挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
最果てのパラディン 作者:柳野かなた

〈第四章:栄華の都の娼女〉

129/153

14

 それから色街でルナーリアさんに頼って何ヶ所かで施療を施した。
 本当に病人が多くて、奇跡を乞い、祈りを重ねた負荷でけっこう頭がフラフラする。

 《涙滴の都》は大都市だ。
 僕一人いれば手が回り切る、人の疎らな《南辺境大陸》の果てとはまた違うのだと、実感させられた。

 とはいえやることは変わらない。
 神さまに代わって、神さまがしたいであろうことをするだけだ。

 治療の合間に現状を聞き取り、経済や衛生の状態などについて確認をとって、問題点をメモして。
 妓楼の一室で、あれこれと今後の方針を考えていると――

「……よくやるわね」

 と、ルナーリアさんが言った。

「慣れてますから。ずーっと、やってきたことです」

 笑って答える。
 もう、この手の施療やらは何度も経験していることだ。

「…………」

 ルナーリアさんはそんな僕を、色違いの瞳で、なんだか無表情に見つめて――

「ねえ」
「なんでしょう」
「あなた……生きてるの、楽しい?」

 静かな問いだった。
 どういう意図だろう、と小首を傾げてみると、彼女は言葉を続けた。

「何かの歌で聞いたけれど、貴方、神さまにかなり強い誓いを立てたのよね。それで、そうやって誓いに沿って生きてる」
「ええ」

 その通りだ、と頷くと――彼女はやっぱりなんだか無表情に。
 微かに紫苑と黄金の瞳を彷徨わせ、それから重ねて問うてきた。


「……誰かのために自分を切り売りする人生って、楽しいかしら?」


 静かな声で。
 静かな問いだった。

「なんだか貴方、すごく無欲で、平坦に見えるわ。……ともすると人を救って、神さまの威光を振りまく、カラクリ人形なんじゃないかって思える。
 こんな仕事をしているから、欲望のくすぐり方、人をうまく煽てて気分よくさせる方法なんて、両手の指より多く知っているけれど」

 貴方を舞い上がらせられる気はしないわね、と彼女は言った。

「貴方に我欲はあるの? 貴方の生は、喜ばしいものなの? ――貴方は、生きていて楽しいの?」

 その目、その声音には、僕を貶めようという意図はなく。
 ――それどころか、何か切実なものがあるような気がして。
 僕は、唇を引き結ぶと、表情を改めた。

「楽しいですよ。僕の生は、喜ばしいものです」

 断言する。

「まぁ、そりゃ――戦うのは痛いし怖いし、命を奪うのは嫌な気分です。悪疫や汚濁の満ちる場所に行くのだって、愉快な気持ちにはならないです。
 別に何かしたからって感謝されるとは限りませんし、有名になればそれだけで立場ができる、敵もできる。僕を懐柔しよう、利用しようって人もいる」
「そうね、私みたいなのが出てくるのだものね」

 諧謔めいたルナーリアさんの言葉に、苦笑して肩をすくめる。
 正直、不死神の立ち回りとかに比べれば、貴女は可愛いものですホント。

「でも、それでも、人を愛することは喜ばしいことです。善いことをすることは、楽しいことです」

 俯いていた誰かが、上を向いてくれたら、僕も上を向けた気がする。
 無念を抱えていた誰かが輪廻に還ることができた時、僕も救われた気がする。

 うまくやれることばかりじゃない。
 救えることばかりじゃない。
 僕の手の及ばないこともある。
 でも、それでも――

「あの物静かな神さまと一緒に、そうやってずっと歩いていけるなら……それはきっと、この力で色々な欲を満たすより、ずっと安らかで幸せなことだと、そう思うんです」

 多分、今の僕ならその気になればけっこう色々なことができるだろう。
 大抵の欲望なら満たせると思う。

 ……でも、僕は今のところ、あんまりそういうことに価値を感じない。
 竜の因子にあまり惑わされていないのも、あるいはそのお陰かもしれない。

「まぁ、なんていうか……そんな感じです」

 そう言うと、ルナーリアさんは――

「――……ああ、そっか」

 ふと、納得したように頷いた。

「なんだかやけに平坦で、不思議で。でも貴方みたいな雰囲気の人、どこかで見たことあると思ったのよね」

 色違いの目をした彼女は、趣深げに何度も頷き――

「そうよ、やっぱりそう。――貴方、あれに似てるのよ」
「? 何に似てるんでしょう」

 ちょっと気になる。
 僕が似てるって、一体……


「凄くいい結婚をして、いい家庭を築いてる人。……貴方、それよ!」
「……!?」


 納得顔の彼女と対象的に、僕は随分ぎょっとした。
 そんな僕の顔を見て、おかしそうに笑う彼女の顔は、ずいぶん晴れやかだった。



 ◆



「け、けけけ結婚!?」
「そうそう」

 と、彼女は頷いた。
 謎が解けたことがよほど嬉しいのか、普段の口元を隠す上品な笑いとは違う、童女のように無邪気な笑顔だ。

「良い結婚をして、奥さんと過ごすだけで満たされる、みたいな人ってそんな感じなのよね」
「……い、いや、僕、独身で……」
「神さまと添い遂げるって誓ったようなもんでしょ?」
「…………」

 そう言われると、ちょっと反論しがたい。
 どうしてか妙に顔が火照る。

「ふふふ、照れてる照れてる」
「い、いや、別に」

 結婚とか言われて、神さまの新妻姿とか想像したりはしてませ――いやちょっとしましたゴメンナサイ。

「なーるほどー、そうか、そうか、そりゃあどう手管を使っても無駄なわけだ、無敵だもん」
「無敵ですか」
「私の師匠とか、たくさんの貴族を翻弄する物凄く高い女だったんだけれどね。本気で恋した相手に、良い婚約者がいて……何をしても苦笑されて、通じなかったらしいわ。
 なんだか飄々と受け流されて、最終的に『今度、結婚します』って言われたら、もうすっかり何も言えなくなっちゃって、『おめでとう』って言う他なかったって」

 それで耳にタコができるほど言われたものよ。
 狙うなら独身者か、政略と契約のために割り切って結婚してる男を狙いなさい、って。

「――できれば恋をするときも、ね」

 彼女は、どこか遠くを見るようだった。
 その師匠との日々を、思い返しているのだろうか。

「恋、か……」

 どんな気持ちなんだろうか。
 朧な前世の記憶は虫食いのように欠け落ちていて、もうその感情を思い出すことはできない。

「あら、聖騎士さまでも恋に興味が湧くことはあるの?」
「そりゃあまぁ、年頃ですから」

 誰か可愛い女の子と出会って、とか。
 ちょっとくらい夢想をしてみることが、無いとは言いませんよハイ。年頃ですから。

「……あら、年頃じゃなければ恋をしないとは限らないわよ? お年を召して、伴侶を失った貴族がたの御茶会での、ドロドロの鞘当てとか聞くし――」

 こ、怖っ。
 上品に口元を隠しながら笑ってるけど、怖いよ!

「まぁ、でも、そうね。……あんまり憧れは持たないほうがいいかもね」

 彼女は肩をすくめて笑った。

「恋なんて案外、禍々しくて不吉で狂気じみたものよ」

 年頃の女性が語るにしては、あまりにアッサリした声で。
 彼女は恋を、そう評した。

「ずいぶんな評価だね」
「ええ。たとえば、そうね。……愛してくれなきゃ死ぬ、なんていう人を何人も見たけれど」
「何人も見るんだ……」
「見るのよ」

 凄絶だな……

「でも、死を使って脅迫すれば愛が勝ち取れると思う? むしろ重くて面倒くさくて煩わしいと思うだけでしょ?」
「……まぁ、そりゃ」
「そんなことも分からなくなるのよ、恋に落ちた人というのは」

 呆れと、微かな嫌悪のこもった声。

「……ああ、落ちるってのは良い言い回しね、そう。落ちてるのよ」

 連中は落ちてる。
 そう、彼女は繰り返した。

「――お客さんのこと、嫌いなの?」
「大好きよ。その時だけは、誰とだって本気。――嫌いな人でも好もしい人でも、会う時だけは、心底から『大好きだ』って思い込むの」

 彼女は笑う。
 口元をかくして、上品に。

「ま、貴方には通じないようですけれど」
「……幸いだった、かな」
「騙されずに済んで?」
「そうじゃなくて」

 首をゆっくりと左右に振る。

「僕は、貴方のお客には向かないかもしれないけれど。……友だちには、なれそうじゃないですか?」

 そう言うと、彼女は目をぱちくりと瞬かせた。

「とも、だち」
「ともだち」

 ビックリした様子の彼女に、頷きかける。

「…………男の友だちなんて、考えてもみなかったわね」
「考えてもみなかったんですか……」
「男女間の友情が成立するとは考えない派なの、私」

 まぁ、分からないでもない気がするけれど――

「けど、そうね。確かに貴方は私に恋とか色欲とか、そういうもの、感じないみたいだし」

 案外、友だちになら、なれるかもしれないわね。
 そう言って、彼女は笑った。とても好もしい笑みだった。


 ◆


 涼やかな水音と共に、運河が流れる。
 夏の夜。魔法の灯りの灯された川沿いの道に、涼やかな風が吹き抜ける。

「……夜の四点鐘には間に合ったかな?」

 灯りの点った無数の楼閣から、笑い声や、歓声や、甲高い嬌声が聞こえてくる。
 前世と違って、時計がない今生で、時間の把握はけっこう曖昧だ。

「大丈夫よ、鐘の音を聞き落としたりはしていないはずだし」

 ふらりふらりと、微妙な感覚を空けて、共に歩く。
 なんとなく、穏やかな気持ちだった。

「ねぇ、ウィリアム。……そういえば、神さま(おくさま)との馴れ初めって聞いていい?」
「奥さまじゃありません。あと、馴れ初めって――」
「ふふ、いいじゃない。案外、灯火の神さまもそう言われて喜んでるかもしれないわよ?」
「いやいやいや……」

 まさか、まさか。
 ……まさかですよね、神さま。

「ま、そこはいいけどね。……あなたはどうして神様に生涯を捧げると決めたの?」
「それは――」

 思い返す。
 あの、数え十四歳の最後の日。
 ――冬至の前日の、絶望を。

「成人する前の日、知ったんだ。――育ててくれた両親が、不死なる神に魅入られている、って」
「…………」
「僕を愛してくれた、大切な両親だった。だから守りたくて、剣と魔法を武器に、悪神の木霊に挑むことにした」

 あの日のことは、忘れない。

「もちろん、勝ち目なんて無いに等しかった。……あっという間にやられて、死にかけた僕に、神さまは声をかけてくれた」

 忘れない。
 絶対に忘れない。

「命の重み。死の絶望。消え行くすべての命への慈しみ。戦う覚悟。――そういうものを忘れない限りは、資格があるって。共にゆこう、って」

 この生が終わり、再び彼女に導かれるまで。
 僕は決して、あの光景を忘れることはないだろう。

「――だから、僕も共に歩んで下さいって願ったんだ。僕の生涯をもって、あなたの剣となり、手となります、って」

 あの瞬間に、契約は成ったのだ。
 流転の女神の、その灯火にかけて。

「そう。……それで、勝てたの?」
「勝ったよ。ちゃんと両親の魂は、その、正しく輪廻に還った。今思い返しても、ギリギリだったし――すっかり目をつけられてしまったけれど」
「不死神に?」
「不死神に」

 彼女は顔をしかめた。

「まるで神話の英雄譚ね……大丈夫なの? それ」
「大丈夫じゃないです」
「貴方、実は結婚相手としてはとんでもない事故物件なんじゃ……」
「言わないで」

 分かってる、分かってるんだ。
 分かってるけどどうしようもないことはあるんだ……!

「まぁ、いいわ。私が貴方と結婚するわけじゃないしね。……貴方と結ばれる誰かに同情するわ」
「やめて、へこむ」
「それとも神さま(おくさま)に操を立てて、生涯、清い身のままかしら」
「最近それもアリかなってちょっと思い始めてきました」

 ひ孫の顔見られないから、ガスは嘆くかなぁ。
 よ、養子とかでワンチャンあるかなぁ……!?

「……一晩相手してくれる、気立ての良い子とか、紹介する?」
「そういう気の回し方、ホントやめてください」

 別に童貞であることを気にしてるわけじゃないのです。
 いや、ホントに。

「……それで神様の加護を得て、辺境で頭角を現して、聖騎士に?」
「そんな感じ。あー……」

 ちょっと聞いていいのか迷うのだけれど。

「ルナーリアさんは、今の立場に至るまで、どんな感じで?」
「そんなに恐る恐る聞かないでいいわ。――あと、呼び捨てでいいわよもう」
「いや、でも……」
「そこで遠慮するあたりホント童貞臭いわよね……」
「う、うっさい! そ、それでルナーリアはどうなのさ!」

 だんだんこの人、歯に衣着せなくなってきてるな!

「別に、そんなに面白い話でもないわよ」

 彼女――ルナーリアは苦笑して、肩を竦めた。

「貧しい農家の幼い娘が、人買いに買われて、色街に売られて、育って……そのまま売春婦(プロスティテュート)として生きて死ぬだろうところ。たまたま師匠に目をつけられたのよ」
「師匠って言うと――」
「そ。歳をとって引退して、妓楼の娘に楽器なんて教えていた、先代の『ルナーリア』ね。……ほら、私の瞳、色が違うでしょう?」

 ――虹彩異色症(ヘテロクロミア)
 謎めいた紫苑と、艶やかな黄金。

「ハッタリが効くし、面白そうだって。師匠は私を買い取って、手管を色々教えてくれた。それが面白くて……気づけば、高級娼婦(コーティザン)になってた。でも」

 肩を竦める。

「……結局、変わらないのかもね。何も」

 諧謔と、哀しみの篭った声だった。

「ふふ。こんなこと、誰かに話すの、はじめてよ」

 ん?

「――今の、嘘じゃない?」
「あ、やっぱり分かるのね、凄い」

 彼女は悪びれることなく、肩を竦めた。

「ちょっと哀れっぽく振る舞って、『こんなのはじめて』っていうと男って入れ込んでくれるから、癖でつい」
「…………ワー、怖イ癖ダナー……」

 そんな風に、半ばじゃれるように語り合いながら。
 僕たちは夏の夜の道を、並んで歩いていった。
◆小説家になろう 勝手にランキング◆
評価やブックマーク、感想、レビュー等、本当にありがとうございます。
作品を継続するモチベーションとなっております。
685047.gif
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ