挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
最果てのパラディン 作者:柳野かなた

〈第三章:鉄錆の山の王 前編〉

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

81/157

14

 夏の名残が残る森からは、むんと篭もるような土と緑の香りがした。
 下生えも生い茂り、藪や蔓も盛大に繁茂している。
 盛夏の頃よりはマシだけれど、見通しがこうも悪いと危ない。

「ドワーフの目は真っ暗闇でも見通せるそうだけど、視覚に頼り過ぎないようにね」
「は、はい」

 後ろを歩くルゥに振り向くと、そう注意した。
 ルゥは鋲打ちの革鎧(スタデッドレザー)を着込み、兜を被り、ぴかぴかの戦斧(バトルアクス)を手にしている。
 元がしっかりした体つきなだけに、ちゃんとした武装をしてみると、なかなか格好がつくものだ。

「……確認をしようか、これから向かうのは?」
「西の、《柱の塚》ですね」

 ここ最近の魔獣討伐で、人の領域も拡大している。 
 山菜採りや狩りのために深くに踏み入った狩人や、魔獣討伐の冒険者が新しい遺跡を見つけることも多い。
 今回、僕たちが不死者退治に向かうのも、そういう場所だ。
 発見者が《柱の塚》と呼ぶそこは、どうやら古い、朽ちかけの木の柱が立ち並ぶ小高い丘であるらしい。

「ごく最近、発見報告があったけど、まだ探索は行われていない。
 その理由としてあげられるのは、だいぶ森深くにあることと――」

 風が吹く。
 辺りに、靄がかかってきた。

「地形的な問題なのか、古い魔法的な結界か、それとも土着の精霊か何かの悪戯なのかは分からないけれど、霧が出やすいこと」

 薄く白い霧は、進むごとに濃くなってゆく。

「そして最後に、不浄の気配があったこと。
 発見者の狩人さんはアンデッドを見たって言っているけれど……」

 だいぶ動転していたらしくて、目撃情報は曖昧だ。
 ゾッとするような気配とともに、霧の中で何かが動いていたような気がした――という感じで。

「何が出るか分からない。
 雰囲気に呑まれての勘違いならいいんだけど、注意して進もう」
「はいっ」

 それからしばらく、無言で霧の中を探り歩くと――
 ふと、視界が開けた。

「ひ……」

 後からやってきたルゥが、悲鳴を飲み込んだ。

「……これは、凄い」

 僕は、その光景に圧倒されていた。
 深い霧巻く丘に、無数の木製の柱が立ち並んでいる。
 半ば剥げているけれど、どうやらかつては、赤い塗料が塗られていたらしい。

「ぶ、不気味……ですね」
「そうだね。でも、荘厳だ」

 薄い白の靄の中。朽ちかけ、塗料の剥げ落ちた赤の柱の林立。
 奥へ視線を向ければ向けるほど、霧のなかでそれらは曖昧となり、ゆらり、ゆらりと揺れて見える。
 まるで、ひどく歪で細長い、血色の巨人の影のように。
 かつてこの場所に、確かにあった営為の残骸たちが、静かに佇んでいる。

 手の動きで合図をすると、湿った土を踏み、慎重に前に進む。
 今回、メネルはいない。
 実力的にツートップである僕とメネルが両方出張るほどでもないし、《ヒイラギの王》の予言のこともあるので、《灯火の川港(トーチポート)》に待機してもらっているのだ。

 けれど、これはちょっと後悔した。
 こういうのの探索に長けたメネルなら、あっという間に安全確認が出来たはずだ。
 ……まぁ、居ないものは居ないので、今回は僕がなんとかするしかない。

「…………」

 左右に目配りしながら、ゆっくりと丘に近づく。
 とりあえず柱を確認すると、やはり木製だ。
 きちんと製材されて、八角形か六角形にされて、地面深くまで埋められている。

 赤い装飾には、今では失われた何かの部族の風習や文化、宗教的な祈りが込められていたのだろうか――
 そんな風に考えていると、不意にひゅるりと、と生暖かい風が吹き――

「わぁっ!?」

 ルゥの悲鳴があがった。
 蒼白になったルゥが指差す方角、柱の陰。

 ――こちらを見ている何かが居た。



 ◆



「ゾ、ゾゾゾン……!」

 咄嗟に《おぼろ月》を構えつつ、蒼白になったルゥが指す方を見る。

「…………」

 ひび割れた顔。
 腐りかけた茶色の肌。
 虚ろな眼窩に、乱杭歯。
 それは。
 それはまさに――


腐乱死体ゾンビじゃない」


「へ?」
「ほら、よく見て」

 ルゥを連れて、近づく。
 それは恐ろしげに黒い眼窩を目を見開き、鳥の羽の軸で作られた歯を剥いた、人型に削りだされた木製の人形だった。
 多分、使われた木は立ち並ぶ柱と同じものだ。

「墓守さん、かな?」
「は、墓守?」
「うん。ここ、塚……墳墓なんだよ、多分」

 辺りに立ち並ぶ柱を見る。
 きっと……この一本一本が、かつてこの地に生きた誰かの墓標なのだ。
 そう考えると、この不思議な場所も、すっきりと説明が通る気がする。

「恐ろしげな顔をした人形が置いてあるのは、多分、盗掘者を脅すため」

 人形ごときでと思われるかもしれないけれど、前世の日本人形しかり、念の篭った感じのするヒトガタというのは怖い。
 後ろめたい気持ちで墓荒らしにきた人間にとっては、更に怖く見えるだろう。
 気合の入っていない相手を追い返せる、というだけでも有効だ。

「霧が出るのもひょっとして、魔法的な結界か、土地の精霊との契約なのかもね」

 先に逝ってしまった大切な人の、安らかな眠りのため。
 昔の人々が、工夫をこらした結果なのだろう。

「何代にも渡って、たくさんの手間をかけて作ってきた……気持ちのこもった場所なんだ、多分」
「…………」

 槍を置いて、膝をついた。
 ……手を組んで祈る。
 墓所を荒らしに来たわけではありません。
 どうか、安らかにお眠り下さい。
 しばらくの祈りを終えると、ルゥも同じようにしていた。

「……けれど」
「ん?」
「それじゃあアンデッドは、どこに?」
「ここがお墓となると、見間違えの可能性が高いのかなぁ、と思い始めてる」
「……? お墓というと、不死者が出やすいような気がしますが」

 ルゥの言葉に、僕は首を傾げた。


「どうして? みんな供養(・・・・・)されてるんだよ(・・・・・・・)?」


 お墓というのは基本的に、正しい手続きを踏んで弔われた死体ばかりなのだ。
 イメージ的にはともかく、むしろ不死者の発生率は低い。

「殺されて隠された遺体とか、野ざらしの遺体とかのが、不死神の加護を受けやすいんだ。
 ――あの神さまは、あの神さまなりに優しいからね」

 ぽつりと呟く。

「不死神が……やさ、しい?」
「優しいよ。凄く優しい」

 肩をすくめる。
 不死神スタグネイトは、優しい。
 ただ僕や、恐らく他の多くの人たちが、その優しさを受け入れられないから悪の神と呼ばれるだけで。
 その呼称は、決して彼の優しさを否定するものでは、ないと思う。

「人が見るも無残に、失意の、悲嘆の死を迎える。あの神さまはそれが、我慢ならないんだ。
 だからこの世界には、たとえば精霊神の祝福で季節と自然の様相が移り変わるように。
 あらゆる死んだ生物は、己の悲劇を覆す権利が、不死神から与えられている。
 ……アンデッドとなり、再び起き上がることで、ね」
「…………あの」
「ああ、もちろん言いたいことは分かるよ。そんなもの多くの人間にとって、嬉しくないどころか傍迷惑な祝福だ」

 肩をすくめる。

「生きてる方も、死んだ両親が腐った体で自分を抱きに来たら、嬉しいどころか色々な意味でたまったものじゃない。
 死んだ方も死んだ方で、大抵、死の直前の後悔ばかりが頭に焼き付いて、ろくな理性が残らず暴走するばかり。
 理性的なアンデッドになれるのは……ごく一部、強い意志と魂を持ってる人たちだけだ」

 ただ、それでも――

「それでも、不死神が善意で祝福を与えてるのは事実なんだよ。
 彼は心底から、『君たちは失意のままで生を終えなくていい。その魂の輝きで、死を覆せ』って、そう思ってる」
「…………あの」

 ルゥが凄く何か言いたげにしていた。

「ウィル殿。その……やけにお詳しいですけど、あの、まさか……」

 あっ。

「不死神の《木霊エコー》……あ、いや、まさかウィル殿でもそれはありませんよね。
 《遣い(ヘラルド)》か何かと、遭遇したことでも、あるとか?」
「…………」
「な、なんで目をそらすんですか!?」
「い、いや……その、なんていうか、その。ハハハ……」
「ハハハじゃないですよ!?」
「ハハハ……」



 ◆



 そんな一幕をはさみつつ。
 それから暫く丘を歩きまわったけれど、やはり不審なものは見受けられなかった。

「うん、これは見間違いが濃厚っぽいね」
「か、空振りですかー……」
「あはは……まぁ、そういうこともあるよ」

 せっかくの初陣と覚悟を決めてきたのに空振り。
 ルゥは虚しさと切なさが入り混じった表情で、がっくりと肩を落とした。

「あ……で、でも、狩人さんは不浄の気配がしたと言っていましたよね!」
「気配って曖昧なものだし、この雰囲気だと『アンデッドを見た!』と思えば、そんな気配がした気になっちゃうかもしれないよ?」
「それもそうですけれど……」

 とはいえ、確かにそこだけは気になるところだ。
 本当に見間違いだったなら、何事もありませんでした、で良いんだけれど……
 もし、「何事もありませんでした」と報告して後で被害が出たら大変だ。

「ん?」

 そんな風に考えつつ、丘の周りを一回りしていた時だ。
 霧の中。丘の麓、灌木と下生えの影に、何かがちらりと見えた気がした。

「ルゥ、こっち」

 下生えを踏み分けて、近づく。
 それは朽ちかけた扉だった。
 丘の麓、下生えや灌木に紛れるようにして、設置されている。

「塚の……内部への入り口?」

 丘の大きさからして、多分そう大きなものではない。

「…………」

 盗掘者対策の魔法や罠が仕掛けられている可能性もある。
 けれど、確かめないわけにはいかない。
 心のなかで埋葬者さんたちに詫びの言葉を述べる。

「ここも、調べよう」
「はい」

 聞き耳を立てる。
 十分に注意しながら扉に手をかける。
 扉は鍵もなく、きわめて単純な構造をしていて、ずいぶん年月が経過した今もなんとか開いた。

「《(ルーメン)》……と、よし」

 湿った土の通路……確か羨道えんどうというそれを、崩落の気配に注意しながら慎重に奥に進んでいく。
 塚の最奥である玄室には、間もなくたどり着き――

「……っ!?」
「ひっ」

 その瞬間、異常なほどの密度の不浄の気配が全身を襲った。
 全身が硬直するとともに、総毛立つ。
 違う。
 これは違う。
 尋常の、自然発生のアンデッドなんかじゃ


【――ようこそ。我が寓居へ】


 闇の奥から、声が響いた。
 背筋が凍った。
 その濃密で、思わず膝をついてしまいたくなるほどの気配に――僕は、覚えがあった。
 ルゥが、戦斧の柄を両手で握ったままガタガタと震えている。


【3年ぶりかね? 灯火の戦士よ】


 紅い目が、玄室の奥の闇にある。
 笑っている。――目を細めて、笑っている。

◆小説家になろう 勝手にランキング◆
評価やブックマーク、感想、レビュー等、本当にありがとうございます。
作品を継続するモチベーションとなっております。
685047.gif
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ