挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

「異世界書斎」シリーズ

『空間と魔法の物理学ー魔法の袋の秘密ー』

作者:まいまいഊ
五次元や六次元は、すべての物質に折りたたまれて存在しているので。
 私たちが紙にたくさんの文字を書くことができるのは面があるからである。
 私たちがその紙をたくさん束ね本を作ることができるのは高さがあるからである。
 私たちが本をたくさん読んだという時を感じるのは時間があるからである。
 私たちが読み終えた本を魔法の袋にたくさんしまうことができるのは魔力があるからである。

 魔法は無から生み出されるのではない。物質ごとに決められた性質を持つ魔力から、一部を魔法として取り出しているに過ぎない。

 魔力はすべての物質に小さく折りたたまれて宿っている。普段私たちには、極小の点にしか感じられないが、それに働きかければ、折りたたまれた物質や現象が魔法として現界する。
 その逆もしかり、この世にある物質を魔力の世界に移動させれば小さな点になるのだ。つまり、たくさんのものが置くことができる。

 つまり、これが魔法の収納袋の原理なのである。


     「空間と魔法の物理学」序章より抜粋。
線が折りたたまれて、二次元の面
面が折りたたまれて、三次元の立体
立体が折りたたまれて、四次元の、
次元が大きくなるたびに、小さくなる世界。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ