挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~ 作者:飽きっぽいニート志望

TS生活二週間目………しかし面倒事があるのは変わらずな件

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

81/87

「………とか言うと思ったかヴァカめ!」

6日かかってようやく投稿。その代わりと言う訳じゃないですが分量2倍の約3000文字です。
どんでん返し。最近のラノベでは標準装備であり、むしろない方が珍しいから『どんでん返しなし』とかいう属性すらあってもおかしくはないよな、ってのは俺の個人的意見だが………
あえてこの場で宣言しよう。
今時のラノベのテンプレに従い、この場でどんでん返しをすることをな。
俺は驚いたような、ギョッとしたような(大体意味は同じか?)表情を瞬時に作り、叫ぶ。

「あ、後ろ、注意しないとヤバいぞ!」

その名もピンチが迫ったかのような表情で後ろヤバいと言われるとどうしても信じちゃうよね作戦。
ここ最近のトラブル連打によって鍛えられた俺の切羽詰まった表情は完璧であり、他人の演技を見破ることに慣れた人間でもなければ見抜くことが出来ないと思えるほどの出来だった。
流石は俺、略して流俺ってところだな。
そしてそんなマジの切羽詰まった表情は容易に薫くんを欺くことに成功し………見事何もない背後に視線を誘導させる。
作戦は半分成功ってとこだな。少なくとも今のところは。
あとは残りの半分を成功に導こうじゃないか。出来るだろう?田中由。ここ数日を見事に逃げ切ったお前の生存能力は、この周辺一帯の誰にだって負けないはずさ。
俺は自分を励ましつつ、最近ちょっとだけ速くなった気がする足を信じて真横の脇道に入る。
………さぁ、作戦開始(ミッションスタート)だ。

息を押し殺し、薫くんの反応を疑う。
そして耳を澄ましてどんな反応を示すかによって今後の行動を決めるのだ。
たとえばアクティブにこちらを探してくるようならばじっと息を潜めてステルスし、やり過ごす。
むしろそこで待つことを選択するようなら、この道………どこに繋がっているかは知らんが、まぁ少し歩けば知ってる道に辿り着くことが出来るに違いない。多分な。
個人的には薫くんにはアクティブに動いてもらいたいところではあるのだが、やはり薫くんの性格から考えて(出会って一日くらいで人の性格を語るのもどうかとは思うがな)もむしろその場に留まる可能性のお方が高いだろう………

「ゆ、由さーん?どこに行ったんですかー?」

薫くんは俺を探すような言葉を言ってから、少しその場をウロチョロとしたあと結局その場に留まった。予想通りだな。
だとすれば俺に出来るのはこの場からさっさと移動して逃げ去ることのみ。
そして選べるのは………背後の道。
通ったことのない道だからどこに通じているか分からない分迷う危険性がある………しかし俺はこれを選ぶしかない訳だな。

面倒なこった。
俺は嘆息しつつ、後ろの道を辿ってみる。
何か危険なものが潜んでいたりしないと良いがな………
完全にフラグだと言うのを理解しつつあえてそれを立てて効果を反転させようとしてみる。
たしか意図的に立てたフラグは反転すると思ったんだが。
そしてしばらく歩いていると………

「よぉ嬢ちゃん………ちょいと面貸せ」
「フ、ふーあーゆー?」

何やら物凄くコワモテなお方に出会ってしまった。
どうやら意図的に立てたフラグでもフラグ反転を狙っている場合は反転しないみたいだな。
やったね俺くん賢くなったよ………っておせぇ。せめてそれを知るのはあと十秒くらい早くなってほしかった。
しかもあれだぞ?よく見るとこのコワモテのお方の背後にはたくさんの不良っぽい奴らがいる。
これはまさか用心棒と言うか、三下系不良にありがちな『やっちまってくだせぇ!兄貴!』的展開なのか?
お約束どころの話じゃないね、これはもはやテンプレ―テスト(最上級のテンプレの意)だ。

………ん?待てよ?だとすりゃこの流れは俺が人質に取られちゃう流れだよな?
んでもって薄い本的展開に流れるかラノベ的展開に流れるかそれとも現実的展開に流れるかは知らんが、ラノベ的展開意外に流れられるとヤバいぞ。
まず薄い本的展開ならば俺を人質に取られて薫くんは動けないままボッコボコにされ、挙句俺にはR-18一直線なことになるだろう。
現実的展開だとしても、やはり俺はR-18される可能性は非常に高い。
だって俺の想定する現実的展開ってのは『薫くんが普通にケンカして勝利、しかし残った三下不良が俺を連れて逃走⇒R-18されて色々喪う』だからな。
つまりこの二つはなんとしても回避しなければならない。
つーか元男の俺が不良どもにR-18されるとかそれ完全に精神的BLじゃねえかざっけんな!
こうなるとラノベ的展開に期待するしかないが、それは薫くんがブチ切れて不良フルボッコして完膚なきまでに叩き潰し、俺が安全に解放されるってやつだからなぁ………んな都合のいいことは無いよな。多分。
だってここ現実ですし。

俺はそんなことを考えつつ、この状況でどうするのが最適な行動なのかを考える。
出来る行動は三つだ。
1:普通に逃げる。ただしこの人数差だと逃げきれず直で攫われる可能性が高まるので危険。
2:ガチ応戦。オートカウンターさんに頑張ってもらおう。リスクは高いしいつオートカウンターが対応しきれなくなるか分からない。
3:助けを求めてみる。きっと薫くんが助けに来てくれることだろう。たださっき逃げ多分少々きまずいし変なものも呼び寄せる可能性大。
そして、この中から出来るだけリスクの低いものから順に数字を並べると、こう。
3⇒1⇒2
ただし成功率で並べると………
1⇒3⇒2
になる。理由はオートカウンターがあれば多少の追っ手をギリギリで躱すことは何とかできるだろうからな。
ただ、今のところ限界が見えないオートカウンターであってもどこかに弱点や隙があったとしてもおかしくはないから頼り切ってしまうのはどうしてもよろしくない気がする
………だからと言って助けを呼ぶのも確実性に欠ける。
俺はそこまで考えてから、不意に『これ、組み合わせた方が絶対に成功率高いよな』ということにようやく気付いた。
そりゃそうだよな。別に組み合わせちゃいけないルールはない。そして。

組み合わせた結果がどう考えても他人に迷惑をかけるものだったとしても、その程度で俺が諦めなきゃいけないルールもまた、ないんだ!

ようやくそのことに気付いた俺は、その場で180度回転しながら持っていたカバンを不良の顔面に投げつけて時間稼ぎしつつ、走り出した。
追っ手はあるようだがまぁそれはオートカウンターが発動するのを祈るとして、あとはここでもう1つアクションを起こそう。

「助けてくれー!薫くーん!」

恥もプライドもどこかに捨てたような他力本願的絶叫救援要請。
多分男だった時の俺がやったらうわぁカッコ悪とか言われるに違いないが、とりあえず今はそんなこと関係ない。
自分が助かるならばプライドなんて………ドブに捨ててやるのさ!

俺は考えてることが厨二くさいことに気付かないまま、無駄にやりきったような表情で先ほどまで薫くんから逃げるために使っていた道を今度は現れた不良から逃げるために使うのであった。
ものすごく無駄なことをしていたような気が激しくて精神的に辛いがな!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ