挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~ 作者:飽きっぽいニート志望

TS生活二週間目………しかし面倒事があるのは変わらずな件

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

85/87

「思いだした時にはもう遅いというか、そもそも最初から手遅れだった件」

………そうだ思いだしたッ!
不意にあること(・・・・)を思い出した俺は勢いよく立ちあがった。
さっきまで薫くんを縛りあげたり変態たちを片付けた武を渋々迎え入れたりして気が回らずに忘れていたが………俺はとてもとても大事なことを忘れていた!
この家には今、俺とおバカと薫くん(気絶中)とステラと婦警さんがいる。
亮太?アイツは多分変態どもに巻き込まれて武にやられたか、あるいは部活から現在帰宅中だろうね。
まぁそれは今気にすることじゃない、大事なのは………

何故かここに警察関係者が居て、のうのうと茶を飲みながら俺らと談笑してるってことだよ!
俺、武、ステラ、婦警さんが四人でテーブルを囲んでる現状はまぁ良いさ、だって茶出したの俺だし、そもそも親父が土産として持ってきていたいくつかのマトモそうなやつで適当に作って試験的に飲ませてみただけだからそこまで問題はない。
だが婦警さんよ………アンタは言っていたはずだ。正確には神に書いてあったが………
次からは警察がガードして変態どもを容赦なく公務執行妨害で逮捕するってさ!
なのになんで普通に変態どもが来る上に警察関係者が家の中でくつろいでる一人しか居ないんだ?え?そんなに深刻な人材不足だって言いたいのか?
いやそれはないな。だってこの町は今時珍しいくらい人口密度が高い都会と田舎の狭間みたいな場所だし、警察官なんてものはこの周辺でも人気職業、それに加えてここいらで起きてる事件なんて大帝が酔っ払ったおっさんが道路で寝てるだとか、不良同士のケンカ以外にはめったにない。
なのに人材不足はありえないよな。
でも他の理由なんてありえないぞ、他に唯一ありえる俺のことが割と軽視されてるって可能性は規模とか被害の実情から考えてもないだろうからな。
つまり婦警さんよ、俺が言いたいのは………

「おい婦警さんっ!なんで今アンタはここでくつろいでんだ!働けよ公僕!せめて増援呼んでさっさと逮捕しろよ!」

外からまた聞こえてきた強烈なノック音を背景に、俺は叫ぶ。
変態どもがまた来たのだ。
しかしいまだに警察と言う名の公権力にして数の暴力であり数少ない味方といえる勢力もまだ来ていないのだ。

「あー、いやそのですね………」

婦警さんは微妙に額から汗をダラダラと流しながら必死に言い逃れようとする。
だが甘いな。今の俺は簡単に言い逃れできるほど簡単な奴じゃあないぞ?
なりふり構っている場合じゃないんだ。

「ちなみに答えないようならば俺が全力を持ってアンタをひんむいてから外の変態どもの中にぶん投げる。いいな?」

俺は自分にできる最大限の脅迫をして婦警さんから情報を聞き出す。
少々えげつないと言われたり、好感度が下がるのは承知の上。それでもここで聞き出さないとヤバい気がするし、実際増援が来ない理由を知っているのと知っていないのでは大きく違うとどこかの偉大な軍人だか参謀さんも言っていたと思う。
ま、それでも俺は外道じゃないからたとえ答えなかったとしてもせいぜいが服着せたまま変態どもの中に『今からそっち行くぞー!』と前フリをした上で落とすだけですがね。
………充分外道ですって?ハッ、なんのことですやら。
俺だって十分頑張って妥協しまくった末の結論がこれだからな?だから良いんだよ。おk?
それにこんな状況はいくらなんでもおかしいし、警察組織が動いてない理由はコイツが原因なのでは、という疑惑が先程のやり取りによって深まっているんでな、これはもう全力で疑うしかないね。

「うひゃー、結構キツイことしますねー。まぁ私もそれは嫌なんで正直に言いますよ?この状況の犯人は私………の同僚総勢100人以上です。私はこれでも全力で働いてから休んでるんですよ?どよ。すごいっしょ?」
「………あーハイハイ、それじゃとりあえず今からお前を適当に外に放り捨ててみようかな………」
「いや、本当に私何も悪くないですからね?」

が、しかし。婦警さんは今回何もしていないようだ。たぶん。
まぁ今ちょっと本気で二階まで持って行こうとして背後まで移動してみたのに言う事が変わらなかったのでちょっとは信じていいだろうが………
ぬぅ、これは聞き出すしかない、か。
俺は婦警さんを尋問することにした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ