挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
妖怪ネットワークどっとあや 作者:あずさ

2章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

36/36

07 それぞれの想い

 風呂上がり、少しのぼせてしまった肌を落ち着かせようと、凛花と美晴は旅館の外の石階段に腰を下ろしていた。
 外といっても本当にすぐ傍で、敷地内と言ってもいい。
 秀から聞いた情報だが、海が見渡せるため休憩スポットのようになっているようだ。
 彼は相変わらずどうでもいい情報の仕入れっぷりがすごい。

 美晴のワイフォンからは綺麗な歌声がひっそりと流れてきている。
 ルリイロ――瑠璃が歌っているという動画を探し出したのだ。

「瑠璃ちゃん、上手だね」

「うん……」

 確かに、上手い。
 声が曲から少し浮いて聞こえてしまうのが勿体ないが――コメントでも「ミックスが残念」などと書かれている――素直に上手いと思う。
 これで今は歌えないというのは、どういうことか。

 ただ……。

(コメントは見てて楽しいものじゃないな……)

 凛花は眉をひそめた。
 「声は綺麗だけど」「ぶりっこ」「つまんない」「必死乙www」など、不快なコメントが多々見られる。
 中には応援するコメント、不快なコメントに対して攻撃的にルリイロを擁護するコメントなども流れているが、全体的に漂うのは殺伐としたムードだ。
 美晴も同じ気持ちなのか、彼女は曲を流したままワイフォンを伏せた。
 パ、と空気を変えて笑いかけてくる。

「それにしても急展開だね、ダブルデート!」

「……美晴、面白がってるでしょ」

「そんなことないよー!」

 キャラキャラと明るい声を上げる美晴だが、どうにもニヤけている。
 凛花は深々と溜息をついた。

 海坊主の提案である、ダブルデート。
 人数の関係から、ほぼ自動的に凛花と海坊主の組み合わせが決まってしまった。
 解せない気持ちは大いにある。あるけれど。

「まあ、二人きりになるのを避けるためには仕方ないのかもしれないけど……」

「二人きりになるの、心配?」

「そりゃ……」

「すぐるん意外と紳士だからきっと大丈夫だよー」

「……、……待って!? 違うよ!? 私は別に二人の行く末を気にしてるとかじゃなくて!」

「え? 違うの?」

 きょとんと瞬く美晴に、凛花は慌てて手を振り回した。
 違う。断じて違う。
 ただ。
 凛花は声のトーンを落とした。

「あのね、美晴。私は……海人さんのことも、瑠璃ちゃんのことも、……まだ信用できてない」

「……」

「美晴を助けてくれた瑠璃ちゃんには感謝してる。でも……」

 ――でも。彼らは、妖怪だ。
 どうしてもその壁が付きまとう。きちんと見定めようとは思っているが、それと、出会ってすぐに信用できるかどうかは話が別だ。

「狐と天狗とスネコスリは……少なくとも秀さんの意に反するようなことはしないんだと思う。でもあの二人は分からないでしょ」

 だから心配なのだ。
 海人とも、瑠璃とも、二人きりというシチュエーションは避けたかった。

 美晴は曖昧に首を傾げた。
 同意でもないが、否定的でもなさそうな仕草だった。

「よお」

 ふいに二人の前に人影が現れ、二人は揃って顔を上げた。
 目の前には先ほどの女性、沙羅が立っている。
 彼女の両手には袋いっぱいに詰められたスポーツドリンクだ。

「沙羅……さん?」

「さっきはすまなかったな。びっくりさせたろ」

「いえ、そんな」

「あはは、激しかったよね」

「カッとなるとすぐ手が出ちまう。海人もどうせ迷惑掛けてんだろ? あたしらのお詫びってことで適当に飲んでくれよ」

 袋を凛花たちの前に置いた彼女は、ニッと楽しげな笑みを浮かべた。
 サバサバしたその振る舞いは、思わず見惚れるほどだ。
 イケメンである。上手く言えないが、イケメンである。

 ふと気になって、凛花は彼女を隣へ促した。
 「いいのかい?」と聞いた彼女はすんなりと腰を下ろす。
 スラリとした長い脚がやはりカッコいい。

「沙羅さんにも少し聞きたいことがあって」

「へえ? あたしに分かることか?」

「うーん……。沙羅さんはこの辺に伝わってる人魚の伝承について知ってますか?」

 沙羅は瞬いた。
 考える素振りを見せた彼女は、軽く肩を上下にすくめる。

「悪いな。最近バイトを始めたばかりだから、この辺のことはよく知らないんだ」

「じゃあじゃあ、呪いの歌のことはどうかなっ」

「ああ……最近噂には聞くな。ただそれくらいだよ。あたしも聞いたことがあるわけじゃない」

 思った以上に知らないことばかりらしい。
 地元の人間なら何かしら情報を持っていそうだと思っての質問だったのだが――そもそも彼女は地元の人間でもないのかもしれない。

「沙羅ちゃんは、何でバイトしてるの?」

「は?」

 がっかりしたのも束の間。
 美晴の突拍子のない質問に、凛花、そして沙羅が数度瞬いた。

「何でって……」

「これは女の勘なんだけど……」

 ふふ、と意味深に笑った美晴は、ピンと人差し指を立て。

「沙羅ちゃん、海人さんのこと好きでしょ」

「……っ!?」

 ボッ、と沙羅の顔が赤くなった。
 何を言っているのだと諫めようとした凛花もぎょっとするほどで、凛花はポカンと口を開けてしまう。
 対する美晴はドヤ顔だ。

「……え? だってあんなに険悪そうだったのに……沙羅さん、本当?」

「……な……な、なん」

「フフーン、凛花ちゃんは甘いね! 可愛さ余って憎さ百倍ってやつだよ」

 それは何かが違う気がする。

「海人さんが好きで、だから一緒のバイトを始めたのに、海人さんはポッと出の瑠璃ちゃんにお熱。そりゃあ沙羅ちゃんも面白くないよね」

「……あんたは……」

 得意げな美晴に戦慄わなないた彼女は、しかし、やがて力を失った。
 額に手を当て、深く息をつく。
 覗き見える耳が赤い。

「……恐ろしいな、女の勘ってやつは」

「本当なんだ……」

「凛花だっけ? あんたの反応が正しい気はするよ。自分でも思うけど、あたしは言うことやること可愛くないからな。あいつも全然気づきやしねーよ。それでもまあ、喧嘩友達みたいな感じで気安い関係にはなったんだけどな」

「どこが好きなの?」

「グイグイ来るなあんた……!」

 顔をひきつらせた沙羅は、それでもだんまりはしなかった。
 あーだの、うーだのと口の中で言葉を転がしながら視線を泳がせる。
 美晴の期待に満ちた眼差しに苦笑し――彼女は表情を綻ばせた。
 嬉しそうに、しかしどこか照れくさそうに。

「難しいな……。……まあ、でも、なんだ。あいつ、あんなちゃらんぽらんだけど……義理堅いっていうか、人情深いところ、あるんだよ」

 そう言う彼女の表情は、確かに恋する乙女のようだった。
 そして、凛花は気づく。

 ――彼女の首元にも、鱗のような痕が見えた。


*****


「ハーックション! だぜ」

「海人さん、風邪っすかー?」

「んん、そんなことないと思うんだぜ」

 男子部屋にゴロリと寝転がりながら見上げれば、海人は鼻をこすったまま首を傾げている。
 それにしても、と秀は部屋を見回した。
 天狗と海坊主はどちらも大きいため、二人部屋の室内がとてつもなく狭苦しく見えてくる。
 自分だって決して小さい部類ではないので――むしろ大きい方だと秀は主張したい――ますますだ。

「ああ~~……シュウさん羨ましいんだぜ……」

「まだ言ってるのか」

「だってあんな可愛い子と!」

「海人さんの好みなんです?」

「そうなんだぜ! オレは小さくてふわふわしてて思わず守ってあげたくなるような大和撫子が好きなんだぜ!」

 カッと目を見開き、熱弁する海人。
 秀は軽く身を起こし、先ほどまで自分の背に乗っていたスネコスリを引っ張り上げた。

「ここにオススメの子がいますよ旦那」

「女の子がいいんだぜ!?」

「すねこも、海人、おことわり」

「あれ!? オレもだけど心が痛いんだぜ!」

「こんなに可愛いのにー」

 ぎゅうと抱きしめれば、もふんとした感触が手に伝わってくる。
 盛大に癒されながら、秀は海人を見た。
 ちなみに天狗はちらちらと会話に参加してくるものの、基本はネットゲームに夢中のようだ。
 キーボードを叩く手つきが凄まじいことになっている。

「今更なんすケド。海人さんは何であそこでバイトしてるんすか?」

「そんな深い意味はないんだぜ。ただ……」

 言いかけた海人が、秀の隣に座る。
 彼はポリポリと鼻をかいた。

「オレ、少し前までくすぶってたんだぜ。理由があったわけじゃないんだぜ? でもなんか……パッとしないというか、面白くなくて。そんなオレを拾い上げてくれたのがおやっさんなんだぜ」

「おお……」

「おやっさんはオレにサーフィンを教えてくれたんだぜ。難しいけどやり甲斐がある。人間は面白いこと考えるもんだぜ」

 ぐっと拳を握る海人。
 言葉の端々から生き生きとした気持ちが伝わってくる。
 そういう交流もあるのかと、秀も何やら感慨深くなった。
 ――自分は妖怪とも手当たり次第交流を行っているようなものだが、妖怪は妖怪なりに人間との接し方を考えているのだろう。

「だから今、楽しいんだぜ。それはおやっさんのおかげだから、何か恩返しがしたいんだぜ」

 呪いの歌をどうにかしたいのもそのせいなのだと、海人は照れたように笑った。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 11 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全125部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/10/09 15:59
神殺しの英雄と七つの誓約(旧題:彼は英雄ではないと言い張るようです)

※タイトルを変更しました。内容に変更はありません。 ※この度、拙作が書籍化される事となりました。  偏に、この作品を読んでくださる皆様の御蔭でございます。  こ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全174部分)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/04/25 00:31
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部分)
  • 11 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:38
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全362部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/09/06 20:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 18:00
俺、動物や魔物と話せるんです

旅行先で言葉が不自由ながらも声をかけた和藤明は外国人の怒りを買い殴られて、運悪く頭をうちつけ死んでしまう。 「なんで!?」 善意から励ましの声をかけた明だったの//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全78部分)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2016/11/29 07:29
その無限の先へ

いつ、どんな形で死んだのかは分からない。 前世の記憶を抱えたまま転生した先で待っていたのは、ゲーム的なシステムを持ちながらも現実的で過酷な日常だった。 現代知識//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全111部分)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/07/30 08:28
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全846部分)
  • 11 user
  • 最終掲載日:2017/10/17 10:00
悪魔のような公爵一家

「魔導」「魔物」などが存在する世界の一国、アゾリアス王国。 そこの執政をしている男、その一家は黒い噂が絶えない。 「国を裏から操っている」「悪魔の契約で美貌を得//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全93部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/05/14 20:03
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
俺んちに来た女騎士と田舎暮らしすることになった件

第五回ネット小説大賞にて金賞&コミカライズ賞のW受賞。宝島社様より刊行。 佐伯莞爾(さえきかんじ)はど田舎に暮らす独身貴族で、先祖代々の土地で農業を営んで暮らし//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全72部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2017/10/14 23:13
灰色の勇者は人外道を歩み続ける

灰色の勇者として異世界に勇者召喚された日本人、灰羽秋。 だが彼は召喚された12人の勇者たちのなかで唯一1人だけ、スキルの選択に時間をかけすぎてしまい別の大陸へ誤//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全67部分)
  • 11 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 00:47
妖しい、僕のまち

 僕は十乃 巡(とおの めぐる)。  降神町(おりがみちょう)役場に勤める公務員だ。  ここ降神町は、普通の町とは違う、ちょっと不思議なところがある。  猫又//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全111部分)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2017/09/30 21:46
邪神アベレージ

立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花、そして目を合わせれば恐怖の大王。 絶世の美少女の素質を持ちながらも、その目付きと気配から周囲に恐怖される少女が異世界に強制//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全82部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2016/10/22 19:00
妖怪さんたちと一緒

許嫁の雪女と同棲するサラリーマンの男「姫神夏樹」 そんな彼に横恋慕する九尾の狐 そんな3人と可愛い式神や妖怪たちと共に 日常系ほのぼのコメディーです ちょっ//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全73部分)
  • 11 user
  • 最終掲載日:2017/08/23 00:26
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!オーバーラップ文庫様より、五巻目となる④巻が発売されています!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全386部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/10/10 23:44
最強呪族転生~チート魔術師のスローライフ~

 車に撥ねられて死んだはずの俺は、異世界にて再び生を受ける。  だが転生先はマーレン族という、魔術を扱い木偶人形を操る胡散臭い少数民族だった。  生前から魔術に//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全274部分)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 12:00
異世界居酒屋「のぶ」

古都の路地裏に一風変わった店がある。 居酒屋「のぶ」 これは、一軒の居酒屋を巡る、小さな物語である。

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全151部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 21:59
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全549部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/10/15 18:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全677部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 12:18
異世界薬局

研究一筋だった日本の若き薬学者は、過労死をして中世ヨーロッパ風異世界に転生してしまう。 高名な宮廷薬師を父に持つ十歳の薬師見習いの少年として転生した彼は、疾患透//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全96部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 12:00
傭兵団の料理番

 僕は料理が好きだ。でも、買い物の帰りにどこかの国に迷いこんで傭兵部隊の料理番をすることになりました。何故こうなったのか分かりませんが、生き残るために美味しい料//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全49部分)
  • 11 user
  • 最終掲載日:2017/05/07 18:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全123部分)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:45
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全131部分)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 23:32
マギクラフト・マイスター

 世界でただ一人のマギクラフト・マイスター。その後継者に選ばれた主人公。現代地球から異世界に召喚された主人公が趣味の工作工芸に明け暮れる話、の筈なのですがやはり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1680部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/10/17 12:00
転生少女の履歴書

頭脳明晰、スポーツ万能、何をやらせてもそつなくこなす絶世の美少女は、車の事故であっけなく命を散らしてしまう。 そして前世の記憶を持ちながら、転生した先は剣と魔法//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全202部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/10/09 12:17
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全175部分)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/09/08 01:21
蘇りの魔王

勇者に討たれ、その命を失ったはずの魔王ルルスリア=ノルド。 彼にはやり残したこと、解決できなかった問題がいくつもあったが、悪は滅びると言うお題目に従い、消滅した//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全272部分)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 18:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 11 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全233部分)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/10/17 00:00
↑ページトップへ