挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
最果てのパラディン 作者:柳野かなた

〈第一章:死者の街の少年〉

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/157

1

 


 ――闇に目を凝らし、沈黙に耳を澄まし、死に思いを馳せよ。

 ――光は闇の、言葉は沈黙の、生は死のうちにこそ、あるべければ。


                『灯火の神グレイスフィールの箴言』





 ◆




 死の、その時の記憶は曖昧で、混濁していた。


 ……僕は日々の大半を、薄暗い部屋の中で過ごしていた。

 しくじったのだ。
 どこかで何かをしくじったのだ。
 しくじった結果、ほとんど家の外に出られなくなった。

 家族は、生ぬるい態度で僕に接した。
 叱りはしなかった。
 嘆きもしなかった。
 ただ曖昧に、困ったように笑いかけた。
 月並みに慰め、いつも通りに遇した。

 それは優しさだったかもしれない。
 だが、それが僕には毒になった。

 そのうちに、このままではいけないという焦燥感が、かきむしりたくなるほどに胸を焼いた時。
 中途半端に居心地の良い部屋が。
 植え付けられた外への恐怖が。
 何も言わない家族が。
 たった一歩、踏み出すことを躊躇わせた。

 もしかしたらやり直しができたのかもしれない。
 しくじった次の日に。
 あるいはその次の日に。
 一週間後に。一ヶ月後に。一年後に。十年後だって。
 踏み出せば、何かは変わったのかもしれない。

 だけれど、僕は踏み出さなかった。
 踏み出せなかった。
 ほんの一歩を踏み出す勇気がなかった。
 ほんの一歩を踏み出させてくれる、『何か』が欠けていた。
 あるいは『何か』が欠けているのだと自分に言い訳をした。

 踏み出せないでいるうちに、諦める理由ばかり積み重なっていった。

 ……もう遅いから。
 ……もう取り戻せないから。
 ……もう、何をしていいのか分からないから。
 ……もう今さら何かしたって、笑われるだけだから。

 焦燥感は募るのに、何もかも億劫で。
 踏み出したいのに、踏み出すことは怖くて。
 何かしたいのに、何をすれば良いのかは分からず。
 生きるのは辛いのに、しかし死ぬほどの激情はなく。

 僕は淀んだ水のように、与えられた食物を口にし、安っぽい娯楽を浪費し、惰性で生きていた。
 失敗を恐れ、最後の破滅から目をそらし、半ばは自覚しつつ愚かしさに身を委ねたのだ。

 死の記憶が曖昧なのは。
 きっとその生がどうしようもなく曖昧で、混濁していたからだろう。

 薄暗い部屋。
 昼夜の逆転した生活。
 モニターの光。
 キーボードを叩く音。
 断片的で混沌としたそれが続く。

 そして、わずかに鮮明な記憶。

 モーターの回る音がする。目の前を、白い棺を載せた台車が進む。
 無機質な機械音とともに火葬炉の扉がゆっくりと閉まってゆく。
 そのまま、閉まった。

 それは、朧な記憶の中で僅かに鮮やかな、両親の死の記憶だった。

 骨になった両親を前に。
 僕は、涙を流しただろうか。
 全ては靄の中だ。

 ただ一つ記憶から分かるのは、それをきっかけに踏み出すには、もうすべては遅すぎたこと。
 再び、曖昧な日々が戻り、いつしか途絶えた。

 死の、その時の記憶は曖昧で、混濁していた。
 きっとその生がどうしようもなく曖昧で、混濁していたからだろう。


 ――最後に、淡い灯火を見た気がした。




 ◆




「うぁ……」

 曖昧で混濁した記憶から目覚めた。
 薄暗い天井が見え……

 そして、ぬっと、僕の眼前にドクロがあらわれた。
 虚ろな眼窩に青い鬼火を宿したドクロが、かたかたと顎の骨を鳴らしながら僕に手を伸ばしてくる。

「う゛あ゛あ゛あ゛ぁぁ……っ!?」

 僕は悲鳴をあげた。

◆小説家になろう 勝手にランキング◆
評価やブックマーク、感想、レビュー等、本当にありがとうございます。
作品を継続するモチベーションとなっております。
685047.gif
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ