挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

林檎

作者:緋和皐月
 緑の小さな 葉を1枚

 茶色の茎を ちょきんと切って

 紅い その実の魅力を少し

 さっぱりとした甘みも含んで


 林檎よ 林檎 魔法をかけて

 皆に好かれる魔法をかけて

 お前の お得意魔法だろう?


 林檎よ 林檎 魔法をかけて

 皆が嫌わぬ魔法をかけて

 お前には少し 難しい?


 林檎よ 林檎 魔法をかけて

 哀しい恋は 終わらせて

 優しい愛を 授けておくれ


 林檎よ 林檎 魔法をかけて

 愛され愛して みたいから


 林檎よ 林檎 魔法をかけて

 紅いその実に 祈るから


 林檎よ 林檎 魔法をかけて

 熱くて甘い この想い

 貴方にだって 伝わるように

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ