挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
最果てのパラディン 作者:柳野かなた

〈第三章:鉄錆の山の王 前編〉

84/153

17

 ――竜の咆哮による、森の生物たちの狂奔。
 その被害は各所で報告されており、急いで戻った僕はそのまま対応に追われた。
 各所に冒険者や神官を派遣し、《白帆の都》と忙しく手紙をやりとりし……

「…………」

 そして、それらが一段落ついた今。
 僕は、《灯火の川港》にいた。

 今でも、断続的に竜の唸りは響き続けている。
 それに伴って、流石に初回ほどの狂奔はないにしろ、さまざまな生物が生息域を移すことで衝突が発生している。
 当然、人的被害も少しずつ、出ている。
 街道を行き交う人や車馬は減り、船の往来もこころなしか寂しい雰囲気だ。

 誰もが《鉄錆山脈》に住まう邪竜――唸りをあげるそれが竜であるという噂は、驚くほど迅速に駆け巡った――を恐れている。
 竜というのは、それほどの脅威だ。
 それが目覚め、気まぐれに飛来しただけで、《灯火の川港》はおろか、《白帆の都》すら滅びかねない。

 人はいずれ死ぬ。
 だけれど己の死そのものが唸りを上げるのを耳にして、平静でいられる者はどれだけいるのだろう。

「…………」

 僕は今、鎧戸を閉め切った薄暗い執務室で、魔法の灯りの下、《賢者の学院》からの手紙に目を通している。
 《惑わしの司》ハイラム師から、手紙の返信がきたのだ。

 邪竜についての情報は、不死神がもたらしたそれを裏付けるものだった。
 《災いの鎌》ヴァラキアカ。
 神話の時代から生きる、真なる古竜(エルダードラゴン)
 その爪は鉄を裂き、その鱗は英雄の剣を折る。
 そして、その気性を映したかのような、邪毒と熱狂の吐息。

 ――邪毒と熱狂。

 その性質とは、忘れもしない3年前に遭遇している。
 奈落の悪魔たちの邪悪な研究によって生まれた、異常なワイバーンやキマイラが帯びていたものだ。
 悪魔たちは、眠りについた邪竜から溢れる吐息を利用して――それを魔獣に混ぜた上で、飼い慣らす研究をしていたのだろう。
 間違いなく、邪竜とともに高位の悪魔が居る、とハイラム師は手紙で警告していた。

 あるじに不吉を知らせるという、彼の杖の煙水晶(スモーキークォーツ)が、ほとんど濁りに染まってしまった。
 それでも貴方はゆくことを選ぶかもしれないが、逃げることは恥ではないと、彼は滾々と説いている。

「貴方はゆくことを選ぶ、か」

 どうしてハイラム師は、そんな風に思ったのだろう。
 彼はいったい僕を、どういう風に見ているのだろう。
 ――僕はまだ、こうして悩んでいるというのに。

 これから竜は目覚めるだろう。
 不死神や、《ヒイラギの王》がああ言うということは、犠牲者も出るのだろう。

 恐らくはまず、目覚めた竜が戯れに近隣の集落を襲い、人が死ぬ。
 そして、ただそれだけに終わらない。
 竜がいつ飛来するかわからない場所で、活発で円滑な流通が成立するわけがない。
 物の流れは滞り、車馬や船舶の行き交いは絶え、再び魔獣たちが人の領域を我が物顔で闊歩する。

 流通に支えられた商工業は次々に破綻し、失業者が出るだろう。
 食い詰めた者が犯罪に走り、治安は悪化し、行政は無力となりその権威は地に落ちる。
 多分、竜の爪にかかる以上に沢山の人が、竜の戯れから起こった波に呑まれて死ぬ。
 一つの地域、一つの社会が、たった一頭の竜によって、破綻する。

 それは、僕にとっては許容できない事態だ。
 動かなければならないことだ。

 それも、竜が動いてからでは遅い。
 直接の犠牲者が出れば、もうその影響の波及は止められない。
 竜の牙が人を引き裂く前に、未然に解決しなければならない。
 それなのに、僕はまだ、動くことを決断できなかった。

 巷では聖騎士は臆病風に吹かれたと、そう言う人もいるらしい。
 それも、まるきりデタラメとも言い切れない。


 ――【汝は灯火の加護もて竜に挑み――そして、力及ばず敗れ死す】


 不死神の言葉に、嘘偽りの気配はなかった。
 僕では勝てない。
 現状の僕の力では、勝てないのだ。
 ……そう自覚した時から、僕は踏み出せなくなっていた。

 気づけば、手を組んでいた。



 ◆



 どうすれば良いのか、分からなかった。
 縋るように灯火の神さまに祈りを捧げる。
 けれど、何の手応えもない。神さまは何も答えてくれなかった。

 ――当たり前だ。
 神さまは便利な取引相手でも、気安い友人でもない。
 だけれど、今、僕は神さまの声が聞きたかった。

 お前ならば勝てると言って欲しかった。
 あるいは、勝てなくても戦え、正義を示せと命じて欲しかった。

 そう言ってもらえれば。
 言ってもらえさえすれば、きっと僕は、戦いに向かえるのに。

「う……」

 呻きが漏れる。
 前世の記憶が、瞬くように脳裏によぎる。

 薄暗い部屋。
 モニターの明かり。
 踏み出せない自分。
 時が無為に過ぎてゆく。
 時が無為に過ぎてゆく。
 胸を焼く焦燥。
 時が無為に過ぎてゆく。
 呻きをあげる。
 涙を零す。
 それでも時は、無為に過ぎてゆく。
 踏み出せない。
 踏み出せない。
 何度も勇気を振り絞ろうとして、それでも踏み出せない。
 踏み出せないまま、ぬるま湯の現状維持に浸り、そしてゆるやかに破局が迫る――

「うう……」

 あの時から、僕はどれだけ変わったというのだろう。
 違う世界。
 違う環境。
 鍛えぬかれた身体。
 不思議な魔法の力。
 神さまの奇跡の力。
 物語の英雄みたいな能力を与えられて。手に入れて。
 ずっとそれらしく振舞ってきて、それで――


 ――それで、僕の何が変わったのだろう?


 強くなって、できることが増えて、だからどうした?
 挫折に対して、立ち向かえるようになったというのか。
 絶望に対して、何かができるようになったのか。

 ……結局、ふがいない性根は、前世のままではないのか?

 心の奥底。
 真っ黒な泥のなかから、濁った声が響く。

 ……絶対に勝てる相手と戦って勝つのは、痛快だったか?
 英雄として褒めそやされ、謙遜して見せるのは、さぞ気持ちが良かったろう?
 この世界でなら成功者になれると、お前はそう、ちらとも思わなかったか?

 愛されて育って。
 凄い力を手に入れて。
 仲間たちの中心になって。
 尊敬されて、認められて。
 楽しかっただろう?

 ――でも、勝てない勝負となれば、こんなものさ。

 心の奥。黒い泥から、ごぼごぼと声が響く。
 泥の奥には、前世の僕が居た。
 僕が、笑う。
 分かっているのだろう? とばかりに。


 ――僕は君で、君は僕なんだから。


 ぎゅっと胸を抑える。
 分かっている。
 自分でも、分かっている。
 これが単なる弱気だっていうのは、よく分かっている。
 いつかマリーに叱り飛ばされた時のような、自分の卑屈な面だ。

 でも今、もう、叱ってくれるマリー(おかあさん)は、いない。
 いないのだ。
 自分で立たなければ、ならない。

 ――けれど。
 自分の足で立ち上がるには、どうすればいいのだろう。
 前世は、ずっと倒れたままだった。
 今生でも、多分、マリーがいなければ倒れたままだった。
 一体どうすれば立ち上がれるのか、僕は知らない。

 ぐるぐると、思考が堂々巡りをする。
 いま、自分がいけない状態に陥っていると分かりながら、どうしていいのか分からない。

 ……いつまで考え込んでいたのだろう。
 ノックの音が響き、僕は顔を上げた。

「入るぞ」

 無遠慮に扉を開けて、メネルが入ってきた。
 彼は薄暗い室内に顔をしかめると、小さく光の妖精に声をかけて、室内を照らした。

「また悩んでんな」
「……うん」

 そう言うと、メネルは嘆息した。

「それで気づいてなかったのか。……外見ろ。ちょいと面倒なことになってんぞ」
「……?」

 言われてみると、少し外が騒がしい。
 鎧戸を少し開けて、窓の外を覗いてみる。


 ――屋敷の前に、たくさんのドワーフが詰めかけてきていた。



 ◆



「聖騎士殿の意を問いたい!」
「竜を討たれるつもりはあるのか!」

 グレンディルさんがいた。
 ゲルレイズさんがいた。
 他にも見知った人たちが居た。みな、老いたドワーフだった。
 彼らは粗末な武器を担ぎ、口々に叫んでいた。

「それを問い、どうするつもりなのだ!」

 それと向き合っているのは、ルゥだった。
 彼はたった一人で、沢山のドワーフさんたちと向き合っていた。
 ――彼はもう、あの日のように震えてはいなかった。

「討たれるつもりがあるなら、我ら道行きを共に!!」
「聖騎士殿が恐れの妖精に憑かれたというなら、我らのみでも山に向かう所存!」
「竜を討ち損ねしは我らドワーフが咎!」
「ドワーフが血を流さねばならぬ!」
「不名誉を、血でもって雪がねばならぬ!」

 轟々と叫びが上がる。

「やめよ! 死ぬつもりか!」

 ルゥが制止の声をあげる。

「竜は難敵! 聖騎士殿は方策をお考えになっておられるのだ、煩わすのはやめよ!」

 手を広げ、叫ぶルゥに対して――

「何を命ぜられたかは存じませぬが、時間稼ぎはおやめくだされ!」
「何も命ぜられてはおらぬ! 自棄になるなと申しておるのだ!」
「自棄と申すか!」
「みなが束になり挑んだところで、竜に傷一つつけられぬ!」
「何を――!」

 意を問うのみ! 通して頂く! と、一人のドワーフがルゥに向けて詰めより――

「やめよと言うているッ!」

 次の瞬間、掴みかかったドワーフを、ルゥが投げた。
 鮮やかに投げ落とすと、襟首を捻って首の動脈を押さえ、一瞬で意識を断ち切った。
 詰めかけていたドワーフたちが、その手並みに、ざわめいた。

「みなは――みなは、もう私にさえ勝てぬほど、老いておるのだ!
 やめよ! 私はみなが無為に死ぬのを、望まぬ!」

 背筋を伸ばし。凛と叫ぶルゥの声に、誰もが沈黙し――
 そして、歩み出たグレンディルさんが、ゆっくりと口を開いた。

「若……」
「グレンディル」

 二者が、視線を交わす。

「若。お見事に御座います。……よう成長なされた。
 なれど。なれど、だからこそ。儂は、儂らは」

 グレンディルさんの顔は、くしゃくしゃに歪んでいた。

「儂らは、もう、死にとう御座います……」

 絞り出される声。

「儂らは、我らが王と共に、死にたかったのです。あの日、あの山の戦いで」
「…………」
「あの日、死を許されず。二百年を生き申した……
 誇りを捨て……みじめに流浪しての二百年は、長う御座いました……」

 ルゥは無言で、その声と向き合っていた。

「もう良かろう……もう良かろう……もう十分だ、自分は十分にやった、もう良かろう……
 そう思い続け、思い続け――そしてついにあの、憎き竜が生きておることが分かったのです!
 あの日の続きを望んで、戦いと死を望んで、何が悪いと仰るかッ!!」

 グレンディルさんが叫びながらルゥに掴みかかる。
 ルゥはそれを受けると、がしりと組み合った。

「通して下され――聖騎士殿の意を伺う!」
「通さぬ!」

 グレンディルさんの、老いてなお筋肉質な体が宙を舞い、庭に叩きつけられる。
 それを合図にしたかのように、老いたドワーフたちがルゥに向かって押し寄せた。
 その全てを、ルゥは次々に打ちのめし、投げ飛ばし、叩き伏せてゆく。
 数分、叫びと呻きが交錯する乱闘が続き――最後に立っていたのは、ルゥだった。

「何が悪いかと言ったな、グレンディル」

 ルゥはまっすぐに立ち、庭に倒れ、伏せ、呻く彼らに、語りかける。

「みなは、もはや死ぬことばかりで、勝つことを考えておらぬ。
 それでは、いかん。それでは、いかんだろう。
 ……誇り高き山の戦士が命を捨ててかかるときは、勝つためにこそ」

 その目はまっすぐで。
 その声は、優しかった。

「そう教えてくれたのは、みなではないか」

 ――常日頃から、あいつらは考えている。
 ――自分の命をなげうつに足る、戦う理由とは何かってことを、だ。
 ブラッドの言葉が、脳裏に蘇る。

「大丈夫だ。心配するな。みなよ、約束しよう」

 ――そして、それを得た時。

「聖騎士殿は、必ず決断なされる。
 その時こそ私が共に向かい、ドワーフの名誉を再び勝ち取ろう!」

 ――奴らは魂を燃やし、勇気の炎とともに戦いに臨む。けして死ぬことを恐れない。

「《くろがねの国》の最後の君主、アウルヴァングルの名にかけて!
 ――その孫たる、このヴィンダールヴが、父祖の山々を取り戻す!」

 その叫びは、ドワーフたちだけでなく、僕にも響いた。
 ……どくん、と心臓が鳴った。
 胸のうちから、じわりと、熱が溢れてくる。

 そうだ。彼は、ルゥは、そういうひとだった。
 酒場で会った時も、従士になると叫びを上げた時も。
 ずっと、勇気のあるひとだった。

 ――そして僕は、彼の捧げる『まこと』を、我が手で守ると誓ったのだ。

「……アイツ、格好いいよな」
「うん」
「負けちゃいられねぇな」
「うん」

 メネルの呟く言葉に、頷く。

「なぁ、覚えてるか?」
「何を?」
「お前の誓いだよ」

 そう言われて、僕は小さく苦笑した。

「ごめん、ちょっと忘れてた」
「はっ、だと思ってたよ、馬鹿野郎。いつかは人に偉そうに言った癖しやがって」

 ――我が生涯を、あなたに捧げる。
 ――あなたの剣として邪悪を打ち払い、あなたの手として嘆くものを救う。

「お前はいつだって、どっちが得か損かなんて考えの外だったろ。
 慣れねぇこと考え始めるから、そうなるんだよ。
 そうするべきだから(・・・・・・・・・)そうしてきたんだ(・・・・・・・・)

 今度もそうすりゃいいんだよ、とメネルは笑った。
 僕も笑い返した。
 どうやって立ち上がるか、勇気を奮い起こすかなんて、考える必要はなかった。

 誰かのために、何かのために。
 ――がむしゃらに立ち上がって歩いていくうちに、勇気なんて、後から湧いてくるのだ。
◆小説家になろう 勝手にランキング◆
評価やブックマーク、感想、レビュー等、本当にありがとうございます。
作品を継続するモチベーションとなっております。
685047.gif
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ