挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~ 作者:飽きっぽいニート志望

TS生活二週間目………しかし面倒事があるのは変わらずな件

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

71/87

「俺の平穏は羽毛よりも軽いと言うのだろうか」

登校中、なによりも嫌なことは何か?と聞かれたことはあるだろうか。
俺はない。しかしもし聞かれたらこう答えるだろうさ。
変態に追い回され、神に嫌がらせされ、挙句の果てに遅刻。その三連コンボだけは本当に願い下げだね!
というか、変態に追い回されるのが警察のおかげでなくなろうとも神に嫌がらせされるのは本当に面倒くさいし、遅刻なんてしたら………来年は大学入試だってのに内申に響いたら最悪だろう。

しかしあれだ、俺は今日そこにもう1つ嫌なことを追加したい。

「………どんまいです」

朝っぱらから危うく交通事故に遭いかける、それはもう最低最悪どころじゃねえわ。
まぁ今回に関しては俺が通った数秒後に暴走リムジン………なんでリムジンがこんなところに居るのかは気にしないでおこう………が民家のブロック塀に突っ込んでその破片が足の下に潜り込んで転び、そして不幸にも背中をしこたま打ち付けてしまっただけだからまだ良いが………
今日は体育があるってのにいきなり負傷とか、大丈夫なのか?今日の俺。
あとオートカウンター、てめぇは何故反応しなかった。自動的に発動して回避を手伝うのがお前の仕事だろうが。
あの神がくれたものなんざ信用するべきじゃあないが、しかしオートカウンターが俺の身を守ってくれることだけは信じていたんだけどなぁ。
………とりあえず、これはオートカウンターを過信し過ぎるなという天(ただしあの神ではない)の啓示だとでも思っておくかね。
どうせあの神のことだ、性格の悪さが伺えるような落とし穴を他にいくつも用意しているに違いない。そうだそのはずだ。
何故かって?そりゃあ、オートカウンターの出元はあの神だから。だよ。
あいつがなにもせずただ俺にメリットのあるものだけを用意するなんて、天地がひっくり返ろうと、神が腸捻転を起こそうと、猫が突然人間の言葉を喋って長靴を履いたとしてもありえないからな。

まぁ、今日は朝から立て続けに面倒事(ただし1つは予感なだけだが)がいくつも起こってるし、最大限の警戒をしておくに越したことは無いか。
俺は、そう考えて周囲をいつもよりしっかりと観察しながら学校へ向かおうとする………が。

「………これは」

俺が歩き出そうとした瞬間、時間でも確認しようと思ったのかスマホを取り出した後輩ちゃんが画面を見て固まってしまった。
なんだ?なにか衝撃的なメールでもあったのか?

「どうしたんだ?後輩ちゃん」

ひとまず後輩ちゃんにジェスチャーで『歩きながら話そう』と伝えつつそう言うと、後輩ちゃんは俺にスマホの画面を見せながら少々伝えにくそうにこう言った。

「その………さっき先輩転んで悶絶した分のタイムロスで………遅刻寸前の時間になってます」
「………その、ごめん」
「あ、いえ先輩のせいで遅刻しそうだなんて微塵も思ってませんから!安心してください」

あぁ、この世には知らない方が良いこともあるんだな。
そんなことを学びつつ、俺と後輩ちゃんは少々全力気味で走り出すことにしたのであった。
………まぁ俺の体力が学校に着くまで持つはずもなく、すぐに歩きに戻ってしまったのだが。



そして、学校。
………今日はちょっとここに向かう足が重い。
なにせ、これまでやらかしたことのないような大遅刻だ。そんなことをしてのうのうと入っていけるのはよほど心臓の強い奴か、遅刻をしても問題のないような理由のある奴だけだろう。
そうさ、俺にはこれに耐えるほどの心臓の強さも遅刻しても問題のない理由もない。
だからちょっと足取りが重いんだが………ちくしょう、こういう時に限って意地でも平常心を保たなきゃならない状況になってしまうとは………
後輩ちゃんの前でチキるわけにはいかんし、かと言ってこのままは言っていくのは少々精神的にキツいというか、HR中に教室に入っていくのは恐ろしく勇気が要るのに俺にはそれほどの勇気がないというか………

まぁ、結局入るしかないんだけどね………
俺は後輩ちゃんと分かれると、自分の教室へと平常心を装って入っていく。
一歩、二歩、三歩とドアに近付いて、そしてドアの取っ手に触ろうとした瞬間、ドアに付けられている半透明………正確には、諸事情により補修が続き向こう側がぼんやりとしか見えなくなっている………ガラスの向こう側に人影を見て、反射的に手を引いてしまった。
あぁ、このパターン一番面倒くさいやつだ………
このまま中からクラスメイトが出てきて、微妙過ぎる空気を生み出すとか、マジで勘弁願いたい。
しかしそれを防ぐ方法なんてものはなく、ただ理不尽にも開かれるドアと微妙過ぎる空気を待つしか出来ることは無いなんてな。
二度あることは三度あるとは言うが、流石にこれは面倒事が続きすぎじゃないですかね。
俺は誰にでもなく心の中で抗議すると、ドアが開かれるのを待った。

………………………………………

………………………………………

………………………………いや早く開けてもらえませんかねぇ。

………………………これは俺から開けろという事か?

………………よし、開けるか。
俺は意を決し、ドアの取っ手に手を掛けてそれを開けた。
そしてドアを開けるとそこには………

「あうぇやっ!?」

何故か仰向けに転んで偶然にも俺のスカートを覗き込む状態になってしまっている見知らぬ一人の生徒がいた。
ただし、身長がそれほど高くない俺よりも頭一つ以上小さく見えるし童顔だし男の制服を着た女、という不審極まりない格好の奴がこの学校の制服が大好きなコスプレイヤーじゃないって保証はないがな。
まぁ、とりあえずここはやるべきことは1つだろう。
遅れたのをごく自然に流すために利用させてもらうぜ?見知らぬ生徒っぽいやつよ。

「う、うわぁ………いくら俺が元男だからって………」
「す、すすすすいませんでしたぁ!」

………よし。上手いこと遅刻を誤魔化せたぜ。
俺はそう思っていい感じに酷い転び方をしてくれた相手に感謝しつつ、自然な形で教室へと入っていくのだった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ