も始まったこの街にあ//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全73部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/09/20 19:10
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
家賃1万円風呂共用幽霊付き駅まで縮地2回

アパートで幽霊の少女と同居を始めるところから始まるラブコメディです。 平凡(仮)な主人公が変人要素高めな少女達に囲まれるギャグ成分濃い目なハーレムものでもありま//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全48部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/08 09:55
WyvernCourier

特技はトラウマになるほど動物から懐かれます。 そんな主人公が落ちた穴の先は異世界の空だった。 落下していく主人公を助けたのは巨大なワイバーン。 主人公の特技にて//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全34部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2014/09/12 01:59
俺のゴーレムが瞑想のしすぎで賢者を超える何かになるはずがない

おっす!俺は38歳のモンスター使いアインだ。 今日はイカした俺の仲間を紹介するぜ! 大金を払い雇った傭兵たちと集団でボコって服従させた堅物のナイトデーモンのゲフ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全22部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/03/26 23:00
こちら討伐クエスト斡旋窓口

自分では全く戦う気の無い転生主人公が、ギルド職員の窓口係りになって、淡々と冒険者を死地に送り出していたが、利用者の生存率が異様に高くて、獣人達から尊敬されたり、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全82部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2014/12/29 06:00
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:38
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全537部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/03 23:34
いつか見た虹の向こう側

社会人一年生の美緒は、自分が提案した結婚記念日デートで姉夫婦を事故で亡くした。そのため美緒は、姉夫婦の忘れ形見である拓都の母親になろうと決意し、仕事と子育てに翻//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全100部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/28 23:39
やすらぎの迷宮

【あらすじ?】 気づいたらダンジョンマスターになっていた。 記憶も中途半端で、ここに連れて来た者の思惑も不明だ。外に出ることもできない。 ただ僕にできることは魔//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全67部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 21:37
独りが好きな回復職

死の峡谷と呼ばれる魔境に一人の聖職者がいた。 聖職者は回復要員として重要視され、冒険者パーティーからの誘いも多い後衛職である。 だが、彼は独りを貫き、誰とも組も//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全145部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/01/10 17:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
鬱ゲークラッシャー アキト

伊集院明人は陵辱系鬱ゲーの悪役である。 ある日、交通事故を起こした彼は前世の記憶を取り戻した。 10年の自宅警備生活の末に心臓発作で死んだことを。 遅れて気がつ//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全128部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/02/20 00:17
人からもらったモノを捨てるのが下手すぎる勇者と、そういうのがホント許せない賢者

もらいものを捨てるのが下手すぎる勇者ユージュ・フダンと、そういうのがホント許せない賢者シャルル・ダンの二人が、荷物持ち込み制限のある魔王城攻略に挑む。

  • コメディー〔文芸〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/07/01 12:13
こちら冒険者ギルド別館、落とされモノ課でございます。

【ダイジェスト規約の変更により、掲載場所を自サイト「女王陛下、お茶を召しませ」http://itsmyowninvention.web.fc2.com/に移動す//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全64部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/07/18 21:14
しにこん~死と婚活の巫女は理想の勇者とゴールインしたい~

 死の神の巫女マリアベルは、薄暗い神殿で己と共に使命の旅に出る勇者の到来を待っていた。  世は百年に一度の神話祭。  神の代行者たる巫女が供たる勇者を連れて世界//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全239部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/03/26 21:26
↑ページトップへ