挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

しるし3(詩集)

ゆるい雨

作者:さゆみ

とりあえず続けています
昔とは違いますから
綺麗に例えるのなら
精神に奥行きがございます
苦悩のグラデーションを
嗜むことがすてきだと存じます

雑念 邪念 俗念 余念
軽やかに奏でますから
風が沸騰してまいります
静かに冷めるのを待ちましょう
それにしても蒸し暑いですね

また指を包丁で切りました
今度は爪が半分剥がれました
少しは痛みますが大したことはありません
出血も少なかったです
早く再生いたしますように

久しぶりに夕焼けをみていました
あなたもいっしょにみていました
あなたは幻想的だといいました
わたくしも正にそう思いましたので
とても嬉しくなりました





評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ