挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
最果てのパラディン 作者:柳野かなた

〈第一章:死者の街の少年〉

25/153

25

 不死神の《木霊》が消滅して。
 実は真の本体である三体目が居たとか、更なる敵がとか、そういう展開もひとわたり警戒して。
 その上で、やっと勝利を確信した時、こみ上げてきたのは歓喜というよりも、へたり込んでしまうほどの安堵感だった。

「……よ、よかった……」

 戦闘でずいぶん荒れた神殿の床に座り込んで、はぁぁ、と深く息をつく。
 強敵だった。それも掛け値なしの。

 神さまの《木霊》を撃破したわけだけれど、不思議と達成感があまり湧いてこなかった。
 どう考えても、勝因の多くが僕以外のところにあったからだろうか。

 ブラッドから貰った高位魔剣、《喰らい尽くすもの(オーバーイーター)》の存在とか。
 ガスが既に相手の隠し球であったはずの、《木霊》の片割れを倒してくれていたこととか。
 灯火の神さま、グレイスフィールが僕に守護神として加護をくれたこととか。
 そしてマリーの守護神である地母神マーテルが、土壇場で数秒だけ時間を稼いでくれたこととか。

 更に言えば、これまで3人が分け与えてくれた、剣や魔法、祈りの技術。
 そしてそういう戦闘能力よりももっと大切な、人間としての芯のようなもの。

 そういうものが積み重なって、なんとかギリギリ、撃退できたのだ。
 何かの拍子に僕が死んでいてもおかしくなかったし、どれかの要素が欠けていたら勝ち目なんて無かった。
 神さまの加護のおかげであり、そして何より3人のおかげだ。

 周囲に恵まれた。
 その幸運をかみしめていたら、ぎゅっと抱きしめられた。

「ウィル……ウィル、よく無事で……っ」

 焚いた香木の、優しい匂いが、ぎゅっと僕を包む。

「……ウィル、よくやったな」

 骨っぽい、柔らかさのない手が、乱暴に僕の髪をかきまわす。

「ふん。血のつながりはないとはいえ、仮にもマリーとブラッドの子。このくらいは成し遂げて当然じゃ」

 相変わらずの、素直じゃない憎まれ口。

「マリー、ブラッド、ガス……!」

 3人の声に、涙が滲んできた。
 心が震える。今更に、達成感を感じる。

 そうだ。
 僕は物語の英雄みたいに、神さまを倒したかったんじゃない。
 ただ、3人を、大切な家族を守りたかった。
 前世のように、うずくまったままでいたくなかった。
 ただ、それだけを願って、命をかけて戦って。

「うん、やった……やったよ……」

 守れた。
 ちゃんと、立ち上がって、戦えた。
 うずくまったままじゃ、なかった。
 3人とも、ここにいる。
 ……守れたのだ。

「よかった……よかった……」

 こみ上げてくる色々な思いに、胸が詰まる。
 ぽろぽろと涙がこぼれた。

「みんな無事で、よかった……」

 マリーを抱きしめ返す。
 ブラッドを、ガスを見た。

 笑っていた。
 みんな笑っていた。
 つられるように、僕も泣きながら笑った。

「よーし、んじゃ改めてウィルの成人祝いも兼ねて、祝勝会だな!」

 ブラッドが威勢よく拳を振り回した。

「そうですね、片付けとかは後日でいいでしょうし」
「うむ。ならばとっておきの、200年もののドワーフ火酒ドワーヴン・スピリッツをじゃな」
「火酒!? ガス爺さん、んなもん隠してたのかよ!」
「子供に飲ませるには勿体無い酒じゃろうが!」
「ドワーフ火酒? それって美味しいの?」
「うむ、実体がありゃワシが飲みたいくらいじゃ!」
「いいじゃねぇか、フリだけでもよ。めでてぇ席だ!」
「そうそう。ガスも一緒に飲もうよ!」
「ウィル。……飲み過ぎないようにするんですよ? 前みたいなことがあったらもう容赦しませんからね?」
「は、はいっ!」
「目ぇ見開いて真顔で見つめると、お前、超怖ぇのな……」
「ふふ、ブラッドの顔ほどじゃありませんよ」
「はは、違いないわい」
「それでガス爺さん、火酒ってのはどこに……」

 そんな風に、わいわい話しながら。
 移動しようとしたところで――



 マリーとブラッドが、膝から崩れ落ちた。




 ◆



 何が起こったのか一瞬わからなかった。

「マ、リー? ブラッド?」

 自分の発する言葉が、やけに場違いに思えた。

「あー……やっぱ、ダメか」
「ダメみたいですねぇ」

 2人は何度か立ち上がろうと試みて、足が動かないのか、諦めてその場に座り込んだ。

「仕方ありません。執着も消えて、不死神に魂を売るのも拒否して、善なる神を信仰しながら、なお不死者でいたいです、なんて通るわけがありません」
「ま、そりゃそうだよなぁ。……祝勝会が終わるくらいまでは、目こぼししてほしかったっつーのは本音だが」
「グレイスフィールはものすごく手心を加えて下さっていますよ。本来なら即座に消えていても不思議じゃあありません」

 何を言っているのか理解できない。
 理解したくない。

「あー、ウィル。……俺とマリーはここまでだ」
「じょ、冗談だよね」

 受け入れたくなくて、反射的にそんな言葉が口からこぼれた。

「ふ、二人して、悪戯してるんだよね」

 声が震える。

「せっかくのお祝いなのに、ひどいなぁ、もう……」
「ウィル。……あなたは賢いから、分かっているでしょう?」

 でも、やっぱり。
 頭のどこかでこうなることは理解していて。
 そう言われて、見つめられると、もうダメだった。

「…………そういうこと、いきなり言うなら。悪戯だって種明かしして、笑って欲しかったよ」

 拒絶の気持ちは、ゆっくりと萎んでいった。
 息をつく。
 あとに残ったのは、諦め混じりの、虚ろで、寂しい気持ち。
 寂寞、ってのはこういう時に使う表現なんだろうか。

「すまねぇな」
「ごめんなさいね……」

 マリーも、ブラッドも、似たような気持ちを抱えているのかもしれない。

「……どうにかならないの?」
「なりません。できたとしても、してはいけません」

 マリーが首を横に振った。

「お前も言ったろ? 『ちゃんと生きて、そして死ぬ』ってやつだ」

 途中でちょっと200年くらい迷ったが、まぁぎりぎりセーフだろ、とブラッドがおどけるように言った。

「それに、親は子供よりも先に死ぬものです。それが自然の、大地の摂理というものです」

 マリーが言った。
 地母神の神官らしい言葉だった。

「うん、そっか。そうだよね」

 それが本来の在りようだ。
 僕の守護神である灯火の神さまだって、同じことを言うだろう。
 でも、

「……一度だけ、言っちゃいけないことを言うね」

 でも、



「それでも僕は、マリーとブラッドが逝くところなんて、見たくない」




 ◆




 嫌だ。
 絶対に嫌だ。
 見たくない。
 マリーとブラッドが逝くところなんて、見たくない。

 瀕死の親を前にした子供としても、輪廻と魂を司る神の神官としても、絶対に言ってはいけない言葉。
 不死神に対する、あの格好をつけた宣言さえ覆す言葉だ。
 でも、言わずにはいられない。

「いつかここに帰ってきた時、またマリーとブラッドに会いたい。
 ブラッドと試合をしてやっつけたりやっつけられたりして、馬鹿なことを言い合いたい。
 マリーと一緒に家事をして、上達しましたね、なんて言って欲しい。
 いつか僕の子供や孫とかを見て欲しいし、その子たちにも僕みたいに色々教えて欲しい」

 それが、夢だった。
 どこかで半ば叶わぬと分かっていた、甘い夢。

「それなのにもう、いま、消えちゃうなんて。
 ここでお別れだなんて、ひどいよ、嫌だよ、耐えられないよ!
 2人がいなくなったら、僕はこれからどうやって生きていけばいいのさ……!!」

 声が震える。
 あとからあとから涙が出てきた。

「いかないでよ……嫌だよ……ずるしてもいいから、残ってよ……」

 我ながら、情けない姿だった。
 泣いて、わめいて、駄々をこねて。
 まるで、子供だ。
 でも、それでも、伝えたかったのだ。

「……マリー」
「ええ」

 そんな僕を見て。
 マリーとブラッドは、視線を合わせて頷く。
 それから2人はそれぞれ拳を作ると、僕の頭をこつりと叩いた。
 痛くない。軽く小突くような、そんな拳。

「ダメだ、ワガママ言うな」
「ブラッドの言うとおりです。聞き分けなさい」

 優しい言葉で、叱られて。

「ぅ……」

 それでもう、こみ上げてくるものに、耐え切れなくなった。

「う゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛あ゛あ゛……っ」

 涙が溢れる。
 くしゃりと顔が歪んで、視界は涙でぐちゃぐちゃで。
 何度も何度も、しゃくりあげる。

 こんなに泣くのはいつ以来だろう。
 こみ上げる感情は、もう言葉にならない。

「ハハハ、久々に父親らしいことやったな」
「ウィルは、ほんとうに手のかからない子でしたからね」

 2人が笑い合っている。

「……なぁ、ウィル。俺たちもお前のためなら何でもやってやりてぇよ。だけど、そりゃダメだ」

 ブラッドが僕に向けて、語りかけてくる。

「俺たちが逝ったら、どうやって生きてくんだ、だって?
 ……それでもなんだかんだ、生きてくんだよ。
 もう生きていけない! なんて思ってもな、人間、意外と飯食って寝てりゃ死なねぇし、別の大事なモンだって見つかるんだ」

 ブラッドがぐいと僕を引き寄せ、赤ん坊の頃以来はじめて、僕を抱きしめた。
 予想通り、暖かさのかけらもない、隙間風だらけの硬い骨の感触だった。
 わしゃわしゃと、子供の頃と変わらない調子で頭を撫でられる。
 全然心地よくないその感触に、また涙が溢れた。

「外に出たらな。いっぱいダチ作って、綺麗な姉ちゃんの2人や3人はひっかけて、楽しくやるんだぞ」
「ブラッド。不誠実なことを勧めちゃいけません。……ウィル、恋愛や結婚は誠実に、ですよ!」

 まったく、とお説教めいた調子でマリーが言って。
 それから……と、言葉を継いだ。

「ウィル。あなたは灯火の神に強き誓いを立て、神殺しを成し遂げました。
 それは英雄の所業です。あなたのこれからの運命は、波乱に満ちたものになるでしょう」

 居住まいを正したマリーの言葉は、まるで託宣を下す神官のような厳かさで。

「損をすることもあるでしょう。理不尽に責められることもあるでしょう。
 助けた人に裏切られ、行った善行は忘れ去られ、築いたものを失って、多くの敵ばかり残るかもしれません」

 でも、その厳かな雰囲気も、すぐにふわりと和らいだ。
 招き寄せられ、ぎゅっと抱きしめられる。

「それでも、人を愛してください。
 善いことをしてください。
 損を恐れず、壊すより作り、罪には許しを、絶望には希望を、悲しみには喜びを与えてあげて下さい。
 そして、あらゆる暴威から弱い人たちを守ってあげて。
 ……私たちのために、不死なる神に挑んだように」

 たぶん、これが最後の抱擁だと分かっているのだろう。

「ウィル。ウィリアム。……私の子。ブラッドと私の、かわいい子。」

 僕を抱きしめるマリーの腕は、震えていた。
 僕の腕も、震えていた。

「人は、決意一つあれば、何だって始めることができるんです。そのことを忘れないで。
 ……勇気の精霊と善き神々の加護が、常にあなたとともに在りますように」

 ふと、涙のせいじゃなく、マリーの顔が二重にぼやけてみえた。
 霊体が分離しかかっているのだろう。

 豊かな金髪と、ちょっと垂れ目がちのエメラルドの瞳、ほっそりとした立ち姿。
 ……淑やかで優しそうな、おかあさんの姿があった。

「結果を信じて前に出ろ。
 お前は考えこむとこがあるけどな、悩み過ぎて足を止めるんじゃねぇぞ」

 ブラッドの姿も、二重にぼやけて見える。
 獅子のような赤毛、戦士らしい鋭い目つきに、隆々と鍛えあげられた肉体。
 ……野性的で快活な、おとうさんの姿だ。

 2人の姿と、貰った言葉を、胸に刻んだ。
 きっと、忘れない。
 それは神さまの灯火のように、きっと僕の生を照らしてくれるものだから。

 そして暫く、無言で居ると……ふと、ごほん、と咳払いの音がした。
 振り向くと、ガスが居た。
 どこから持ってきたのか、高そうな火酒の瓶と、グラスを4つ浮かせて持ってきていた。

 ぽつんと佇むその様子を見て。
 なんだかおかしくなって、皆でどっと笑った。

 それから4人で、火酒を飲んだ。
 4人で酌み交わした初めてのお酒は、喉を焼くほど強い酒精と、芳醇な香りが印象的で。



 ――――その晩、聖なる灯火に導かれて、僕の両親は輪廻に還った。




◆小説家になろう 勝手にランキング◆
評価やブックマーク、感想、レビュー等、本当にありがとうございます。
作品を継続するモチベーションとなっております。
685047.gif
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ