挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
最果てのパラディン 作者:柳野かなた

〈第三章:鉄錆の山の王 前編〉

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

79/157

12

 メネルに延々と追い込まれ、力を絞り尽くされ、昼食時には、ルゥはすっかり食堂でバテていた。
 あれだけ頑強なルゥの体力を根こそぎ奪うのだから、メネルは本当に大したものだ。

 とはいえ本人も相当消耗したようで、「外で食う。あと頼む」と言ってフラフラ街へと出て行った。
 教える相手の前では、弱ったところは見せたくないらしい。
 なんというか、野生動物っぽいというか、メネルらしいというか。

「はい、ご飯」

 と、朝方に通いの家政婦さんたちが作りおきしていってくれた、野菜と燻製肉のスープを深皿に盛って机に置く。
 それにふわふわというよりはずっしりとした感じの、密度の高い雑穀のパンと、茹で卵。
 ……とにかく、量はある。体作りのためだ。

「の、喉を、通る気が……」
「鍛錬がムダになるから、通らなくても押しこむ。
 動いたら動いた以上に体に食べ物を入れないと、鍛錬にならない」

 運動後には大量に食べる。
 ブラッドからも繰り返し仕込まれた基本だ。これができないと、鍛錬は鍛錬にならない。
 絶食状態で動いて筋肉を弱らせるくらいなら、いっそ動かないほうがまだマシだ。

「ゆっくりでいいからこれ全部、体に入れよう」
「は、はい……」

 食前の祈りを終えると、ゆっくりと食事に取り組むルゥを見ながら、煮出した薬草茶をカップに注ぐ。
 こちらも日々鍛錬しているのは同じなので、黙々とよく噛んで、飲み下していく。
 へたばっている相手に、わざわざ話を振って余計疲れさせる気もないので、無言のままだ。

 こうずっしりして、若干酸味があるパンというのは、前世だとドイツあたりのだっけ……
 などと、クセのある雑穀パンを噛みながら考えていると、


「……その、改めて、ありがとうございます」


 ルゥが、姿勢を正して口を開いた。

「? どうしたの?」
「従士として迎え入れて下さったこと、こうして鍛えてくださること、食事や給金まで与えて頂いて……
 本当に、感謝しているのです」

 ハシバミ色の瞳が、こちらをじっと見つめてくる。
 つまんでいたパンを手放して、視線を合わせる。

「……私たちの、昔話はご存知ですか?」
「うん」
「で、では、私の立場についても」
「おおよそ想像は付いているつもりだよ。
 細かく詮索したりはしないから、言いたければいつでも言ってくれればいい」
「…………はい」

 ルゥは少し、視線を落とした。このルゥという呼び名も、多分略称だ。
 僕はまだ、彼の本名を知らない。

「私は……その、氏族の中にあって、貴顕の血筋でした」
「うん」
「父母が早くに病で亡くなったことから……
 氏族の皆によって、世間の波風から守られて育ちました」
「そのようだね」

 ずいぶん大切にされていた。

「しかし、そ、それで良いのかと思う自分も居たのです。
 炎の神を祖神と仰ぐドワーフの誇りは、戦士の誇り。
 ……その氏族を担う私が、こんなに弱くて、臆病で……」

 でも、だからこそコンプレックスも生まれてしまったのだろう。
 貴い身分に生まれついたものとしての、義務感や責任感もあったのかもしれない。

「…………」
「わ、私は貴方の話を聞いた時、憧れました。
 年も近い貴方が多くの武勲を打ち立て、一つの地域を担う領主と仰がれている。
 貴方のようになりたい、と思いました」

 ルゥが、緊張にこわばった表情から、こぼれるように笑みを浮かべる。

「だから……今、貴方の側近くにお仕えできて、夢のようなんです。
 戦士の何たるか、勇気の何たるかを、貴方から学べることが、嬉しくてなりません」

 なんだかこちらまでくすぐったくなる、そんな笑みだった。

「……ありがとう。ひと時なりと、君に相応しい主であれるように努力するよ」

 照れたように笑って、そう答えた。
 それから――

「でも、勇気の何たるかは、教えられる自信がないかな?」

 少し冗談めかして、そう付け加えた。



 ◆



 その言葉に、ルゥはきょとんとした顔をした。
 何を言われているのか分からない、といった風だ。

「え、っと……」
「僕は、さして勇気があるわけじゃないってこと」
「…………ワイバーンや、大キマイラに立ち向かったのに?」

 問いに対して、僕は頷いた。

「ねぇ、ルゥ。世間からは僕の行いは、勇者の行いに見えるかもしれない。
 恐ろしい怪物に立ち向かう、勇士だって。――でも、どうだろう」

 自分では、とてもそんなふうには思えない。
 だって、


「確実に勝てる相手に挑むことって、『勇気がある』って言うのかな?」


 ルゥが目を見開いた。

「確実に勝てる、相手……?」
「勝てるんだよ」

 勝ててしまう。
 僕はあのワイバーンと、もしまた素手で向き合っても、100回やって100回勝つだろう。
 キマイラと向き合っても、適切な武器と防具さえあればまず遅れは取らない。

「これは率直な戦力分析として――僕はワイバーンよりもキマイラよりも、圧倒的に強い。
 訓練した動きに任せるだけで、殺せる」
「…………」
「僕は多分、君や皆が想像しているより、ずっと強いんだ」

 実際に僕が、普通の人とどれくらい隔絶した位置にいるのか――
 それを知っているのは、多分、メネルやレイストフさん、他に目の利く数名くらいだろう。

「怖くないんだよ。ワイバーンも、キマイラも」

 相手の戦力に恐怖を感じたのは、一度だけ。
 あの黒い靄をまとった、あの存在にだけは、絶望して、膝を折って、うずくまった。
 そして、あの時に立ち上がれたのは――決して僕に勇気があったからじゃあ、ない。

 もし、僕一人だったら。
 きっと恐怖と絶望に打ちひしがれて、嵐のすべてが過ぎ去るまで頭を抱えていただろう。

「自分よりずっと弱い相手に勝つ人を、勇者とは言わない。
 怖くないものに勝てたからって、それは勇気じゃない」
「……では」

 ルゥは、戸惑ったように尋ねてきた。

「では、勇気とは、いかなるものなのです?」
「……僕も、その答えが欲しいな、って思っているところ」

 あの時は、マリーの叱咤があったからこそ立ち上がれた。
 3人を守りたいから、震える足で、無理にでも前に進めた。

 僕は、取り立てて勇気に満ち満ちているわけではない。
 重ねた鍛錬と、積み上げた準備で、勝つべくして勝っているだけだ。
 むしろ前世の性分を引き継いで、臆病な方かもしれない。


「どうやったら、自分より強い相手に、勝算もなく挑めるんだろう?」


 戦いの時は近い。
 完勝できる布陣なんて、きっと組む猶予はないだろう。
 でも、その時、僕は怯えず戦えるのだろうか。
 分からない。

 ……勇気というのは、どうやって奮い起こすのだろう?
◆小説家になろう 勝手にランキング◆
評価やブックマーク、感想、レビュー等、本当にありがとうございます。
作品を継続するモチベーションとなっております。
685047.gif
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ